文字サイズ

宅地建物取引業更新免許申請について

宅地建物取引業者免許の有効期間は5年間(免許証に記載されています。)です。更新申請は、有効期間満了日の90日前から30日前までに行わなければなりません。期限後は、事情の如何を問わず更新としての受付はできません。新規申請となり、免許番号も変わります。必ず、期限内に手続きをしてください。

有効期間の最終日(免許満了日)が土曜、日曜、祝祭日などであっても、最終日をもって免許は失効しますので注意してください。

更新申請は、申請時に商号又は名称、事務所所在地、法人の役員、政令使用人、専任の宅地建物取引士などすべての事項が県に届け出られている状態になっていないとできません。仮に、過去に変更があったにもかかわらず変更の届出を怠っている場合は、更新時に過去にさかのぼってすべての変更届出書を提出しなければなりません。届出遅延により、監督処分や行政指導を行うことがありますので、変更届は必ず変更があった都度提出してください。

提出書類

申請書等ダウンロードページ中の、「宅地建物取引業免許(更新)申請に必要な書類について(PDF)」をご覧ください。

免許更新の主な流れ

申請書類の作成
(過去に変更があったにもかかわらず変更の届出を怠っている場合、変更届出書を提出)

来庁、免許申請(免許満了日の90日前から30日前)取引台帳、契約書、重要事項説明書、媒介契約書等の確認

受付

審査(約40日間)

更新許可(はがきで事務所に通知)

更新免許証交付

免許の有効期間満了日の30日前(提出期限)近くになると、申請件数が増え窓口が非常に混雑し、待ち時間も長くなります。免許申請は有効期間満了日の90日前から受け付けますので余裕をもって申請するようにお願いします。