文字サイズ

砂防事業

●長浜土木事務所が管理する砂防および急傾斜施設管内の東部には、伊吹山をはじめ四季折々に美しい姿を見せる1000m級の山々がそびえていますが、石灰岩や風化花崗岩の地域では、山の斜面が崩れやすく、土砂災害が発生する恐れのある地域がたくさんあります。
このような地域において、土砂災害から人命と財産を守るための砂防施設を整備するとともに、災害が発生する恐れがあるときには、素早く避難ができるよう、土砂災害警戒情報などの情報提供や土砂災害警戒区域等の指定などのソフト対策を推進しています。
●主な事業 砂防事業 土石流の発生による災害から生命・財産を守るために、対策が必要な箇所から順次、砂防指定地に指定し砂防事業を実施しています。主な砂防事業の工種として砂防えん堤、渓流保全工等があり、砂防えん堤は、土石流災害を未然に防止するとともに、洪水時に流下する多量の土砂をコントロールして流します。渓流保全工は、渓岸を護岸などで保護することにより浸食を防止して、沿岸の林地・田畑・宅地を保全します。長浜土木事務所では、下記の箇所で事業を行っています。

  • 石川谷川(長浜市今荘町)
  • 坪谷川(長浜市徳山町)
  • 丹生川(米原市上丹生)
  • 十郎谷川(米原市大久保)

< 最近完成した砂防えん堤 >

  • 込田川(長浜市木尾町)
込田川
  • 野瀬山川(米原市柏原)
野瀬山川第2堰堤
  • 長久寺川(米原市長久寺)
長久寺川堰堤
長久寺川堰堤
  • 北谷川(米原市甲津原)
北谷川堰堤

急傾斜地崩壊対策事業がけ崩れは、突然起こって一瞬にして土砂が移動し、多くの人命等を奪うことから、危険度の高い箇所から順次、速やかに急傾斜地崩壊危険地区に指定し、事業を実施しています。がけ崩れの発生、被害を防止する施設として、擁壁工、法面工、落石防止柵等があり、現地の状況に適した施設の配置を行っていきます。長浜土木事務所では、下記の箇所で事業を行っています。

  • 長浜市西村地区
  • 米原市枝折地区

< 最近完成した急傾斜地崩壊対策施設 >

  • 長浜市湖北町山本地区
山本1
山本2

総合的な土砂災害対策事業 土石流、地すべり、がけ崩れなどの土砂災害から住民の生命と財産を守るため、砂防えん堤などの防災施設の整備による安全の確保と併せて、明確な情報伝達により早期に避難が可能となるような警戒・避難体制の整備が必要不可欠です。
このため、雨量・気象情報や危険箇所に関する情報の提供、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等の指定及び市町による警戒避難体制充実のための連携と支援などのソフト対策を、最新の情報通信技術を活用しながら総合的に推進します。
◇土砂災害情報の迅速・的確な提供

  • 気象庁と連携した土砂災害警戒情報の発表
  • 滋賀県土木防災情報システム(パソコン・携帯電話)や地上デジタル放送、雨量情報表示盤などにより、住民へ防災情報提供

◇自助・共助・公助の連携と協働

  • 市町による警戒・避難体制充実のための連携と支援
  • 住民の防災意識向上のための啓発活動
  • 大雨がひきおこす災害に対するハザードマップづくりの支援
  • 土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定推進

お問い合わせ

滋賀県長浜土木事務所河川砂防課
電話番号:0749-65-6640
FAX番号:0749-62-5065
メールアドレス:ha35400@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。