文字サイズ

土砂災害防止法に基づく警戒区域等の指定

土砂災害警戒区域および土砂災害特別警戒区域の指定済み箇所

(表)
長浜市 土石流 急傾斜地の崩壊
(旧虎姫町) - - - 急傾斜地の崩壊
(旧湖北町) 土石流 急傾斜地の崩壊
米原市 土石流 急傾斜地の崩壊

土砂災害防止法に基づく警戒区域等の指定

●土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律

平成13年4月1日より「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」(以下「土砂災害防止法」という。)が施行され、土砂災害から住民の方々の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について、危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地抑制、既存宅地の移転促進等のソフト対策を推進することとなりました。

また、平成17年5月2日に土砂災害防止法が一部改正され、土砂災害情報の伝達方法、避難場所などの土砂災害ハザ−ドマップ等による周知および高齢者、乳幼児等が主に利用する施設への土砂災害情報等の伝達方法を市町地域防災計画に規定することが定められました。

区域指定の対象

●区域指定の対象について区域指定の対象については3種類あり、下記のような箇所が区域指定の対象となります。

  • がけ崩れ(急傾斜地)危険箇所
がけ崩れ

雨や雪解け水、地震などの影響によって、急激に斜面が崩れ落ちる危険がある箇所。

1. 傾斜度が30度以上で高さが5m以上の区域

2. 急傾斜地の上端から水平距離が10m以内の区域

3. 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍(50mを越える場合は50m)以内の区域

  • 土石流危険箇所
土石流

山や川の石や土砂が、大雨などにより水と一緒になって激しく流れ下る危険性がある渓流の周辺箇所

1. 土石流の発生のおそれのある渓流において、扇頂部から下流で勾配が2度以上の区域

  • 地滑り危険箇所
地滑り

雨や雪解け水が地中にしみこみ、断続的に斜面が滑り出すおそれがある箇所。

1. 地滑り区域(地滑りしている区域または地滑りするおそれのある区域)

2. 地滑り区域下端から、地滑り地塊の長さに相当する距離(250mを越える場合は、250m)の範囲内の区域

区域指定の種類

●区域指定の種類について土砂災害警戒区域(土砂災害の恐れのがある区域)

警戒避難体制の整備

土砂災害特別警戒区域(建物が破壊され、住民に大きな被害が生じる恐れがある区域)

建築物の構造規制
特定の開発行為に対する許可制
建築物の移転

区域指定の手順

  1. 長浜土木事務所には、412箇所の土砂災害危険箇所があります。これらの区域について順次、基礎調査を実施します。(下記の表参照)
  2. 調査結果を関連自治会へ説明する。
  3. 市町長の意見聞き取りを行います。
  4. 指定します。
(表)
滋賀県の基礎調査対象箇所
概算箇所数 保全人家(戸) 保全人口(人)
土石流 2,020 30,470 93,860
がけ崩れ(急傾斜地) 2,520 12,240 37,330
地滑り 60 730 2,130
合計 4,600 43,440 133,320
(表)
長浜土木事務所管内の基礎調査対象箇所数
町名 土石流 がけ崩れ(急傾斜地) 地滑り
長浜市 91 80 0 171
旧長浜市 21 25 0
旧浅井町 58 41 0
旧びわ町 0 1 0
旧湖北町 11 12 0
旧虎姫町 1 1 0
米原市 114 127 0 241
旧伊吹町 29 24 0
旧近江町 12 24 0
旧山東町 40 38 0
旧米原町 33 41 0
管内計 205 207 0 412
県全体 2,020 2,520 60 4,600

*平成22年(2010年)1月1日に長浜市、湖北町、虎姫町、伊香郡4町が合併し、「長浜市」になりました。

*平成18年(2006年)2月11日に浅井町、びわ町、長浜市が合併し、「長浜市」になりました。

*平成17年(2005年)2月14日に伊吹町、山東町、米原町が合併し、10月1日には近江町が合併し「米原市」になりました。

関連リンク

  • これまでの区域指定状況等こちらへどうぞ(滋賀県砂防課へリンクしています。)

お問い合わせ

滋賀県長浜土木事務所河川砂防課
電話番号:0749-65-6640
FAX番号:0749-62-5065
メールアドレス:ha35400@pref.shiga.lg.jp