文字サイズ

水害情報発信サイト-水害の記録と記憶-
トップHOME滋賀県の水害の歴史市町別水害一覧

昭和16年6月梅雨前線水害概要

梅雨前線概要

 梅雨前線の活動により、昭和16年6月25日~29日まで大雨が降った。最多の総降水量は、湖南・大津付近で、200~280mm。湖北方面では100mm前後。

 25日~29日の総降水量は、大津276mm、彦根188mm。

 河川の堤防決壊は6カ所におよび、およそ4800戸の住宅が倒壊・流失、床上・床下浸水の被害を受け、田畑が浸水・流失した。
 大津市山上町で、三井寺法明院北谷川の氾濫で土石流が起こり、人家7戸が流失している。

被害概要

  • 人的被害
    行方不明…1人、負傷者…1人
  • 住宅被害
    倒壊…30戸、流失…8戸、床上浸水…1,500棟、床下浸水…3,238棟

気象状況

気象状況

昭和16年6月梅雨前線に関する資料

市町名

水害履歴調査

水害履歴マップ

水害写真

大津市

-

-