文字サイズ

実績

診療体制と実績

心臓大血管系の疾患には急性大動脈解離といった緊急手術を必要とする状態も多く、迅速な判断、治療/手術を旨としています。その一方で状態の安定している患者様に対しては、周術期の危険性を低下させるためにも十分な術前精査を行い的確な手術方針をとることを心がけております。

2020年 治療実績

2020.1/1~12/31
手術件数
心臓弁膜症(人工弁置換・形成術) 12
冠動脈バイパス術 0
先天性ほか心臓手術 4
胸部大動脈瘤手術(緊急)ステントグラフト内挿術 16(4)5
腹部大動脈瘤手術(緊急)ステントグラフト内挿術 27(0)0
末梢動脈手術 9
静脈瘤手術 36
合計 104

新型コロナ感染症の影響で、手術症例は減少しました。