実績

年度別実績

実績
2016 2017 2018 2019 2020
乳房切除術 34 39 42 57 62
(うち一次乳房再建) 3 10 9 7 8
乳房温存術 72 63 44 46 29
(うち腋窩廓清術) 23 21 18 24 15
(うちセンチネルリンパ節生検) 72 76 65 77 69
その他手術(良性腫瘍など) 21 19 21 16 28

業績

県内・関西圏内研究会、教育活動

2020年

  • 当院におけるHER2陽性乳がんに対する術前化学療法の検討、小味由里絵、辻和香子、四元文明、2020年9月、京滋乳癌研究会、京都市

2019年

  • 乳がんのはなし、小味由里絵、2019年9月18日、がん教室まなびや、守山市
  • 大切な乳がん検診のお話、辻和香子、2019年8月29日、高島地域がん支援従事者研修会、高島市
  • 乳がんの手術と最近の薬物療法、辻和香子、2019年5月15日、あけぼの滋賀・滋賀県立総合病院共催 一緒に学ぼう!乳がんのこと 医師による乳がん講演会、守山市
  • 乳がんの薬物治療とその副作用対策、辻和香子、2019年2月17日、第108回がん診療セミナー、守山市

2018年

  • 当院で経験した浸潤性微小乳頭癌の検討、小味由里絵、辻和香子、多久和晴子、四元文明、第16回日本乳癌学会近畿地方会、2018年12月、大阪市
  • 乳がん検診と乳腺ドックの意義と現状、四元文明 滋賀県立総合病院健康教室2018年10月 守山市
  • 遺伝性のがん〜乳がん編〜、辻和香子、2018年8月、平成30年度 滋賀県立総合病院 がん看護研修、守山市
  • 乳癌の基礎知識・外科手術と再建、辻和香子、2018年5月、日本乳癌学会臨床試験に携わる専門職のための乳癌セミナー、京都市
  • 薬物療法や放射線療法とともに行う乳がん手術、辻和香子、2018年2月、第9回滋賀県がん医療フォーラム、大津市

2017年

  • 乳がんの病態・検診・精検・治療等について、辻和香子、2017年8月、平成29年度第1回がん検診研修会、草津市
  • 乳がんと乳がん検診、辻和香子、2017年7月、滋賀県立総合病院健康教室、守山市

2016年

  • 70歳以上高齢乳癌患者に対するチーム医療、多久和晴子、2016年12月15日、第7回がん診療グランドセミナー、守山市
  • 「乳がんに対する手術の変遷」多久和 晴子、「再発・転移乳がんに対する治療」辻 和香子、2016年7月23日、第81回がん診療セミナー、守山市
  • グリコール酸/乳酸ポリエステルのメッシュ補填による乳房温存術後整容性向上の試み、四元文明、辻和香子、2016年3月19日、第71回京滋乳癌研究会、京都市

2015年

  • 「乳がんの診療〜最近の話題〜」「乳がんの予後予測因子」、辻 和香子、2015年12月17日、第73回がん診療セミナー、守山市
  • 「パネルディスカッション:交流センターの課題と展望」「一女性勤務医師が思うこと」、辻 和香子、平成27年度京都大学外科冬季研究会、2015年12月5日、京都市
  • 「がん薬物療法の副作用対策」「骨髄抑制」、辻 和香子、2015年7月23日、第70回がん診療セミナー、守山市

2014年

  • 「もっと知ろう!“乳がん”のこと」、辻 和香子、四元文明、山内智香子、山口良美、鈴木菜穂美、岡村理、2014年12月20日、第60回滋賀県立総合病院がん診療セミナー、守山市
  • 「五大がんのガイドラインにおける薬物療法の解説~乳癌~」、四元文明、2014年12月7日、第1回滋賀県薬剤師スキルアップ研修会、守山市
  • 「乳癌手術におけるセンチネルリンパ節生検の実際」辻和香子、四元文明、2014年11月、第5回滋賀県立総合病院がん診療グランドセミナー、守山市

全国・国際学会

2021年

・Breast conservasion with whole-breast radiation therapy for occult breast cancer, Wakako Tsuji, Yurie Komi, Fumiaki Yotsumoto, Chikako Yamauchi, Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2021, January 2021, Online

2020年

  • 当院での精検機関としてのマネジメントの検討、小味由里絵、辻和香子、四元文明、第28回日本乳癌学会学術集会、2020年10月、オンライン開催
  • 乳房再建術後に乳房全切除断端に乳癌病変が近接しており追加切除術を施行した3症例、辻和香子、小味由里絵、四元文明、第28回日本乳癌学会学術集会、2020年10月、オンライン開催

2019年

  • アンスラサイクリン系レジメンにおける経口デキサメタゾンと口腔粘膜炎発症との関連の検討、小味由里絵、第27回日本乳癌学会学術総会、2019年7月、東京
  • 乳癌からの脳転移38症例の検討、辻和香子、四元文明、小味由里絵、多久和晴子、第27回日本乳癌学会学術総会、2019年7月、東京
  • Disease characteristics of synchronous and metachronous bilateral breast cancer, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Yurie Komi, Haruko Takuwa, March 2019, St Gallen Breast Cancer Conference, Vienna, Austria

2018年

  • Pegfilgrastim 1.8mgは3.6mg接種に伴う白血球増多と倦怠感を改善する、多久和晴子、辻和香子、後藤知之、大辻貴司、四元文明、2018年10月、第56回日本癌治療学会、横浜市
  • Surgical impact on stage IV breast cancer, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Haruko Takuwa, Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2018 International Convention, Kyoto, May 2018
  • 男性乳癌における、androgen receptorを介したシグナル伝達経路についての検討、多久和晴子、辻和香子、四元文明、第26回日本乳癌学会学術総会、2018年5月、京都市
  • 神経内分泌癌は内分泌療法抵抗性を示す、辻和香子、四元文明、多久和晴子、洲崎聡、第26回日本乳癌学会学術総会、2018年5月、京都市
  • StageIV乳癌における手術療法の役割、辻和香子、多久和晴子、四元文明、第118回日本外科学会定期学術集会、2018年4月、東京
  • Prevention of metastatis or recurrence in Japanese breast cancer patients using Japanese standard field radiotherapy: Experience at a single institution, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Chikako Yamauchi, The 13th International conference of the Asian Clinical Oncology Society, February 2018, Chiang Mai, Thailand

2017年

  • Metastatic breast cancer patients who achieved clinical complete response after multidisciplinary therapy: clinical features from a single institution, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Advanced Breast Cancer, 4th ESO-ESMO International Consensus Conference, November 2017, Lisbon, Portugal
  • 胸骨傍リンパ節転移を伴う局所進行乳癌に対し集学的治療を行った1例、多久和晴子、辻和香子、四元文明、第55回日本癌治療学会学術集会、2017年10月、横浜市 
  • 70歳以上高齢者乳癌患者では乳癌特異的生存は全生存に影響しない、多久和晴子、辻和香子、四元文明、第25回日本乳癌学会学術総会、2017年7月、福岡市
  • 同時性両側乳癌17例および異時性両側乳癌54例の後ろ向き解析、辻和香子、多久和晴子、四元文明、第25回日本乳癌学会学術総会、2017年7月、福岡市
  • Breast cancer specific survival does not affect overall survival in elderly breast cancer patients: Experiences at a single institution in Japan, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, 24th Asia Pacific Cancer Conference, June 2017, Seoul, Korea
  • Fat grafting does not stimulate breast cancer cell proliferation in vivo, Wakako Tsuji, Jolene E Valentin, Vera S Donnenberg, Albert D Donnenberg, Kacey G Marra, J Peter Rubin, St Gallen Breast Cancer Conference, March 2017, Vienna, Austria

2016年

  • 転移再発後治療で臨床的完全奏功を得た症例の検討、多久和晴子、辻和香子、四元文明、第54回日本癌治療学会学術集会、2016年10月、横浜
  • The let-7/Lin28 can be an early detection marker of anti-HER2 containing therapy sensitivity in HER2 positive breast cancer, Haruko Takuwa, Fumiaki Sato, Junji Itou, Masakazu Toi, European Society for Medical Oncology 2016, October 2016, Copenhagen, Denmark
  • 異時性両側乳癌42症例の検討、辻和香子、四元文明、第24回日本乳癌学会学術集会、2016年6月、東京
  • HER2陽性乳がん細胞においてトラスツズマブによるhsa-let-7 発現変動が治療応答性を規定する、多久和晴子、佐藤史顕、戸井雅和、第24回日本乳癌学会学術集会、2016年6月、東京
  • 乳房温存術後整容性向上を目的としたグリコール酸/乳酸ポリエステルのメッシュ補填の是非、辻和香子、四元文明、第15回、日本再生医療学会総会、2016年3月、大阪
  • Pros and Cons of Immediate Vicryl Mesh Insertion After Lumpectomy, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2016, March 2016, Kyoto

2015年

  • Chemotherapeutic drug-containing microspheres for tumor suppressing adipose regeneration, Wakako Tsuji, Jacqueline M. Bliley, Kacey G. Marra, J. Peter Rubin, Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society - World Congress 2015, Boston, MA, USA, September 2015
  • 移植脂肪内乳癌局所再発制御を目的としたドキソルビシン含有徐放剤、辻 和香子、第23回日本乳癌学会学術総会、2015年7月、東京
  • Paracrine interaction between adipose-derived stem cells and breast cancer cells, 
    Wakako Tsuji, Riccardo Schweizer, Jan Plock, Kacey G Marra, J Peter Rubin, St. Gallen Breast Cancer Conference, March 2015, Vienna, Austria

2014年

  • Developing animal model for local breast cancer recurrence in autologous fat graftingWakako Tsuji, Jolene E Valentin, Kacey G Marra, Albert D Donnenberg, Vera S Donnenberg, J Peter Rubin, International Federation for Adipose Therapeutics and Science (IFATS), November 2014, Amsterdam, Netherland
  • ヒト脂肪由来幹細胞の抗癌剤感受性分析および移植脂肪内乳癌モデルの作成、辻和香子、第22回日本乳癌学会学術総会、2014年7月、大阪市

論文発表

2020年

・Metachronous bilateral ectopic breast carcinoma in the axilla: A case report and literature review, Wakako Tsuji, Breast Disease, 2020, e-pub ahead of print

Surgical treatment for stage IV breast cancer: A single-center, retrospective study, Wakako Tsuji, Haruko Takuwa, Asian Journal of Surgery, 2020, June, 43(6):713-715

2019年

・Pegfilgrastim-induced fatigue and leukocytosis improved following dose reduction in a young patient with breast cancer: A case report. Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Tomoyuki Goto, Takashi Otsuji, Fumiaki Yotsumoto, Mol Clin Oncol, 2019 Oct; 11(4): 371-375

・Collection to: Multidisciplinary treatment for locally advanced breast cancer with internal mammary lymph node metastasis in an elderly patient, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Yoshihiro Yamamoto, Chikako Yamauchi, Fumiaki Yotsumoto, Int Cancer Conf J. 2019 Sep 3; 8(4): 195-196

 

2018年

  • Hormone signaling via androgen receptor affects breast cancer and prostate cancer in a male patient: A case report, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Masayuki Shintaku, Fumiaki Yotsumoto, BMC Cancer, 2018 Dec 22;18(1):1282
  • Patients who achieved long-term clinical complete response and subsequently terminated multidisciplinary and anti-HER2 therapy for metastatic breast cancer: A case series, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Int J Surg Case Rep, Oct 2018, 52: 125-131
  • Multidisciplinary treatment for locally advanced breast cancer with internal mammary lymph node metastasis in an elderly patient, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Yoshihiro Yamamoto, Chikako Yamauchi, Fumiaki Yotsumoto, International Cancer Conference Journal, Sep 2018
  • Overall survival of elderly patients with breast cancer is not related to breast-cancer specific survival: A single institution experience in Japan, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Breast Disease 2018 April
  • An animal model of local breast cancer recurrence in the setting of autologous fat grafting for breast reconstruction, Wakako Tsuji, Jolene E Valentin, Albert D Donnenberg, Vera S Donnenberg, Kacey G Marra, J Peter Rubin, Stem Cells Translational Medicine, Jan 2018, 7(1), 125-134
  • Low neutrophil-lymphocyte ratio correlates with extended survival in patients with metastatic breast cancer who achieved clinically complete response following multidisciplinary therapy: A retrospective study, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Yoshihiro Yamamoto, Masayuki Shintaku, Fumiaki Yotsumoto, Molecular and Clinical Oncology, Mar 2018, 15: 6681-6687

2017年

  • Palliative surgery for giant mucinous carcinoma of the breast in an elderly patient: a rare case report, Haruko Takuwa, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Molecular and Clinical Oncology, Oct 1 2017, 7(4), 609-614
  • Pros and cons of immediate Vicryl mesh insertion after lumpectomy, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Asian Journal of Surgery, Aug 18 2017
  • Chondrolipoma of the breast as a rare variant of myofibroblastoma: an immunohistochemical study of two cases, Masayuki Shintaku, Yoshihiro Yamamoto, Fumihiko Kono, Toshiyuki Kitai, Wakako Tsuji, Fumiaki Yotsumoto, Ryoji Kushima, Virchows Archiv, 2017 Jun 26

2016年

  • Chapter, Breast Cancer Metastasis, Wakako Tsuji, Jan A Plock, Introduction to Cancer Metastasis, 13-31, Dec 6 2016
  • Localized primary amyloidosis of the breast: a case report and review of the literature, Wakako Tsuji, Eiji Takeuchi, Satoshi Oka, Taro Yamashita, Fumiaki Yotsumoto, BMC Surgery, 2016, Sep 13;16(1):62

2015年

  • The role of adipose-derived stem cells in breast cancer metastasis, R Schweizer, W Tsuji, VS Gorantla, KG Marra, JP Rubin, JA Plock, Stem Cells International, 2015;2015:120949.