脊椎疾患

神経の障害で出現する症状について

以下のような症状のある方はいらっしゃいますでしょうか。

「手が使いづらい」、「肩から指先にかけてしびれる」「箸(はし)がうまく使えなくなった」「階段を降りるのがこわくなった」「足がかくかくして転びやすくなった」

これらは、頚椎症などで首の背骨のなかを走っている脊髄や、脊髄を出た後の末梢神経が圧迫されて出てくる症状です。

また、「足が痛い」「歩いていると足がしびれて歩けなくなる」「トイレが非常にちかくなった」

これらは腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などで、腰の背骨の中で足や膀胱に行く神経が圧迫されて出る症状です。


さて脳の病気でよくある症状はどうでしょうか。たとえば、「食事中にはしをうまく使えなかったり、落としたりする。顔がゆがむ。あるいは歩行時に片脚がつまずきやすい」などです。顔まで症状がでるということで区別はできますが、顔に症状のでない脳梗塞はたくさんあります。また、「歩きづらくなった」というのは正常圧水頭症によくある症状でもあります。脊髄や神経の病気とよく似ていますね。

神経の障害

よく似ているのは当たり前です。なぜなら、それぞれの神経の連絡は、脳から脊髄そして末梢神経までつながっているからです。この脳、脊髄、末梢神経のどこで神経の障害がおこっても同じような症状となります。


そこで、脳から脊髄、末梢神経までをスタッフ全員で考えて、症状の原因を診断、治療させていただいているのが当院脳神経外科の特徴です。また、神経内科とも合同で診断のつきにくい症例には検討をおこないます。「神経の病気かな?」と思ったら気軽にご相談下さい。


例えば、運動神経ならどこで障害されても運動麻痺といった症状がでてきます。

脊椎、脊髄の疾患について

以下のような脊髄、脊椎の疾患で症状が出現します。しかし、脳疾患等の病気でもありえます。

1. 変形性頚椎症

変形性頚椎症

日々の負担や加齢によって椎間板(背骨と背骨の間のクッション)は水分を失って変形し、よこにはみ出てきます。それにともない椎骨も変形していきます。そして、椎間板の変形とともに背骨の並び方が悪くなってきます。その結果、背骨の中にある、脊髄や神経が圧迫され症状が発生します。軽度のしびれや痛みのみで、日常生活に問題なければ体操や内服加療で様子をみます。しかし、手の動かしづらさや、歩きにくさが出現して症状が日常生活に影響を及ぼすようになると手術を考慮する必要があります。

2. 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管器狭窄症

上で説明したように頸椎が変形して症状を発生する場合には変形性頸椎症と呼ばれ、腰椎の場合には変形性腰椎症と呼ばれ、腰部脊柱管狭窄症とも呼ばれます。腰部脊柱管狭窄症では、神経が圧迫されて間欠性跛行が発生します。間欠性跛行とは、しばらくは歩けるが、たとえば 100m 歩くと足がだるくなったり足腰に痛みがでたりして歩けなくなり、しばらく休むと再び歩けるようになるという症状を指します。腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。どこで神経が圧迫されて症状がでているのか(背骨の中か、出口部か、出てからか)をしっかり診断する必要があります。

3. 発育性脊柱管狭窄症

結局、脊髄や神経が脊柱管(背骨によって形作られた、脊髄や神経をとおしているトンネル)の中で圧迫されることに変りはないのですが、脊柱管が生まれつき狭い方がいらっしゃいます。この場合、軽い椎間板や脊椎の変形で脊髄や神経が圧迫されて症状がでてしまいます。さらに、頸椎と腰椎ともに脊柱管が狭くなっていることがあり、正しく診断するには頚椎から腰椎まで見ることが重要になってきます。

4. 腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間には椎間板があり、クッションの役目をしています。しかし、日々の負担や姿勢、加齢、もともとの椎間板の強さの違いによって、神経や脊髄が通っている場所に飛び出してくることがあります。頸椎椎間板ヘルニアでは手の痛みや痺れを、ひどい場合には手の運動障害、歩行障害を発生することが多いです。また、腰椎椎間板ヘルニアでは足に痛みや痺れを発生します。基本的には、安静にしていれば症状が改善することが多いのですが、症状が改善しない場合には手術を考慮する必要があります。

5. 脊髄腫瘍

非常に稀な疾患ですが、脊髄の内側に発生するもの、脊柱管内に発生する腫瘍等さまざまな場所にできます。変形による病気と違い、じっとしていても動いても症状があまりかわらないことが特徴です。良性で摘出してしまえば治癒するものは多いですが、やはり摘出は困難で化学療法や放射線治療を必要とするものもあります。症状がある場合、検査することが重要と思われます。一度ご相談ください。

脊髄腫瘍

脊髄、脊椎の病気の検査について

まず詳細な問診(痛みの場所や、何をしたら痛くなるか等を伺います)や徒手筋力テスト(力比べです)、腱反射(膝や肘をたたいて、足や手がぴくっとなる検査です)から病変の場所を推察します。次に単純レントゲン撮影の検査を行い、背骨の変形や不安定性を観察します。また、脳の病気の可能性があれば、頭部のCT検査を実施させていただきます。さらに脊髄や神経を観察することができるMRIで神経の圧迫の程度を観察する必要があります。しかし、MRIの所見と症状が合致しないような場合には、確定診断のために脊髄造影や神経根造影を必要とします。この場合、1泊程度の検査入院をお勧めしております。

脊髄、脊椎の病気の治療について

上のご説明のように、脊髄の病気は加齢と負担による脊椎の変形で始まることが多いです。ですので、姿勢や生活習慣を改めることから始めます。高いところのものをとるときに上を向きすぎないようにすることや、適切な枕を使用することなどです。また、その病態に応じた体操や筋トレをお伝えします。痛みや痺れに対しては薬物を使用することもあります。効果は一時的ですがブロック治療をおこなうこともあります。これらの治療を行っても症状が改善しない場合や、症状が進行する場合には手術を考慮します。


背骨や神経の病気には手術で治るものはたくさんあります。昔の手術の話を聞いたりして、脊髄の手術は危険と思っていらっしゃるかたは多いとおもいます。たしかに、手術のリスクをゼロにすることはできません。脊椎手術は難しいものが多いと思われがちですが、最近ではほとんどの手術は安心して受けられるようになってきました。

頚椎の手術について

頚椎の手術において我々ができることは、あくまでも脊髄の減圧を目的としたものであり、失われた脊髄機能を完全にもとにもどすことはできません。あくまで、現在ある神経症状のある程度の改善、そして、今後の神経症状の悪化予防を目的としています。ですので、手術療法でも術後神経症状の回復には限界があることをご理解ください。

1. 頚椎椎弓形成術

変形性頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症に対しておこなわれることが多い手術です。頚部の後方、第2頚椎から第6頚椎棘突起のレベルまで、約5cmの直線状の皮膚切開を行います。


頚椎の後方にある椎弓を片方は切り離し、もう片方はヒンジになるように削ります。下の図のように脊柱管を拡大させます。脳神経外科手術で使用される手術顕微鏡下に、脊髄を損傷しないよう細心の注意を払いながら手術をおこないます。手術翌日から歩行していただけます。術後しばらく、肩の痛みがつづきますが次第に軽快してまいります。頚椎のカラーは、基本的には術後1週間で外れます。

2. 頚椎前方除圧固定術

頚椎椎間板ヘルニアや、病変の短い頚椎症や縦靭帯骨化症におこなわれる手術です。病変の高さにもよりますが、のど仏のあるあたりの高さで、5センチ程度の横の皮膚切開からおこないます(多椎間にわたる病変の場合、縦の切開になることもあります)。頚椎を前方から手術用顕微鏡を使って観察し、椎間板を摘出したり椎体を削ったりします。椎間板をとったままにすると頚椎がぐらぐらになってしまうので、固定の器具を挿入します。頚椎椎弓形成術と同様に手術翌日から歩行していただけます。手術のあと感染がなく経過すれば、傷が癒合する術後1週間あたりで退院可能となります。肩の痛みはあまりありませんが、カラーは4ヶ月ほど使用していただきます。

腰椎の手術について

腰椎の手術は、頚椎手術に比べれば現在の症状が取れやすい傾向にはあります。適切な序圧が適切な時期におこなわれれば疼痛がなくなることはよくあることです。しかし、あくまでも、現在ある神経症状のある程度の改善。そして、今後の神経症状の悪化予防を目的としています。ですので、手術療法でも術後神経症状の回復には限界があることをご理解ください。

1. 腰椎椎弓切除術

腰部脊柱管狭窄症では、背骨がぐらぐらしていない状態であれば、狭窄している範囲に応じてできるだけ小さな皮膚切開を行い、顕微鏡下の手術により骨を削り、肥厚した靭帯を取り除くことで除圧を行っております。基本的に手術翌日から歩行していただけます。創部が癒合する1週間あたりで退院可能となります。

2. 腰椎除圧固定術

腰椎分離症、腰椎すべり症や高度の変形、つまり腰椎がぐらぐらしている場合には、骨を削るだけでなく椎弓根スクリューを挿入して腰椎固定術をおこなう必要があります。除圧術にくらべて、やや術後の背中の疼痛が強いです。退院後もコルセットを数ヶ月使用していただきますが、創部が癒合する術後1週間あたりから退院可能になります。

その他の脊椎手術について

その他の脊髄疾患、脊髄腫瘍等、症例ごとに対応させていただく手術は多岐にわたります。まずはお気軽にご相談ください。


お問い合わせは、脳神経外科外来にお願いします。