呼吸器外科

呼吸器外科科長兼副院長

スタッフ

副院長 兼 呼吸器外科科長

川上 賢三

専門医認定

日本呼吸器学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医

その他所属

日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本内科学会
日本ME学会
日本肺癌学会

副部長

菊地 柳太郎

専門医認定

呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本外科学会外科 指導医・専門医

医長

大畑 惠資

専門医認定

呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医
日本外科学会 外科専門医

医員

中ノ坊 亮

呼吸器外科について

胸部発生(肺、縦隔、胸壁)の悪性腫瘍及び良性腫瘍の診断・外科的治療とその後の経過観察を行っています。都道府県がん診療連携拠点病院としての役割を果たすために、これらの中で特に悪性腫瘍(肺癌、縦隔癌、胸壁悪性腫瘍)の診断、治療、治療後の経過観察までを総合的に行うことを第一の使命としています。

また、呼吸器外科領域では自然気胸等の良性疾患の外科療法も重要な位置を占めます。かかる病態では社会的適応も含め、柔軟な対応で、できる限り早期の社会復帰を目指します。

手術療法については、確実で安全という観点に加え、胸腔鏡下手術を積極的に導入しており、より低侵襲の手術で、術後のQOLの向上を目指します。

肺癌については、肺癌学会等のガイドラインに基づいた標準的治療を基本とし、それに各症例での社会的背景や患者の意志も尊重した上で、その患者に最も適切と考えられる選択を行うことで、予後を改善し、患者の満足の得られる医療を行うことを目指します。術後病期IA期等、経過観察のみの症例に対しては、逆紹介を積極的に行い、紹介医等地域の診療所、病院での経過観察を依頼していくなど地域連携パスを設定していきます。内科的治療を担当する呼吸器内科とは診断から治療全般にいたるまで、常に呼吸器疾患に対する医療チームとして一体的に機能しており、特に集学的治療の必要な肺癌診療においては、週1回呼吸器カンファレンスとして呼吸器外科、呼吸器内科、放射線治療科、放射線診断科、病理診断料の医師に加え、薬剤師、看護師、栄養士、理学療法士等の参加による多職種カンファレンスを行い、検査、診断、治療方針等についてディスカッションし、全人的ケアとなるよう協同で診療にあたっています。また終末期症例に関しては緩和ケア科とも密に連携し、QOLを考慮した看取りを行っています。

診療方針

原発性肺癌

1. 診断

気管支ファイバースコピー検査、CTガイド下針生検等により可及的に術前の確定診断を行います。未確定例に関しては開胸時に針生検、楔状切除等により迅速病理検査を行い、確定診断を得ます。

2. 臨床病期診断

T因子、N因子に関しては胸部CT、FDG-PET等により推定。胸壁浸潤が疑われる場合は超音波検査、骨シンチ等も考慮します。M因子に関しては、頭部に対して主に頭部MRIにて評価、腹部に関しては腹部CTを基本とし、FDG-PET,超音波検査も考慮します

骨シンチに関しては疼痛等骨転移を疑わせる症例以外は必須としません。脊椎等に骨転移が疑われる場合はCT、MRIも併用します。

3. 手術適応

(1) 非小細胞肺癌

臨床病期1.、2.期に関しては基本的に手術適応とし、胸腔鏡下肺切除+リンパ節郭清術としますが、症例により通常の後側方開胸、前腋窩開胸を選択します。1.A期と診断され、主病巣が径2cm未満の症例では、葉、区域気管支リンパ節の術中迅速病理診断にて転移陰性と診断されれば、肺機能、年齢等を考慮し、拡大区域切除+リンパ節郭清術行います。3.期の、特にbulky N2の3.A期症例に対しては化学療法、放射線療法を先行し、病期の down staging が得られた場合は手術療法を考慮します。肺門部、縦隔リンパ節転移の見られない隣接臓器浸潤による3.期で、合併切除を伴った根治術が可能な場合は、心臓血管外科、整形外科等他科の協力のもと術前化学療法、放射線療法を含めた手術療法を考慮します。4.期については手術適応ではありませんが、転移巣が化学療法、放射線療法等で完全にCRとなっており、原発巣のみが切除可能な状態で残存する場合、呼吸器内科との協議にて切除術の対象とすることもあります。

(2) 小細胞肺癌

小細胞肺癌と確定診断が得られている症例は基本的に化学療法+放射線療法の適応としますが、上記治療により原発巣のみが切除可能な状態で残存する場合、呼吸器内科との協議にて切除術の対象とすることもあります。術前検査にて小細胞肺癌との診断が得られず、術中迅速病理診断にて小細胞肺癌との診断がついた場合は、術中所見もあわせて臨床病期が1.、2.、3.A(N2)期であれば、区域切除または肺葉切除+リンパ節郭清を行い、術後化学療法を行うこととします。それ以上の病期であると考えられた場合は、原発巣の切除、リンパ節郭清は行わず、侵襲を最低限に抑えた上で、術後化学療法を行うこととします。

4. 補助療法

術後病理病期1.Aの場合は経過観察のみとします。IB、2.期の場合は1.CBDCA+PAC(weekly)を4コースもしくは、(2)UFT内服を2年間の何れかを術後補助療法として行います。3.期以上であった場合は(1)Platinum doubletの補助化学療法を最低4コース行います。

転移性肺癌

1. 診断

可能であれば気管支ファイバースコピー検査等により術前の確定診断を行います。未確定例に関しては開胸時に針生検、楔状切除等により迅速病理検査を行い、確定診断を得ます。

2. 手術適応

原発巣が既に治療され、肺以外に転移、再発を疑わせる所見の無い場合で、切除による肺機能低下が予後の悪化を来さないと判断される場合に転移巣を含めた肺切除を行います。結腸癌、腎癌の肺転移に関しては複数個、また再々発であっても切除により予後が改善されるとの報告があり、積極的に切除術を考慮します。

3. 手術術式

転移巣の径2cm以下、末梢肺領域にあり、肺門、縦隔のリンパ節転移が疑われないものに対しては、胸腔鏡下の楔状切除を基本とします。肺門に近い、また腫瘍径が2cmを超える転移巣に対しては原発性肺癌に準じて肺葉切除、区域切除+リンパ節郭清を行います。原発性肺癌と異なり、再々発の可能性があることから、肺機能の温存を十分に考えた切除術式を考慮します。

縦隔悪性腫瘍

1. 診断

CTガイド下経皮針生検等で可及的に術前病理確定診断を得ることが望ましいですが、播種、出血等のリスクも考慮し、腫瘍マーカー等の検査結果も参考にして診断を行います。

2. 手術適応と術式

基本的に心臓血管外科等の協力の下に周囲臓器への浸潤に対しても合併切除+再建術が可能で完全切除が期待できる症例には積極的に胸骨縦切開(+前腋窩開胸追加等)により切除術を行います。化学療法の効果が期待でき、手術侵襲を低減できる可能性のある腫瘍の場合は化学療法を先行し、十分な腫瘍縮小効果が得られた時点で根治手術を考慮します。

3. 術後補助療法

術中所見、病理検査結果等により化学療法、放射線療法を考慮します。

自然気胸

1. 手術適応

2回以上の再発症例に関して胸腔鏡下のブラ切除術を行うことを基本としますが、いわゆる若年の気胸体型症例で、胸部X-p、CTにて明らかなブラを認める症例の場合は、患者本人の意志、社会的適応等も考慮し、初回発症例でも手術を行います。また持続胸腔ドレナージを行っても1週間以上、空気漏れが止まらない場合も手術対象とします。心機能低下、低肺機能等の理由により手術療法の適応とならない場合は各種胸膜癒着術を行います。

縦隔良性腫瘍

1. 診断と手術適応

縦隔の良性腫瘍の場合、術前に病理診断を得ることが困難な場合が多いですが、胸部CT、MRI等の検査により、良性腫瘍の可能性が高い場合は、胸腔鏡下に腫瘍を摘出し、迅速病理検査にて確定診断をつけ、完全切除を同様に確認します。腫瘍径が大きく、胸腔鏡下の小開胸では摘出が困難な症例等は胸骨縦切開、通常開胸術等を考慮します。重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術は胸腺腫合併の有無にかかわらず、胸骨縦切開かまたは両側の胸腔鏡下操作にて摘出術を行います。

特色ある検査・治療法・医療設備

  • 胸腔鏡下手術
    • 県下でもっとも胸腔鏡下手術件数の多い呼吸器外科のひとつである。胸腔鏡下の肺がん手術では、低侵襲で回復も順調であることから、術後5日ほどで退院される方の割合がもっとも多く、早期の社会復帰が可能。
  • 気道狭窄、閉塞病変に対する気管支鏡下レーザー治療
    • 気管など中枢気道に発生したがんなどの病変は、進行により急速に呼吸困難症状が悪化する。症状の改善のために、全身麻酔下に気管支鏡を用いて病変部のレーザー焼灼術を行っている。
  • 気管、気管支狭窄に対するステント留置術
    • がんなどの気道内病変はもちろん、気道外病変(縦隔腫瘍やリンパ節転移など)からの圧迫によっても気道狭窄をきたし、呼吸困難となる。症状の改善のために、気管支鏡、X線透視下に狭窄部を開大するステントを挿入している。
  • 気管支出血に対する気管支動脈塞栓術
    • 気管支病変からの大量出血(喀血)は迅速に対処しないと窒息、喀血死の可能性がある。大腿動脈よりカテーテルを挿入し、出血の原因となっている気管支動脈枝の血流を止める塞栓物質を注入し、止血を図る。
  • 中枢型肺がんに対する気管支動脈抗がん剤注入療法
    • 肺癌に対する抗がん剤を使った化学療法は全身投与が基本であるが、中枢気道を閉塞するような肺癌の場合などではより集中して原発部位に抗がん剤投与することで、迅速な治療効果が期待できる事がある。大腿動脈よりカテーテルを挿入し、腫瘍の栄養動脈となっている気管支動脈の分枝から抗がん剤を30分ほどで注入する。全身投与に比し抗がん剤による副作用は軽減される。

参加できるカンファレンス・勉強会

呼吸器カンファレンス及び肺癌キャンサーボード
(呼吸器外科、呼吸器内科、放射線治療科、放射線診断科、病理診断科、薬剤部、リハビリテーション科、栄養指導部合同)

毎週木曜日の17時00分頃~

術前診断、手術適応、手術術式、放射線療法、化学療法等の検討を行っています。

外部に対してもオープンと考えており、それ以外でも随時、症例の相談等には応じています。参加される場合は呼吸器内科または呼吸器外科の医師にご連絡ください。

外来担当医表

外来担当医表をご覧ください。