実績

診療体制と実績

腫瘍性疾患は入院で、非腫瘍性疾患は主として外来で治療しています。化学療法については、急性白血病を除き、導入療法は入院で、維持療法は原則として外来化学療法室で施行しています。

また当科は、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)リンパ腫グループにおいて施行された「悪性リンパ腫に対する臨床研究」へ積極的に症例を登録し、我が国における標準的治療法の確立に寄与しています。 

1. 主要疾患の新規患者数

主要疾患の新規患者数
年度 H29 H30 R1
急性白血病 11 8 11
慢性白血病 3 4 5
悪性リンパ腫 24 62 52
(非ホジキン) 23 59 50
(ホジキン) 1 3 2
多発性骨髄腫 12 10 4

2. 外来診療の統計

外来診療の統計
年度 H29 H30 R1
新規患者数 184 198 151
のべ患者数 8,397 8,358 7,940
紹介率(%) 97.9 99.5 86.5
逆紹介率(%) 46.1 74.1 80.8

3. 入院診療の統計

入院診療の統計
年度 H29 H30 R1
のべ入院患者数 10,604 11,306 9,874
平均在院日数 26.2 27.6 28.3

4. 骨髄検査実施件数

骨髄検査実施件数
年度 H29 H30 R1
延べ件数 234 268 268

5. がん化学療法実施件数

入院化学療法(入院化学療法の中央データ管理は平成19年度より)
年度 H29 H30 R1
実患者数 96 98 86
のべ実施件数 1,166 1,139 1,187
外来化学療法
年度 H29 H30 R1
実患者数 103 86 98
のべ実施件数 1,224 1,187 1,139

6. 輸血実施件数

使用量(単位)
年度 H29 H30 R1
赤血球製剤 1,536 1,276 1,464
濃厚血小板血漿 7,110 5,030 4,315
新鮮凍結血漿 162 262 400

7. 培養件数(起因菌陽性率%)

培養件数(起因菌陽性率%)
年度 H29 H30 R1
血液 926(5.5) 931(6.1) 861(6.6)
喀痰 81(13.6) 89(10.1) 28(39.3)
尿 79(39.2) 89(36.0) 35(65.7)
便 46(13.0) 51(5.9) 38(42.1)
体腔液他 31(19.4) 11(0.0) 3(0.0)
合計 1,163(9.0) 1,171(8.6) 965(5.9)

業績

発表論文

1)KonishiY, Kondo T, Nakao K, Asagoe k, OtsukaY, NishikoriM, HishizawaM, YamashitaK, Takaori-Kondo A. Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for 8p11 myeloproliferative syndrome with BCR-FGFR1 gene rearrangement: a case report and comprehensive review of literature. Bone Marrow Transplant. 54(2): 326-329, 2019.

2)Nakao K, Oka S, Utsumi T, Yamada S, Kondo T, Tohyama K, Asagoe K. Concurrent CALR and SF3B1 gene mutations in a patient with myelodysplastic/myeloproliferative neoplasm with ring sideroblasts and thrombocytosis]. Rinsho Ketsueki. 60(8): 915-919, 2019.

3)Kanda J, Arai Y, Kondo T, Ishikawa T, Ueda Y, Imada K, Akasaka T, Yonezawa A, Yago K, Nohgawa M, Anzai N, Moriguchi T, Kitano T, Itoh M, Arima N, Takeoka T, Watanabe M, Hirata H, Asagoe K, Miyanishi M, Miyatsuka I, An LY, Takaori‐Kondo A Establishment of a Predictive Model of GvHD‐free, Relapse‐free Survival after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation using a Machine Learning Algorithm. Blood. 134 (1): 3337, 2019

4)Okuyama C, Nakae T, Oka S, Nohara J, Yamauchi H. Significantly Increased Accumulation of 18F-FDG Throughout the Left Middle Cerebral Artery Territory Corresponding to Acute-Phase Infarction. Clin Nucl Med. 44(11): 907-910, 2019.

 

学会発表、講演会等

1)岡田直樹, 中尾健介, 岡諭, 内海貴彦, 浅越康助. 当院での再発難治性PTCL-NOSに対する新薬Pralatrexateの使用経験. ML Forum in KYOTO, 京都. 2019年1月11日

2)岡田卓也, 中尾健介, 岡諭, 内海貴彦, 浅越康助. 外来経過中に自然消退したHepatosplenic CD8+αβ T-cell lymphomaの1例. 第223回内科学会近畿地方会, 京都. 2019年3月2日

3)Kubota N, Watanabe T, Tobinai K, Wakabayashi M, Morishima Y, Kinoshita T, Asagoe K, Yamaguchi M, Ando K, Ogura M, Taniwaki M, Uike N, Yoshino T, Nawano S, Terauchi T, Hotta T, Tsukasaki K, Nagai H. Long-term outcomes after R-CHOP in patients with newly diagnosed advanced follicular lymphoma: JCOG0203. 第81回日本血液学会学術集会, 東京. 2019年10月11日

4)岡諭. 自然退縮がみられた肝脾CD8+αβT細胞リンパ腫. 第81回日本血液学会学術集会, 東京. 2019年10月13日