耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科藤野科長

スタッフ

耳鼻咽喉科 科長

藤野 清大

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

副部長

扇田 秀章

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

副部長

松本 昌宏

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医

医長

牛呂 幸司

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

医員

小紫 彩奈

医員

宮部 祥悟

非常勤医師

林 正彦

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本気管食道科学会気管食道科専門医

非常勤医師

中井 麻佐子

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

非常勤医師

金沢 佑治

専門医認定

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

耳鼻いんこう科について

滋賀県地域のがん診療連携拠点病院として、口腔がん,鼻副鼻腔がん,咽頭がん,喉頭がん、唾液腺がん,甲状腺がんなどの頭頚部悪性腫瘍に対する治療、治療後のフォローアップを行っています。また、頭頚部良性腫瘍、中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎、喉頭ポリープ、頭頚部嚢胞性疾患、睡眠時無呼吸症候群、眩暈、突発性難聴、顔面神経麻痺など耳鼻咽喉科疾患全般に対する診断・治療も取り扱っています。

治療に際しては十分なインフォームド・コンセントを行い、症状やクオリテイオブライフの改善など患者さんの満足を得られる医療を行うこと を目指しています。

当科は日本耳鼻咽喉科学会専門医制度認定施設です。また日本気管食道科学会専門医制度認定施設でもあります。

診療方針

耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患に対して、入院や手術を中心に診療を行います。

病院と診療所の機能分化を図るため、病診連携を推進し、積極的に逆紹介を行います。

特色ある検査・治療法・医療設備

  • 頭頸部がんに対してPET-CT検査やNBI内視鏡検査を行っています。
  • 頭頸部がんに対して頭頸部腫瘍センターとして他科と連携をとり,手術治療、放射線治療および抗がん剤治療を行っています。 (頭頸部がんに対する治療に関しては頭頸部腫瘍センターのページを参照してください)
    頭頸部腫瘍センター
  • 進行頭頸部がんに対しては、形成外科・歯科口腔外科と協同で遊離皮弁を用いた拡大切除・再建手術を行っています。
  • 比較的早期の咽頭がん・喉頭がんに対して,内視鏡を用いた低侵襲な経口的切除手術を行っています。
  • 甲状腺のがんおよび良性腫瘍やバセドウ病に対して手術を行っています。 また,アブレーション目的の放射性ヨウ素内用療法も行っています。
  • 副甲状腺腫瘍に対して手術を行っています。
  • 耳下腺の腫瘍に対して顔面神経麻痺を避けるため神経刺激モニターを用いて手術を行っています。
  • 声帯ポリープや喉頭がんに対して喉頭直達鏡を用いて顕微鏡下に手術を行っています。
  • 高度難聴者に対する人工内耳手術を積極的に行っています。聴力が残っている患者さんに対する人工内耳手術、あるいは過去に一側に埋め込んだ患者さんへの反対側への追加の埋め込み手術も行っています。人工内耳に関しては小児患者さんも対象としています。
  • 慢性中耳炎、真珠腫に対して鼓室形成術を行っています。
  • 滲出性中耳炎に対して鼓膜切開術、鼓室チューブ留置術を行っています。
  • 内服や点鼻で症状の改善が不十分なアレルギー性鼻炎に対して、粘膜下下甲介切除術や後鼻神経切断術を行っています。
  • 慢性副鼻腔炎、鼻茸、副鼻腔嚢胞、鼻中隔彎曲症、鼻副鼻腔腫瘍に対して内視鏡手術を行っています。手術用ナビゲーションシステムを導入しており、より安全な手術が可能です。また術後のタンポン挿入処置を行わないことにより術後処置の苦痛の軽減に努めています。
  • 慢性扁桃炎や掌蹠膿疱症などの扁桃病巣感染症に対して扁桃摘出術を行っています。
  • 睡眠時無呼吸症候群やいびきに対して軟口蓋形成術を行っています。
  • 嚥下障害に対して嚥下機能改善手術を行っています。
  • 突発性難聴、顔面神経麻痺に対して、入院の上、ステロイド点滴治療を行っています。
  • めまい症例に対して平衡機能検査や頭部MRI検査を行っています。
  • 難聴に対して補聴器の試聴、適合検査、調整を行っています。

外来担当医表

月、火、水、金曜日に外来診療を行っています。
手術日である木曜日は休診です。

詳しくは、外来担当医表をご覧ください。