泌尿器科

スタッフ

泌尿器科長

吉田 徹

専門医認定

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
手術支援ロボット da Vinci 認定術者

副部長

西澤 恒二

専門医認定

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
手術支援ロボット da Vinci 認定術者

医員

八田原 広大

専門医認定

日本泌尿器科学会 専門医
手術支援ロボット da Vinci 認定術者

医員

勝永 泰章

非常勤医師

千菊 敦士

診察科の特徴

都道府県がん診療連携拠点病院として、腎癌、尿路上皮癌、前立腺癌、精巣癌などの尿路性器悪性腫瘍の治療に重点を置いた診療を行っています。また、悪性疾患以外の尿路結石、排尿障害、尿路感染症などの良性疾患についてもガイドラインやエビデンスを重視した診療を行っています。

 

○悪性疾患の手術およびロボット支援手術(ダヴィンチ手術)

尿路性器悪性腫瘍の手術においては、従来から尿路内視鏡、腹腔鏡を積極的に用いて、低侵襲かつ高い安全性のもと、術後のQOL(生活の質)を重視した治療を行うように取り組んできました。副腎腫瘍、腎細胞癌、腎盂・尿管癌、前立腺癌に対する腹腔鏡手術だけでなく、複雑な手技を要す膀胱全摘除術においても早期から腹腔鏡下膀胱全摘術を標準術式としてきました。当院手術室では令和元年6月より最新型の手術支援ロボットダヴィンチXiを導入し、当科でも令和元年7月からダヴィンチXiを用いた手術を開始しました。当科ではスタッフ3名がダヴィンチ手術の術者認定を取得したうえで、学会ガイドラインに従い前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術から開始しました。前立腺癌手術で十分な症例を経験したのち、令和2年2月に腎癌に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術を開始しました。両術式ともに開始当初から施設基準をクリアし、保険診療で実施していますので安心して手術を受けていただけます。ロボット支援手術の導入により、より低侵襲で安定した術後経過を患者さまに提供できるようになったものと考えています。

 

○悪性疾患の薬物療法

近年、これまでの治療薬に抵抗性だった進行がんの患者さまにも治療効果が得られる新しい薬剤が次々と保険適用され、また新しい薬剤の併用療法なども行われるようになってきています。一方で、がん患者様の予後が延長するとともに治療期間も長期にわたるようになり、副作用対策もより重要になってきました。当科でも、腎細胞癌、前立腺癌、尿路上皮癌の治療薬として使用可能になった新規抗がん剤、分子標的薬、がん免疫治療薬などを積極的に導入し、様々な副作用に注意しながら、患者様の生存期間の延長、QOLの向上を目指しています。さらに、がんの集学的治療をすすめるために放射線治療科や薬剤部と、またがん患者様のQOL向上のために緩和ケア科などと密に連携し、患者様が安心して高度な治療を受けていただけるように努力しています。

 

○良性疾患の手術

尿路結石症や前立腺肥大症の手術において当科では平成30年度にホルミウムレーザーを新規機器として導入しました。腎・尿管結石症においてはこれまで対外衝撃波結石破砕術(ESWL)でしか対応できなかった結石に対しても、軟性尿管鏡とホルミウムレーザーを用いることにより経尿道的内視鏡手術でより確実な結石除去をすることが可能です。また前立腺肥大症に対しては、お薬での治療で十分な効果のない患者様の治療には、これまでに実施してきた経尿道的前立腺剥離術の経験を活かしながら、経尿道的ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)を標準術式とし、より低侵襲かつ高効率な手術を実施しています。

 

〇施設認定

当科は 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設 です。

外来担当医表

外来担当医表をご覧ください。