実績

実績

外来患者数(看護部調べ)
年度 H29 H30 R1
外来患者数 6,784 4,546 5,800
対前年度比(%) 74.7 67.0 127.5
1月平均 565.3 378.8 483.3
1日平均 27.9 18.6 24.3
入院患者数(医事課調べ)
年度 H29 H30 R1
入院患者数 919 931 1,144
対前年度比(%) 308.4 101.3 122.9
1月平均 76.6 77.6 95.3
1日平均 2.5 2.6 3.1
手術件数
年度 H29 H30 R1
外来手術件数 3 1 20
入院手術件数 2 1 1

業績

学会発表

  1. 古田浩大、小亀敏明.「ステロイド外用加療に反応良好な疱疹状天疱瘡の1例」第463回日本皮膚科学会京滋地方会 令和元年12月21日、京都タワーホテル(京都府京都市)
  2. 小亀敏明.「病理標本からは鑑別に挙がりづらかった紡錘形細胞型有棘細胞癌の1例」第7回滋賀県皮膚科医会(病診連携の会・症例検討会)令和2年2月1日、滋賀県立総合病院

 

論文

  1. Hiroko FUJII, Yuichiro ENDO, Teruki DAINICHI, Atsushi OTSUKA, Akihiro FUJISAWA, Miki TANIOKA, Yoshiki MIYACHI, Kenji KABASHIMAPredictive factors of response to pulse methylprednisolone therapy in patients with alopecia areata: A follow‐up study of 105 Japanese patients.(Journal of Dermatology 2019; 46: 522–525)
  2. 古田浩大1, 藤井弘子1, 村田舞2, 吉川勝宇2, 齋藤翔太3(1滋賀県立総合病院皮膚科,2同 形成外科,3同 歯科口腔外科)非典型薬剤性過敏症症候群に対するステロイド内服中に生じた頭頸部放線菌症の1例(pp.2020-2024 皮膚科の臨床 61巻13号 2019)
  3. T Kogame, T Takegami, T R Sakai, T R Kataoka, M Hirata, F M Budair, C Ueshima, M Matsui, T Nomura, K KabashimaImmunohistochemical analysis of class-switched subtype of primary cutaneous marginal zone lymphoma in terms of inducible skin-associated lymphoid tissue.(J Eur Acad Dermatol Venereol 2019 Nov;33(11):e401-e403.)