放射線治療センター

放射線治療センター集合写真

センターの概要

「がん」はわが国の死亡原因第一位となり、国策としてがんによる死亡率低下が望まれるようになりました。

放射線治療は手術療法や化学療法と並び、がんの3大療法の1つです。近年、その治療技術の進歩はめざましく、副作用の少ない効果的な放射線治療がどんどん開発されてきています。その結果、従来は手術が標準的な治療法であったがんについても、放射線治療が有力な治療法になるなど、放射線治療を受けるがん患者さんが増加しています。

放射線治療センターでは2台のリニアック(外部照射装置)と密封小線源治療装置で治療にあたっています。通常の治療はもとより、高精度治療の強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療も積極的に行っております。

放射線治療専門医2名、医学物理士、放射線治療専門技師、品質管理士など充実したスタッフにより、安心して放射線治療を受けていただくことを心がけております。また、患者さんや家族の方々が抱かれる「不安や苦痛」に対し、がん放射線療法看護認定看護師が個別にカウンセリングを実施するなど、患者さんと家族の気持ちに寄り添い安心して治療を受けていただけるように心がけています。

我々はがん治療を通じて地域の皆様に貢献し、患者さんに最良のがん治療を提供できるよう、最善を尽くしていきます。

がん診療拠点病院としての放射線治療の重要性

 当院は都道府県がん診療連携拠点病院として指定されました。当院のような拠点病院の放射線治療資源は、放射線治療設備を有していない医療施設の共有財産と考えております。地域の皆様にはぜひ有効活用していただきたいと思います。

 また、有効な放射線治療を行うには適切な治療時期を逃さないことが重要です。放射線治療の可能性のある患者さんについては、早めにご相談いただければ幸いです。

はじめに

 放射線治療は手術療法や化学療法とならび、がんの3大治療法の一つです。近年、その治療技術の進歩はめざましく、副作用の少ない、効果的な放射線治療法がどんどん開発されています。

 その結果、従来は手術が標準的な治療法であったがんについても、放射線治療が有力な治療法になるなど、放射線治療を受けるがん患者さんが増えてきています。

放射線治療とは

 放射線治療はがんに放射線を集中させ、周囲の正常組織への放射線の量を少なくし、がんを治療することを目的としています。がん細胞が正常細胞に比べ放射線に弱いことを利用して、病巣部に放射線を照射することでがんの治療を行います。

 放射線治療の大きな特徴として

  1. がんを切らずに治療できること。
  2. 高齢者や体力のない患者さんでも負担が少なく治療が可能であること。
  3. 外来通院での治療が可能であること。

が挙げられます。

また、放射線治療はがんのような悪性腫瘍のみならず良性腫瘍、疾患の治療法としても有用です。

 当院の放射線治療にはX線、電子線を使用します。

放射線治療の詳しい内容については、「放射線治療の詳細」をご覧ください。

放射線治療にかかわるスタッフたち

放射線治療にかかわるスタッフたち(放射線治療科ページへのリンク)

医師

患者さんの診察所見や、種々の検査結果をもとに、放射線治療の方針を決定します。治療期間中および治療終了後も定期的に患者さんを診察し、必要に応じて適切な処置を行います。

看護師

放射線治療を受ける患者さんやご家族の身体的・心理的・社会的問題をアセスメントするとともに、放射線治療の原理を理解した上で、安心・安全に予定通り治療完遂できるように援助します。患者さんやご家族が、思いや不安を遠慮無く話していただける、明るい環境作りを心がけています。専門知識や技術を習得したがん放射線療法看護認定看護師も従事していますので、放射線治療に関することは、何でも相談して下さい。

医学物理士

当院では医学物理士が勤務しております。他職種と連携し、治療計画の最適化、治療装置の品質管理、また放射線が適切に照射されているかの確認を行っております。患者様と接する機会は少ないですが、安全で安心な治療を提供する一翼を担っております。

診療放射線技師

常勤8名(放射線治療専門技師2名・放射線治療品質管理士3名:重複あり)で患者さんへの照射を担当しています。毎日安心して放射線治療を受けて頂けるように装置の管理を行っています。また、装置や治療方法についての説明をさせて頂き、患者さんや家族の不安が少しでも軽減できるように心がけています。

受付

患者さんが毎日安心して来院していただけるよう、笑顔であいさつ・案内することを心がけています。

医師事務補助員(ドクターエイド)

診察室で医師事務の補助をしています。患者さんの治療や診察がスムーズに行なわれるように努めています。

受診ご希望の方は、かかりつけ医に相談するか、初診受付にお越しください。