検診指導部

スタッフ

部長 兼 糖尿病・内分泌内科 科長

山本 泰三

専門医認定

糖尿病学会専門医・指導医(日本糖尿病学会)
総合内科専門医・指導医(日本内科学会)
病態栄養専門医(日本病態栄養学会)

その他資格など

京都大学 医学博士 臨床教授 非常勤講師
日本糖尿病学会評議員
日本病態栄養学会評議員

特色

検診指導部は、検診業務を専ら担当する部門であり、検診業務を通じて生活習慣病等の早期発見に努め、県民の健康増進に貢献することを使命・役割とし、院内各部門(各診療科・内視鏡部・放射線部・臨床検査部・医事課など)の協力の上に以下の診療を行っています。

業務内容

ドック(脳ドック、乳腺ドック)

生活習慣病検診は一年を通じて、原爆検診およびその他の検診については時期を定めて行っていましたが、協会健保検診、その他の検診においては、平成28年9月をもって終了となり、原爆検診のみ継続しています。一般向けに脳ドック、乳腺ドックを継続しています。

病気の予防・早期発見のため、ぜひ受診してください。

詳細は「ドックのご案内」をご覧ください。

原爆検診(原子爆弾被爆者健康診断)

  • 一般検診
    • 身体検査、内科医師による診察、尿検査、血液検査(一般血液・生化学検査)
  • がん検診
    • 身体検査、内科医師による診察、尿検査、血液検査(一般血液・生化学検査)、胸部X線撮影、胃透視、乳がん・子宮がん検査(女性のみ)