文字サイズ

緩和ケアセンター

緩和ケアセンターとは

緩和ケアセンターは、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、緩和ケア病棟等を有機的に統合する機能を備えた組織です。

滋賀県立総合病院の患者さんのみならず地域の患者さんも対象にして、様々な職種が参画している緩和ケアチームのメンバーが中心となり、専門的緩和ケアを提供します。

緩和ケアセンターの機能

パンフレット等

主な機能

  • がん関連の認定看護師によるがん看護カウンセリング(がん看護外来)の実施
  • 患者さんやその家族の苦痛にかんする情報を共有するために看護カンファレンスを実施
  • 緊急緩和ケア病床を確保し、かかりつけ患者や連携協力している地域医療機関からの紹介患者を対象に、緊急入院体制を整備
  • 地域医療機関等と協働し、緩和ケアに関するカンファレンス等を開催
  • 地域医療機関等と患者の診療情報に係る相談等の連絡体制の整備
  • がん相談支援センターと連携を図り、がん患者さんやその家族に対して、緩和ケアに関する高次の相談体制を整備
  • 院内の医療従事者に対して緩和ケアに関する研修会等を実施

スタッフ

センター長(副院長)

山本 秀和

副センター長(ジェネラルマネージャー)

辻森 弘容(緩和ケア認定看護師)

看護師

冨永 千鶴(緩和ケア認定看護師)

笹田 彩(緩和ケア認定看護師)

関連メディカルスタッフ

花木 宏治 (緩和ケア科科長)

川嶋 信吾 (緩和ケア科部長)

岡林 亜紀(精神科科長)

美濃部 奈都(薬剤部主査)

認定がん専門相談員

岡村 理(医療ソーシャルワーカー)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。