宗教上の理由で輸血拒否される患者さんへ

滋賀県立総合病院では、宗教上の理由による輸血拒否に対して次のとおり対応いたします。

  1. 患者さんの意思を尊重し無輸血治療の努力をします。
  2. しかし、救命のために輸血が必要な場合は輸血を行います(相対的無輸血*1の方針)。
  3. 輸血拒否兼免責証明書*2には署名しません。

*1相対的無輸血
患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、輸血以外に救命手段がない事態に至った時は輸血を行う。

*2輸血拒否兼免責証明書
患者さんが、「輸血により生命の危険が回避できる可能性がある場合でも輸血を拒否し、その結果、患者さんに生命や健康上の不利益が生じても、担当医を含む関係医療従事者および当院に対して一切の責任を問わない」ことを証明するもの。