放射線治療

放射線治療とは

1

放射線治療は手術療法や化学療法と並び、がんの3大療法の1つです。近年、その治療技術の進歩はめざましく、副作用の少ない効果的な放射線治療がどんどん開発されてきています。その結果、従来は手術が標準的な治療法であったがんについても、放射線治療が有力な治療法になるなど、放射線治療を受けるがん患者さんが増加しています。

現在当院では、強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療、小線源放射線治療を実施しています。

がん診療拠点病院としての放射線治療の重要性

2

放射線治療はがん診療の中で非常に大きな役割を果たしていますが、高額な機器が必要で、かつ高度な技術を持つ専門的な人材が管理する必要があります。装置・人材がともに揃っていない状況では、 適切な治療が行われなかったり大きな事故が起こったりする結果になります。

当院のようながん診療拠点病院の放射線治療資源は、 放射線治療設備を有していない医療施設の共有財産と考えております。地域の皆様には是非有効活用して頂きたいと思います。

更に、有効な放射線治療を行う為には適切な治療時期を逸しないことが重要です。放射線治療の可能性のある患者さんについては、早めにご相談頂ければ幸いです。

放射線治療に関わる人たち

3

医師
患者さんの診察所見や検査結果をもとに、放射線治療の方針を決定します。治療期間中、治療終了後も定期的に患者さんを診察します。

看護師
治療期間を通して、病気、治療に伴う心配やさまざまな生活上の問題について看護相談を行っています。

診療放射線技師
医師によって決定された治療方針に従い、患部に正確に放射線を照射します。事前の線量測定や日々の危機管理を担当しています。

医学物理士
主に高精度放射線治療において、放射線治療の照射方法を考えます。また、放射線治療装置、関連機器の精度管理を担当しています。

当院での放射線治療

代表的治療疾患

肺癌・頭頸部癌・乳癌・食道癌・子宮頸癌・転移性骨腫瘍・転移性脳腫瘍

強度変調放射線治療(IMRT)

多方向から強さや形の異なる放射線を癌に集中させ、正常組織の線量を減らす工夫をした治療法です。
○対象疾患前立腺癌・頭頸部癌など

定位放射線治療(SRS・SRT)

小さな領域に対して細い高エネルギーの放射線を用い、線量を集中的に照射する方法です。
○ 対象疾患脳腫瘍・肺癌・聴神経鞘腫など

ストロンチウム治療

がんの骨転移による痛みを和らげるために行われる治療です。メタストロン注(塩化ストロンチウム)は、カルシウムと同じように骨に集まりやすい物質で、骨転移部に長く留まりその放射線によって痛みを和らげます。

勉強会

放射線治療勉強会 毎月第1,第3火曜日(18時00分-19時00分)

医療機関からの参加も受け付けます。

実績

  • 実績:滋賀県立総合病院放射線治療科(滋賀県立総合病院ウェブサイトへのリンク)