滋賀県がん診療連携協議会会長あいさつ

日本の死亡率の第一位は、がんであり、年間30万人以上の人が亡くなっておられ、本県でも全死因の約3割、年間3千人以上もの県民の方が、がんで亡くなられておられます。
こうした大変厳しい状況の中、国では「がん対策推進基本計画」において、(1)10年以内にがんによる75歳未満の年齢調整死亡率を20%減少させる、(2)すべてのがん患者及びその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の向上、という目標が立てられ、滋賀県においてもがん対策の取組が始まっております。
しかしながら、これらの目標は、一部の医療関係者のみの努力だけで実現できるものではありません。目標を実現させるためには、滋賀県内のがん医療に携わる全ての医療関係者が結集し、互いに協力し合うことのできる、がん診療の連携協力体制の構築が不可欠です。
そうしたことを背景に、県内のがん診療連携拠点病院と医療関係団体、患者会と協力し、がん診療連携を推進していくための組織である、「滋賀県がん診療連携協議会」を平成21年3月に設置いたしました。
今後、この協議会の活動を通じて、がん医療の向上と均てん化を図り、県民の皆さんが滋賀県において、どこの病院でも安心して納得のいくがん医療を受けられるように取り組んでまいりたいと考えております。
なお、この協議会には、医療関係者の他にがん患者さんや患者家族の方からも参画いただいており、開かれた協議会として活動しております。
今後、協議会の活動状況をこのホームページ等を通じて広く提供させていただきますので、ご覧いただきますとともに、ご意見、ご提言など賜りましたら幸いです。

お問い合わせ
nb01105@pref.shiga.lg.jp
電話番号:077-582-5031
FAX番号:077-582-5426
メールアドレス:nb01105@pref.shiga.lg.jp