滋賀県がん診療連携協議会について

協議会設置の趣旨と概要

 滋賀県におけるがん医療の向上と均てん化を図るとともに、がん診療の連携協力体制を構築するため、「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」(厚生労働省指針)および「滋賀県がん対策推進計画」に基づき設置されたものです。

滋賀県がん診療連携協議会は、がん診療連携拠点病院(滋賀県立総合病院、滋賀医科大学医学部附属病院、大津赤十字病院、公立甲賀病院、彦根市立病院、市立長浜病院)、がん診療病院(高島市民病院)、滋賀県医師会、滋賀県歯科医師会、滋賀県薬剤師会、滋賀県看護協会、滋賀県放射線技師会、滋賀県臨床検査技師会、滋賀県歯科衛生士会、滋賀県がん患者団体連絡協議会、滋賀県により構成される団体です。

 協議会には、企画運営委員会、相談支援部会、地域連携部会、がん登録推進部会、診療支援部会、研修推進部会、緩和ケア推進部会が設置されており、以下の事業に取り組んでいます。

  • がん診療の連携協力体制および相談支援の提供体制等についての情報交換
  • がん地域連携クリニカルパス(地域連携診療計画書)の作成等
  • セカンドオピニオンを提示する体制を有する医療機関の一覧の作成・広報
  • 院内がん登録データの分析・評価
  • がん診療連携拠点病院への診療支援を行う医師の派遣調整
  • 緩和ケアその他がん医療に係る各種研修計画の作成等

※その他詳細は、滋賀県がん診療連携協議会設置要綱、企画運営委員会運営要領、部会運営要領を参照ください。

1

<協議会の事務局運営について>

本協議会の事務局運営は、滋賀県立総合病院、滋賀医科大学医学部附属病院、大津赤十字病院が担っております。

(滋賀県立総合病院)

滋賀県がん診療連携協議会(全体)企画運営委員会、相談支援部会がん登録推進部会、緩和ケア推進部会の事務局を担当

(滋賀医科大学医学部附属病院)

診療支援部会、研修推進部会の事務局を担当

(大津赤十字病院)

地域連携部会の事務局を担当

協議会議事概要

企画運営委員会議事録

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。