文字サイズ

農福連携

「新たな農福連携の推進に向けて」

滋賀県では、農業分野における障害者の活躍の場を広げるとともに、農業と幅広い福祉(障害者、医療、高齢者、子ども食堂など)の連携による取組を「新たな農福連携」として、「誰もがいきいきと地域で暮らし、ともに働き、ともに活動する共生社会づくり」を進めています。

コロナ禍でも学べる!農福連携動画シリーズ公開中です!

滋賀県が取り組む「新たな農福連携」をはじめ、県内各地で「農福連携」を実践しておられる方々を、動画でご紹介しております。

下記アドレスからご覧ください。(動画の配信にはYouTubeを利用しています。)

https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/koho/tvshiga/317574.html

令和3年度「農福連携トライアル事業支援補助金」

農業者と福祉事業者等が協働して実施する農福連携の取組を支援します。

詳細は本リンクからご覧ください。

令和2年度農福連携調査研究業務を行いました。実施結果を公開しています。

滋賀県では、農福連携の取組として「農業分野」と「福祉分野」の相互の理解を深め、ともに働き、活動し「地域で誰もがいきいきと暮らせる共生社会」を目指した取組を進めることとしています。

そこで、本県の「農福連携の推進方策(ワンストップ窓口の設置等を含む)」を定めていくことを目的として、県内の農福連携の取組実態や県内関係者のニーズ等ついての調査・研究を実施しました。(業務委託先:NPO法人HUB’s/令和2年度農山漁村振興交付金を活用)

「しがの農×福ネットワーク」参加者募集中!

「しがの農×福ネットワーク」とは?

では、農業・農村に活気あり障害のある人もない人もともに働きながらいきいきと地域で暮らし、活動できる共生社会を目指しています。 

「しがの農×福ネットワーク」では、「農連携」に関心のある個人、グループ、民間団体、企業、大学、研究機関、行政機関などが、それぞれが持つ農連携に関する情報の発信や啓発、意見交換、参加者どうしの農福連携の取組の支援などを行うことにより、滋賀の農福連携の取組を推進するネットワークです。

農業や農作業の持つ多面的機能に着目し、障害者や医療現場、高齢者、子どもなど様々な分野で取組を行われているみなさまに参画いただき、農業と福祉の連携により、双方の分野の課題を解決し、「農業」「農作業」をツールとした共生社会を実現していきます。

どんな活動をするの?

■ 農福連携の取組事例の紹介や情報交換を行うフォーラム・交流会を開催します。

■ テーマを設定した意見交換会の開催やアイデアを出し合う場の設定をします。

■ 先進事例等の視察会を開催します。

■ 参加者間の農福連携の取組を支援します。

■ 農福連携に関する情報の収集を行います。

申し込み方法は・・・

その他詳細は下記のチラシにて御確認ください。

申し込みにあたっては、参加申込書に必要事項を記入いただき、E-mailFAXまたは郵送にて送付ください。

ネットワークに参画いただいている皆さま(令和3年11月18日時点)

下の添付ファイルから、御参加いただいている団体等の名称や活動概要をご覧いただけます。

既に掲載されている方で、情報に更新がある場合は、県農業経営課まで御連絡ください。

農福連携事例集

農福連携の取組の参考にしていただくため、県内で取り組まれている事例や様々な支援策等を取りまとめた事例集を発行しました。

冊子表紙

しがの農福通信の発行

農福連携の県内取組事例など様々な情報を「しがの農福通信」として発行しています。

令和3年度

平成30年度~令和2年度

滋賀県働く障害者を応援する農福連携モデル事業所認定制度の創設

滋賀県では、農福連携に積極的に取り組む好事例を周知し、農福連携にかかる取組を広めていくことを目的として、平成30年8月に「滋賀県働く障害者を応援する農福連携モデル事業所認定制度」を新たに創設しました。

詳細は本リンクからご覧ください。

お問い合わせ
滋賀県農政水産部農業経営課
電話番号:077-528-3831
FAX番号:077-528-4882
メールアドレス:noufuku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。