文字サイズ

大津・南部地域普及活動実績集(平成30年度)

はじめに

 本県の農業・農村は農業者の高齢化、農家戸数の減少、耕作放棄地の増加、農産物価格の低迷、生産コストの増大など依然として厳しい状況にあります。
 また、少子高齢化に伴い、本県の主要な農産物である米の消費が一層減少してきており、新たな需要の開拓と需要に即した米生産が求められています。
 さらに、今年度は、昨年度に引き続き、秋に非常に大型の台風の襲来により、施設園芸において、パイプハウスの倒壊など甚大な被害を受け、その復旧と生産力の回復に向けて、課題が山積しています。
 このような状況のなか、本県農業を持続可能なものにするため、県では平成28年3月に「滋賀県農業・水産業基本計画」を策定し、目指す姿を「産業振興」、「地域づくり」、「環境配慮」の3つの視点でとらえ、力強い農業の実現、活力ある農村の振興、環境に配慮した農業の展開を目指して取り組んでいるところです。
 当課においても「滋賀県協同農業普及事業の実施に関する方針」に基づき、農業の持続的な発展や農村の振興を図るため、担い手育成(人づくり)、産地の育成・強化(産地づくり)、魅力ある農業・農村創出(地域づくり)の3つの課題に対して、普及活動の基本である、現場で直接農業者に接することにより、地域のモデルを育成し、波及させる活動を関係機関の皆さんとともに進めてきました。
 この実績集は、普及活動や関係機関や団体等と連携して取り組んだ1年間の活動成果をまとめたものであり、今後の農業・農村を振興するための資料として活用いただければ幸いです。
 今後も、大津・南部地域の特性を活かし、時代の要請と地域のニーズに対応した普及活動を進めて参りますので、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

  平成31年(2019年)3月

  滋賀県大津・南部農業農村振興事務所

 農産普及課長 榎木秀和

【目次】

普及活動成果事例

1.担い手(農業者)育成に関する支援 ~産地づくり~

(1)競争力のある担い手の育成

(2)担い手を支える集落の仕組みづくり

(3)新規就農者の確保・育成

2.産地の育成・強化に関する支援 ~産地づくり~

(1)米・麦・大豆の産地づくり

(2)多様な園芸産地の育成

3.魅力ある農業・農村創出に関する支援 ~地域づくり~

(1)地域資源を活かした魅力ある農村の創出

(2)集落ぐるみによる野生獣被害の軽減

その他
お問い合わせ
滋賀県大津・南部農業農村振興事務所農産普及課
電話番号:077-567-5412
FAX番号:077-562-8144
メールアドレス:ga35@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。