文字サイズ

小児接種の基本的な情報について(5歳から11歳)

目的

5歳から11歳のお子様が新型コロナウイルス感染症に感染した場合の中等症や重症例の割合は少ないものの、オミクロン株の流行に伴い新規感染者が増加する中で、重症に至る症例数が増加傾向にあること等が報告されています。基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。

また、初回接種(1・2回目)による発症予防効果は時間の経過とともに低下しますが、追加接種(3回目)により効果が回復するとともに、オミクロン株に対する中和抗体価が上昇したことが報告されています。

これらのことから、5歳から11歳のお子様を対象に、ワクチン接種を進めることとされました。

接種の対象

日本国内に住民登録のある5歳から11歳の方です。(国籍は問いません)
※接種を受ける際には、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

接種費用

無料(全額公費)

接種するワクチンと回数・間隔等

初回接種(1・2回目接種)
  • ファイザー社の小児用新型コロナワクチンを使用します。12歳以上で使用するワクチンとは別製剤です。
  • 通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
  • 接種対象年齢は、接種する日の年齢です。小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳で2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用新型コロナワクチンを使用します。
3回目接種
  • 2回目接種後5カ月以上の間隔を空けて、1回接種します。
  • 3回目接種で使用するワクチンは、1・2回目と同じものを同じ量接種します。
  • なお、2回目の接種時に11歳で、3回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、3回目は12歳以上で使用するワクチンを接種します。

「コミナティ筋注5~11歳用添付文書」※医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページへ

ワクチンの有効期限について

ファイザー社ワクチンの有効期間については、薬事上の手続きを経て有効期間が延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。詳しくは厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて」をご覧ください。

他のワクチンとの接種間隔について
  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同時に受けることができます。
  • 前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と2週間以上の間隔を空けてください。

接種場所

  • 原則として、住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。市町からのお知らせ等をよくお読みいただき、接種可能な会場をご確認の上、ご予約をお願いします。
  • なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない方は、大人の場合と同様に、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、市町からのお知らせをご覧ください。

努力義務の適用について

  • オミクロン株流行下でのワクチンの有効性や安全性に関する新たな知見をふまえ、令和4年9月6日から、5歳から11歳のお子さまにワクチンを受けていただけるよう、ご本人とその保護者の方に努めていただくことになりました。
  • 「努力義務」は「接種義務」ではありませんので、接種を強制するものではなく、あくまでも、お子さまご本人とその保護者の方が納得していただいたうえで、接種をご判断いただくものです。

滋賀県リーフレット

小児接種チラシ

その他詳しい内容について

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。