文字サイズ

新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬を取り扱う医療機関等について

経口抗ウイルス薬とは、新型コロナウイルス感染症患者に投与できる治療薬(飲み薬)のことです。

令和3年12月24日に経口抗ウイルス薬「モルヌピラビル」(販売名:ラゲブリオ®カプセル200mg。以下「ラゲブリオ」という。)が、令和4年2月10日に経口抗ウイルス薬「ニルマトレルビル/リトナビル」(販売名:パキロビッド®パック。以下「パキロビッド」という。)がそれぞれ新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認され、令和4年11月22日に経口抗ウイルス薬「エンシトレルビルフマル酸」(販売名:ゾコーバ錠125mg。以下「ゾコーバ」という。)が緊急承認されました。

現状、ラゲブリオにについては薬価収載された本剤(以下「一般流通品」という。)の一般流通が令和4年9月16日より開始されたため、医療機関および薬局において、通常の医薬品と同様、卸売販売業者を通じて購入可能となっています。パキロビッドおよびゾコーバについては安定的な供給が難しいことから、供給が安定するまでの間、国において買い上げ、治療を行う医療機関および調剤に対応する薬局(パキロビッド対応薬局およびゾコーバ対応薬局)に無償で提供されています。

経口抗ウイルス薬の処方方法

ラゲブリオおよびパキロビッドは新型コロナウイルス感染症の患者のうち重症化リスク因子のある軽症~中等症の患者に、ゾコーバは重症化リスク因子のない軽症~中等症の患者を対象にそれぞれ投与が想定されています。

医師が処方箋を対応薬局等に送付し、薬局は患者の自宅等に配送することで処方されます。

投与対象となる方

現在承認されている経口抗ウイルス薬の投与の対象となるのは、次の条件を満たす場合で、医師が必要と判断した方です。患者の方すべてに投与できるわけではありません。

【ラゲブリオ】

・18歳以上

・妊婦又は妊娠している可能性がない

・重症化リスク因子(※)を有する

(※)日本感染症学会の「COVID-19に対する薬物治療の考え方 第15版」(2022年11月22日)に示される以下の記載等が想定されます。

61 歳以上、活動性の癌(免疫抑制又は高い死亡率を伴わない癌は除く)、慢性腎臓病、慢性閉塞肺疾患、肥満(BMI 30kg/m2 以上)、重篤な心疾患(心不全、冠動脈疾患又は心筋症)、糖尿病、ダウン症、脳神経疾患(多発性硬化症、ハンチントン病、重症筋無力症等)、コントロール不良のHIV感染症およびAIDS、肝硬変等の重度の肝臓疾患、臓器移植後、骨髄移植、幹細胞移植後
(詳しくは、令和3年12月24日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部および同省医薬・生活衛生局総務課事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)」(令和4年8月15日最終改正)をご参照ください。)

【パキロビッド】

・成人および12歳以上かつ体重40kg以上の小児
(腎機能または肝機能障害のある患者で、コルヒチンを投与中の患者を除く)

・重症化リスク因子(※)を有する

(※)日本感染症学会の「COVID-19に対する薬物治療の考え方 第15版」(2022年11月22日) に示される以下の記載等が想定されます。

60歳以上、BMI 25kg/m2 超、喫煙者(過去30日以内の喫煙があり、かつ生涯に100本以上の喫煙がある)、免疫抑制疾患又は免疫抑制剤の継続投与、慢性肺疾患(喘息は、処方薬の連日投与を要する場合のみ)、高血圧、心血管系疾患(心筋梗塞、脳卒中、一過性脳虚血発作、心不全、ニトログリセリンが処方された狭心症、冠動脈バイパス術、経皮的冠動脈形成術、頚動脈内膜剥離術又は大動脈バイパス術の既往を有する)、1型又は2型糖尿病、慢性腎臓病、鎌状赤血球症、神経発達障害(脳性麻痺、ダウン症候群等)又は医学的複雑性を付与するその他の疾患(遺伝性疾患、メタボリックシンドローム、重度の先天異常等)、限局性皮膚がんを除く活動性の癌、医療技術への依存(SARS-CoV-2 による感染症と無関係な持続陽圧呼吸療法等)
(詳しくは、令和4年2月10日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部および同省医薬・生活衛生局総務課事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の医療機関及び薬局への配分について(別紙及び質疑応答集の修正)」(令和4年12月23日最終改正)をご参照ください。)

【ゾコーバ】

・成人および12歳以上の小児
(腎機能または肝機能障害のある患者でコルヒチンを投与中の患者、妊婦または妊娠している可能性のある女性を除く)

(詳しくは、令和4年11月22日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部および同省医薬・生活衛生局総務課事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ゾコーバ錠125mg)の医療機関及び薬局への配分について」(令和5年1月17日最終改正)をご参照ください。)

経口抗ウイルス薬の処方が可能な医療機関

滋賀県では、診療・検査医療機関や関係団体等に経口抗ウイルス薬の処方にかかる登録を周知しています。

パキロビッドを処方する医療機関は、ファイザー株式会社が開設する「パキロビッド登録センター」に、ゾコーバを処方する医療機関は塩野義製薬株式会社が開設する「ゾコーバ登録センター」にそれぞれ登録する必要があります。
※ゾコーバを処方する医療機関は、都道府県で取りまとめて厚生労働省に報告しています。(手続きに関するページはこちらをご覧ください。)

経口抗ウイルス薬の処方が可能な医療機関の一覧は、次のファイルをご確認ください。

(以下の一覧は、当該センターにそれぞれ登録が完了した医療機関であり、登録された情報をそのまま掲載しています。公表に同意が得られていない医療機関は掲載していません。)


MSD株式会社が開設する「ラゲブリオ登録センター」に令和4年9月15日時点で登録のありました医療機関の一覧は、次のファイルをご参照ください。

※ラゲブリオの一般流通品は令和4年9月16日以降、通常の医薬品と同様に取扱いが可能となっておりますことから、一覧にない医療機関においても本剤の取扱いは可能となっています。

経口抗ウイルス薬の調剤を行う薬局

経口抗ウイルス薬の調剤に対応する薬局は、都道府県で取りまとめて厚生労働省に報告しています。

パキロビッド対応薬局およびゾコーバ対応薬局の一覧は、次のファイルをご確認ください。

なお、実際に経口抗ウイルス薬を発注し在庫を保有しているかどうかは、薬局によって異なります。経口抗ウイルス薬の在庫を保有している薬局リストではないことにご留意ください。

また、経口抗ウイルス薬は医師が処方箋を発行し薬局に直接送付することで処方されるものですので、県民の皆様からの個別の薬局へのお問い合わせはご遠慮ください。


厚生労働省事務連絡に基づき、ラゲブリオの配分を受けられる薬局として選定しリスト化した薬局(以下、「ラゲブリオ対応薬局」という)の、令和4年9月15日時点の一覧は、次のファイルをご参照ください。

※ラゲブリオの一般流通品は令和4年9月16日以降、通常の医薬品と同様に取扱いが可能となっておりますことから、一覧にない薬局においても本剤の取扱いは可能となっています。


※パキロビッド対応薬局については、こちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(パキロビッドパック)の調剤に対応する薬局について

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kenkouiryouhukushi/yakuzi/326470.html

※ゾコーバ対応薬局については、こちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(ゾコーバ錠)の調剤に対応する薬局について

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kenkouiryouhukushi/yakuzi/329044.html

お問い合わせ先

(医療機関に関すること)

健康医療福祉部 感染症対策課

電話番号:077-528-3620

FAX番号:077-528-4866

メールアドレス:coronataisaku8@pref.shiga.lg.jp

(薬局に関すること)

健康医療福祉部 薬務課

電話番号:077-528-3634

FAX番号:077-528-4863

メールアドレス:yakumu@pref.shiga.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。