文字サイズ

ワクチンの基本的な情報について(初回接種・12歳以上)

目的

このワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症に係る死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図るために実施するものです。

※初回接種(1・2回目)について掲載しています。

接種回数

2回

※追加接種は1回

接種費用

無料(全額公費)

国内で接種できるワクチン(接種対象年齢)

■ファイザー社製ワクチン(12歳以上の方)

「ファイザー社のワクチンについて」厚生労働省ホームページ

説明書(コミナティ筋注添付文書) ※医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページへ

■武田/モデルナ社ワクチン(12歳以上の方)

「武田/モデルナ社のワクチンについて」厚生労働省ホームページ

説明書(COVID-19ワクチンモデルナ筋注添付文書 ※医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページへ

■アストラゼネカ社製ワクチン(原則40歳以上の方)

「アストラゼネカ社のワクチンについて」厚生労働省ホームページ

説明書(バキスゼブリア筋注添付文書) ※医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページへ

ワクチンの有効期限について

ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期間については、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。

詳しくは厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて」をご覧ください。

接種場所

原則、住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場での接種となりますが、場合によっては、住所地以外でのワクチン接種も可能です。

リンク先

住所地以外での接種を希望する皆様は、こちらをご覧ください。

※職場や大規模接種会場で接種を受ける場合には、手続き不要です。

接種にあたって検討や注意が必要な方および接種を受けることができない方について

接種にあたって注意が必要な方や接種を受けることができない方がいます。

詳しくは、「新型コロナワクチンの接種にあたって検討や注意が必要な方、接種を受けることができない方について」をご覧ください。

ご自身が該当しているかもしれないと不安な方は主治医やかかりつけ医に一度ご相談ください。

 

なお、新型コロナウイルスに感染した人でも、体調が回復して接種を希望する際には、その治療内容や感染からの期間に関わらず新型コロナワクチンを接種することができます。

詳しくは、厚生労働省Q&Aをご覧ください。

その他詳しい内容について

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。