文字サイズ

住所地外での接種を希望する方へ

※実際に手続き等を行う際は、ご自身の接種順位が近づいた際に、接種を希望する市町にご確認ください。

1_住所地外での接種が可能である方

・入院、入所している方

・基礎疾患をもち、主治医の下で接種を希望する方

・副反応のリスクが高い等により、体制の整った医療機関での接種を必要とする方new

・お住まいの市町以外にある医療機関からの往診により在宅で接種を受ける方new

・災害による被害にあった方

・拘留または拘置されている方、受刑中の方

・出産のために里帰りをしている妊産婦の方

・単身赴任中の方

・遠隔地へ下宿している在学中の方

・DV、ストーカー行為の被害や児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害を受けている、または受けた方

・その他、市町長がやむを得ない事情があると認める方

2_市町への届出について

住所地外で接種を希望される場合は、一部を除いて、原則、接種を行う市町に対し、事前に「住所地外接種届」を提出する必要がありますが、やむを得ない事情がある場合は、届出を省略することができます。

届出を省略できる方については、「3_市町への届出を省略できる方」をご覧ください。

申請は、3つの方法で行うことができます。

いずれの申請であっても、申請受理後、「住所地外接種届出済証」が発行されますので、これを持って予約した接種日当日に接種会場へ向かってください。

申請方法

【郵送申請】 

「(様式1)住所地外接種届」に必要事項を記載の上、「接種券の写し」と「返信用封筒」を添付して、接種を受ける医療機関等がある市町の窓口あて郵送します。

【窓口申請】 

 接種を受ける医療機関等がある市町の窓口に、必要事項を記載した「(様式1)住所地外接種届」と「接種券(または接種券の写し)」を提出します。

【WEB申請】

コロナワクチンナビ上で必要事項を入力します。

※詳しくは、「コロナワクチンナビでの申請方法」をご覧ください。

3_市町への届出を省略できる方

次の方は、接種を受ける際に、医師に申告を行う等により届出を省略することができます。

・入院、入所している方

・基礎疾患をもち、主治医の下で接種を希望する方

・副反応のリスクが高い等により、体制の整った医療機関での接種を必要とする方new

・お住まいの市町以外にある医療機関からの往診により在宅で接種を受ける方new

・災害による被害にあった方

・拘留または拘置されている方、受刑中の方

・その他、住所地外接種者であって、市町に申請を行うことが困難である方

また、医療従事者等の優先接種および高齢者施設等の従事者に係る接種についても、接種券付き予診票を用いて接種を行うため、届出なしで住所地外での接種を受けることができます。

※職域接種や県の広域職種別接種(大規模接種)については、届け出が不要です。

お問い合わせ
ワクチン接種推進室
電話番号:077-528-3693
FAX番号:077-528-4868
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。