文字サイズ

(テキスト)新型コロナウイルス感染症について、知事がお答えします(令和2年4月16日)

PCR検査について

Q:三日月知事に新型コロナウイルスについて伺います。PCR検査がなかなか受けられないという声を聞きます。滋賀県では、どんな検査態勢なのでしょうか。

A:おっしゃる通り、希望される方全てがPCR検査を受けられないという、そういったお声を私たち県にもお寄せいただいております。患者のご本人の希望ではなくて、それぞれの方の熱や咳、そういった症状を見ながら、その方々の行動歴なども関与して、保健所の医師の判断により、必要な方にPCR検査を受けて頂き、陽性か陰性か結果を出してうえで、その次の治療にあたっていただくと、こういった態勢を組んでおります。陰性かどうか確認したいという思いは分かるんですけれども、そういった陰性証明のための検査は行っておりませんので、ご理解をいただければと思います。

Q:滋賀県では1日にどれくらいの検査ができるのでしょうか。

A:県の衛生化学センターにおきまして、1回につき30検体、それらを2回転、1日に60検体のPCR検査を行っております。ただ検体の検査を機械で回せばいいということだけではなくて、その前の処理をしっかりと間違いなく適正に行う必要がありますので、この態勢はしっかりと守っていきたいと思います。

 やはり大切なことはPCR、必要な検査は適正かつ迅速に行っていくことが重要だと思います。また、この結果につきましてはホームページで結果が分かり次第、公開させていただいておりますので、見ていただけたらと思いますし、不安だという方々につきましては、帰国者・接触者相談センターの電話連絡先がございます。「こういう症状があるんだ」でも、また「こういう不安があるんだけども」ということにつきましても、遠慮なくご相談をいただければと思います。

動画配信についてのお問い合わせ
知事公室 広報課 広報係
電話番号:077-528-3041
FAX番号:077-528-4803
メールアドレス:koho@pref.shiga.lg.jp