文字サイズ

新型コロナウイルス感染症患者の死亡について(令和2年4月15日)

今日は残念なお知らせをしなければいけません。

昨夜、4月14日の夜、県内の医療機関に入院されていた新型コロナウィルス感染症患者、60歳代の男性が1名お亡くなりになりました。心からお悔やみを申し上げたいと思います。また、現在、入院・治療されている方々も、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

現在、現場で懸命に治療、介護、相談に当たられている方々、私たち県民の生命、生活のために仕事をしていただいている方々に、心から感謝いたします。こういう時だからこそ、お互いに思いやる心がけ、またひとりひとりが日々の一つ一つの行動を考え見直すことが大切だと思いますので、皆さまがたになお一層、今日申し上げることについてお願いをしたいと思います。

3つ申し上げます。

1) 1つ目は、外出を自粛してください。もちろん必要な通院や買い物等あろうかと思いますが、聞いておりますと、県内のお店等にも、家族仲間そろって大勢の買い物に来るようなこともあるようでして、回数を減らす、行く人数を減らすといったこともあわせて改めてお願いをしたいと思います。

2) 職場への通勤回数についても、減らしていただく、テレワーク、在宅勤務、ならびにどうしても出なければならないときの時差出勤についても改めてお願いをいたします。できる限り人との交わりを減らしていく取り組みをお願いいたします。

3) 3つ目は、繰り返し申し上げております「3密」「3つの密」の徹底回避です。「密閉」「密集」「密接」を避けてください。特に、接客を伴うお店への出入り、ご利用は控えてください。改めてお願いをいたします。

特に、基礎疾患をお持ちの方、糖尿病の方、呼吸器に病気のある方、心臓の悪い方、また妊婦の皆さま、こういった方々については、発熱がないか日々ご注意いただき、外出を控えていただき、どうしてもお出かけになる場合でも、先ほど申し上げた3つの密を徹底的に避ける努力をお願いいたします。

連日お知らせしていることに加えて、こういった事態に不安を感じておられる方も以前にも増して多いのではないかと思いますが、県としましても、市や町、関係機関の皆さまとしっかりと連携しながら、患者の重症度に応じた病床確保、医療資材の確保、宿泊医療施設の運用、PCR検査等体制の充実など、医療提供体制の強化に取り組んでまいりますので、ぜひ皆様がたのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

繰り返しになりますが、私たち一人ひとりがそれぞれ自身を守るため、大切な人を守るために、私たちがいま一緒に生きている社会を守るために、より一層の感染拡大防止の取組にご協力賜りますことを強く呼びかけ申し上げ、私からのメッセージとさせていただきます。

令和2年4月15日

滋賀県知事三日月大造

お問い合わせ
健康医療福祉部薬務感染症対策課
電話番号:077-528-3632
FAX番号:077-528-4863
メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp