文字サイズ

平成24年度「無承認無許可医薬品等買上調査」の結果について

いわゆる健康食品については、医薬品成分を含有する製品の発見事例や医薬品成分に起因する健康被害事例が報告されています。また、違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)については、その乱用による健康被害や麻薬、覚醒剤等の乱用の契機となることが懸念されています。
このため、厚生労働省は、これら製品の流通実態の把握と取締りを行うために、市場流通品を購入し、分析を行う「無承認無許可医薬品等買上調査」を平成13 年度から実施しています。この度、
このため、厚生労働省は、これら製品の流通実態の把握と取締りを行うために、市場流通品を購入し、分析を行う「無承認無許可医薬品等買上調査」を平成13 年度から実施しています。この度、平成24 年度「無承認無許可医薬品等買上調査」(外部サイトへリンク)において、購入した313製品中、188 製品から指定薬物等が検出されましたのでお知らせします。
なお、現在のところ国内においてこれら製品による健康被害は報告されていません。

県民の皆様へ

これらの製品は、以下のような健康被害を起こす可能性がありますので、購入しないよう注意してください。また、これらの製品をお持ちの方は直ちに使用を中止して、健康被害が疑われる場合には医療機関を受診してください。
これらの製品は、指定薬物及び違法ドラッグにより、めまい、嘔吐、錯乱、衝動行動等の有害作用を発症することや、死亡に至ることもあります。

監視・取締等の対応

県では、販売停止・回収等を行わせるなどの措置を終えています。また、違法ドラッグについては、警察とも連携を図り、監視指導・取締を行っております。
今後も買上調査を継続し、流通実態の把握と指導取締りを徹底していきます。

お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課 
電話番号:077-528-3634
FAX番号:077-528-4863
メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp