文字サイズ

喀痰吸引等研修(第一号、第二号研修)

不特定多数の者に対し、施設や居宅において、介護職員等による喀痰吸引等がより安全に提供されるため、適切に喀痰吸引等の行為を行うことができる介護職員等を養成します。

「人工呼吸器装着者への喀痰吸引」および「半固形栄養剤のみの経管栄養」には対応していません。これらの修得を希望する方は、第三号研修(特定の者に対する喀痰吸引等を行うための研修)を受講してください。
(第三号研修についてはこちら。)

研修課程について

基本研修

  • 対象:特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホーム、障害者(児)施設等(医療機関を除く。)、訪問介護事業所等に就業している介護職員等
  • 定員:100名
  • 日程(予定):講義8日間(7月中旬~8月上旬)、演習3日(8月下旬~9月上旬、2クール)、筆記試験半日(9月中旬)
  • 会場(予定):県庁新館7階大会議室(講義および筆記試験)、華頂社会福祉専門学校(演習)
  • 内容:講義(50時間)、演習(3日間)、筆記試験
  • 受講料:演習実費相当額6,110円(テキスト代含む)
  • 実施機関:社会福祉法人華頂会華頂社会福祉専門学校

研修案内

注意事項

以下をご承知いただいたうえで研修をお申し込みください。

〇会場は駐車場がございませんので、公共交通機関を利用してお越しください。

〇遅刻や欠席により必要科目を修了できなければ、研修は未修了となります。

研修未修了者への補講は実施しておりません。

〇本県では、喀痰吸引等を安全に実施できる介護職員等を養成するために、確実な知識・技術の修得を目指す観点から、講義から筆記試験まで一連の課程で修了することとしています。よって、研修未修了者は、未修了の科目数に関わらず全科目を再度受け直さなければ修了となりませんのでご承知ください。

実地研修

実地研修を実施する場合、申請が必要です。詳細は「実地研修の実施てびき」をご確認ください。

注意事項

〇実施場所は、受講者が所属する(もしくは同一法人の)施設または事業所とし、訪問介護事業所においては在宅にて実施するものとしています。

〇実習指導者は、指導看護師(都道府県が実施する喀痰吸引等指導者養成研修または医療的ケア教員講習会を修了した者※)としてください。
※「特別養護老人ホームにおける看護職員と介護職員によるケア連携協働のための研修会」に基づく指導看護師は対象外

〇その他、「実地研修実施のてびき」および「確認事項チェックシート」をお読みの上、安全に実施できるよう体制を整えたうえでご申請ください。

〇遅くとも研修開始予定日の7営業日前までにご申請ください。

様式等

介護職員フォローアップ研修

喀痰吸引等の医療的ケアの質の向上を目的に実施します。

手技の確認や、関連知識に関する講義をお伝えします!現在、喀痰吸引等の業務に携わっている方はもちろん、長らく実施機会から遠のいている方はぜひともご参加ください!

  • 対象:滋賀県喀痰吸引等研修修了者(第一号、第二号研修修了者および経過措置対象者)
  • 定員:50名
  • 日時:未定(10~11月頃)
  • 研修内容:講義・演習
  • 受講料:無料
  • 実施機関:社会福祉法人華頂会華頂社会福祉専門学校

研修案内

  • 秋頃に案内開始予定です。本ページに掲載するほか、研修実施機関から各施設・事業所あて通知を送付いたします。
お問い合わせ
健康医療福祉部 医療福祉推進課 介護・福祉人材確保係
電話番号:077‐528-3597
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。