文字サイズ

ヒートショック対策について

冬場に元気だったのにお風呂場やトイレで亡くなっていたという方の話を聞いたことがありませんか?それは「ヒートショック」によるものだったかもしれません。暖かい場所から寒い場所へといった急激な温度の変化が体に影響を及ぼすのです。ヒートショックは予防できます。予防対策を取り入れて健康で安全な生活を送ってください。

ヒートショックとは

  • ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することによって、失神したり心筋梗塞や脳卒中といった血管の病気などを引き起こす健康被害のことです。
  • あたたかい部屋から寒いトイレや浴室に移動すると、身体が温度変化にさらされて、血圧が変化し、失神や不整脈、脳卒中や心筋梗塞を起こし、入浴中の溺死や急死につながることもあります。
  • 特に冬場や入浴時は、ヒートショックが起こりやすいので注意と予防が必要です。

ヒートショックを起こす危険性が高い人

(表)
高齢者 元気な方でも、生理機能の低下により、体温維持や血圧の変動を起こしやすい状態です。
高血圧の方 血圧の急激な上下変動(乱高下)による低血圧が起きやすく、意識障害を起こす危険性があります。
糖尿病、脂質異常症の方 動脈硬化による血管の機能低下と余分なコレステロールなどが血管壁にたまっているため、高血圧や脳卒中、心筋梗塞を起こす危険性があります。

東京都健康長寿医療センター「冬場の住居内の温度管理と健康について」*1

入浴時は特に注意

  • ヒートショックは、身体全体が露出する入浴時に多く発生しています。
  • 住宅内においても暖房をしていない脱衣室や浴室では、室温が10度以下になることもめずらしくはありません。寒い脱衣室で服を脱ぐと、急激に身体表面全体の温度が10度程度下がります。すると私たちの身体は寒冷刺激によって血圧が急激に上がります。この血圧上昇が、心筋梗塞、脳卒中を起こす原因の一つと言われています。さらに、お湯につかると血管が拡張し、急激に血圧が下がり、入浴後に着衣する場所が寒いとまた血圧が上昇するなど、血圧が乱高下しています。
  • 浴槽内で失神すると、溺れて亡くなることもあるので注意が必要です。
taisou

●入浴時の死亡事故の状況

  • 入浴中の死亡事故の数は、年間19,000人(推計)
  • 入浴事故のほとんどが浴槽内で起きています。
  • 家庭での浴槽での溺死者の数、この10年間で約1.7倍に増加 しています。(図1)
  • 家庭での浴槽の溺死者のうち、9割が65歳以上の高齢者です
  • 11月から3月の冬の寒い時期に死亡事故が多いことが知られています。(表1)
heat1

(消費者庁HP News Releaseより*3)

表1 東京都23区における入浴中の死亡者の平均件数と1日あたりの平均件数*2

kansatu

(東京都福祉保健局東京都監察医務院ホームページに公開されている平成24年~28年度5年間データより)

〇ヒートショックをふせぐには

(表)
1 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。 温度の急激な変化を避けるため、入浴前に脱衣所や浴室を暖房器具で暖めることが効果的。窓まわりは熱が逃げやすいので内窓を設置するなども効果があります。 /浴槽のお湯を入れる際、高い位置からシャワーで給湯すると、蒸気で浴室全体が暖まります。自動給湯の場合は、最後の5分をシャワーで給湯するだけでも効果があります。
2 お湯の温度は、41度以下で浸かる時間は10分をめやすにしましょう。 10分間の入浴で体温は38度になり、熱いお湯ほど体温は早く上昇します。体温が高くなると、意識障害を起こし、浴槽から出られなくなるなど溺水やショックによる心停止の危険性があるとの報告があります。*2/半身浴でも長時間入浴すれば、体温が上昇するので気をつけましょう。
3 食事直後・飲酒時の入浴を控える 食事直後や飲酒時、薬物(睡眠薬など)の服用後は、血圧が下がり、意識障害が起こる可能性があります。溺水やショックによる心停止の危険性があるので注意しましょう。
4 夕食・日没前の入浴(午後2~4時ころがおすすめ) 日没後に比べて外気温が高いため、脱衣所や浴室がそれほど冷え込まないことに加え、人の生理機能として、2時~4時が温度差への適応がしやすい時間帯とされています。
5 一人での入浴を控える 異変の発見の遅れが死亡事故につながることがあります。可能な場合は、家族の見守りのある時間や公衆浴場などを活用し、一人での入浴を控えましょう。また、家族に一言声をかけてから入浴したり、家族等が定期的に声をかけるようにしましょう。

ヒートショックの状態になってしまったときの対応は

  • 浴槽の中で気を失っていたら、まず浴槽の湯を抜いて浴槽から引きあげてください(人手がない場合は、お湯を抜いて救急車を呼んでください)
  • 呼びかけて、意識がない場合や呼吸が弱い場合は救急車を呼んでください
  • 救急車を待っている間、脈や呼吸が確認できない場合は、応急処置(胸骨圧迫・人工呼吸)をできる限り続けてください
  • 意識があっても、ろれつが回らない、体の一部でも力が入らない、頭や胸に痛みがあるなど症状がある場合は迷わずに救急車を呼んでください

ヒートショック予報(日本気象協会)

一般社団法人日本気象協会と東京ガス株式会社で共同開発された「ヒートショック予報」が2017年10月から日本気象協会で開始されました。「ヒートショックの危険の目安」を知らせる情報です。標準的な戸建て住宅を想定して、冬季の気温の予報から屋内で生じる冷え込みや温度差の程度を推定して3ランク(警戒・注意・油断禁物)と5種類のマーク(冷え込み警戒・気温差警戒・警戒・注意・油断禁物)で表示しています。

滋賀県のヒートショック予報(日本気象協会リンク)(外部サイトへリンク)

(参考資料)

*1東京都健康長寿医療センター「冬場の住居内の温度管理と健康について」「わが国における入浴中心肺停止状態(CPA)発生の実態-47都道府県の救急搬送事例9360件の分析-」

*2厚生労働科学研究「入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究」 平成25年度総括・分担研究報告書研究代表者 堀進悟

*3消費者庁News Release「冬場に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!」

お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部健康寿命推進課
電話番号:077-528-3655
FAX番号:077-528-4857
メールアドレス:eg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。