文字サイズ

新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について

滋賀県では新型コロナウイルス感染症の重症者等に対する十分な医療提供体制の確保のため、新型コロナウイルスに関する検査結果が陽性であっても、症状がない方・医学的に症状の軽い方には、医療機関への入院ではなく、宿泊療養施設での療養を行っていただく場合があります。宿泊療養施設での療養期間中は、常駐する医療従事者が健康観察を行いますのでご安心ください。

入所時の持ち物、準備物については下記をご覧ください。

宿泊療養の証明書について

 保険会社等から宿泊療養にかかる証明書が求められた場合、県感染症対策課から宿泊療養証明書を発行させていただきます。入所時にお渡ししている資料もしくは下記PDF「新型コロナウイルス感染症にかかる宿泊療養証明願」に必要事項をすべて記載いただき、244円切手を貼った返信用封筒(長3)とともに、県感染症対策課まで郵送にてご提出ください。その際、保険会社等から様式の指定があった場合は、併せて県感染症対策課まで送付をお願いいたします。証明書は特定記録郵便で返送させていただきます。ご提出いただいた書類に不備等がありましたら、確認の電話をおかけすることがございます。

○よくあるご質問

 Q.宿泊療養にかかる期間の考え方は?

A.滋賀県が療養施設の調整を行った日から退所日までです。なお、療養施設に入らず自宅療養を選択された方の証明につきましては、在住の保健所までお問い合わせください。また、病院で治療を受けられた方は、各病院に依頼をお願いいたします。

 

 Q.保険会社から指定の様式があった場合はどのようにすればよいか?

A.指定の様式に氏名、生年月日、年齢、療養施設名をご記入いただき送付をお願いいたします。発症日等につきましては、県で記入いたします。

 

 Q. 「新型コロナウイルス感染症にかかる宿泊療養証明願」の申請者は療養者と同一でないといけないのか?

A.基本的には申請者と同名ですが、保護者等が代わりに申請される場合はその限りではありません。

 

 Q.複数枚ほしい場合はどうすればよいか?

A.付箋等で希望枚数をお伝えください。なお、4枚以上必要な場合、返信用の切手の代金が変わる可能性がございますので、郵便局等で重量をご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 Q.労災の申請書類の医師の証明欄は書いてもらえないのか?

A.医療機関ではないので医師の証明はできません。

 

 Q.切手を貼り忘れた / 返信時の金額が足りない

A.県から足りない旨をご連絡いたしますので、大変お手数ですが切手のみ送付をお願いいたします。

 

 Q.返信用封筒を入れ忘れた

A.切手同様、再送を依頼させていただきます。

お問い合わせ
健康医療福祉部 感染症対策課 医療調整係
電話番号:077-528-3582
FAX番号:077-528-4866
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。