文字サイズ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための「宅地建物取引業」および「宅地建物取引士」に係る申請等の手続き

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、当面の間「宅地建物取引業」および「宅地建物取引士」に係る申請等の手続きについて、下記のとおりとしますのでご協力いただきますようお願いいたします。

【県庁窓口にて提出をお願いするもの】

宅地建物取引業免許申請(新規・更新)

※窓口での混雑を避けるため、予約制とさせていただきますので、来庁希望日時(日付と午前・午後)を、事前にご連絡ください。

【郵送にて提出をお願いするもの】

1.宅地建物取引業の変更届等(新規・更新を除くその他申請)

2.宅地建物取引士に係る全ての申請・届出

3.宅地建物取引業法第50条2項の届出

※返送を要する場合(以下にあてはまる場合)は、返送に必要な金額の切手を添付した封筒を同封してください。

(1)申請書(届出書)の控えが必要な場合
(2)合格証書原本を郵送する場合(取引士登録申請等)
(3)従業者証明書原本を郵送する場合(取引士登録申請等)
(4)取引士証の交付申請(書換・再交付含む)を行う場合
(5)宅建業免許証の交付(書換・再交付含む)を行う場合

※(2)~(5)に該当する場合は、簡易書留もしくは特定記録分の料金の切手を貼ってください。(レターパック可)


[参考]

基本料金

 定形郵便物 25g以内 84円
 定形郵便物 50g以内 94円

 定形外郵便物 50g以内 120円
 定形外郵便物 100g以内 140円

簡易書留の場合上記基本料金+簡易書留320円

特定記録の場合上記基本料金+特定記録160円

レターパックライト370円
レターパックプラス520円

※R2.5.1現在
※詳細は、郵便局のホームページ等でご確認ください