文字サイズ

滋賀県高齢者居住安定確保計画

高齢者居住安定確保計画とは?

高齢者居住安定確保計画は、高齢者が安心して暮らし続けられる住環境の実現に向け、住宅政策と福祉政策の連携および県、市町、民間事業者、福祉団体、地域住民等の連携により、これまで以上にきめ細やかな取組を総合的に推進することを目的として策定するものです。

計画の位置づけ

この計画は、高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年法律第26号。以下「高齢者住まい法」という。)第4条の規定に基づき都道府県が定める計画で、同法および同法に基づく基本方針等に沿って、高齢者の居住の安定の確保に関し、住宅政策および福祉政策が連携して進める本県の施策の方針等を定めるものです。

また、滋賀県住生活基本計画およびレイカディア滋賀高齢者福祉プラン(滋賀県老人福祉計画・滋賀県介護保険事業支援計画)を踏まえ、高齢者の住まいに関する施策として、当面取り組んでいく施策の実施計画となるものです。

計画の期間

この計画は、レイカディア滋賀高齢者福祉プランの計画期間と同じ平成30年度(2018年度)から平成32年度(2020年度)までの3年間を計画期間とします。

滋賀県高齢者居住安定確保計画の概要と本文

概要

本文

お問い合わせ

滋賀県土木交通部住宅課 
電話番号:077-528-4235
FAX番号:077-528-4911
メールアドレス:hb00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。