第8回 流域治水シンポジウム「しがの流域治水~ためる対策~流せば洪水、ためれば資源 みんなでためよう滋賀の水」

平成27年2月15日に開催いたしました。多数ご来場いただき、ありがとうございました。

実施概要

当県では、平成26年3月に「滋賀県流域治水の推進に関する条例」を制定し、いかなる洪水にあっても人命を守り、床上浸水などの壊滅的な被害を回避することを目的に、「川の中の対策」に加え「川の外の対策」を行う流域治水に取り組んでいます。

「川の外の対策」の柱の一つとして、「ためる対策」すなわち雨水貯留浸透機能の確保があり、今回、『雨水貯留浸透機能の確保』をテーマに、流域治水シンポジウムを開催します。

今回のテーマに関連する国の政策として、平成26年5月1日に「雨水の利用の推進に関する法律」、同年7月1日に「水循環基本法」が施行され、河川、工業用水、農業用水等と分割して管理されてきた水資源を、統合して捉えようとする機運が盛り上がっているところです。

法、そして条例が施行されたことを機に、流域に雨水をため、利用する取り組みを推進する具体的方法ついて、参加者のみなさんと一緒に考えました。

日時:平成27年2月15日(日曜日)開会13時00分 閉会16時30分 (受付12時30分開始)

場所:コラボしが21 3階大会議室(大津市打出浜2番1号)

出席者:87名

主催:滋賀県

後援:近畿地方整備局琵琶湖河川事務所 、滋賀県河港・砂防協会、琵琶湖湖南流域水害に強い地域づくり協議会、甲賀圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会、東近江圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会、湖北圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会、高島地域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会

内容

講演「雨水って使えるの?~雨水貯留浸透の動向と雨水利用推進法について~」

屋井さん

公益社団法人雨水貯留浸透技術協会技術部第二部長 屋井裕幸さん

基調講演「流域治水をいかに進めるか―福岡県樋井川流域のチャレンジと成果」

九州産業大学教授 山下三平さん

 樋井川流域治水市民会議代表 角銅久美子さん

(講演資料

(株)大建代表取締役 松尾憲親さん

(講演資料

会場の様子
山下先生
角銅さん
松尾さん

各地の取組報告

世田谷区役所土木計画課主事 大澤睦司さん

碧いびわ湖代表理事 村上悟さん

(講演資料

パネルディスカッション

コーディネーター
  • 碧いびわ湖代表理事 村上悟さん
パネリスト
  • 九州産業大学教授 山下三平さん
  • 公益社団法人雨水貯留浸透技術協会技術部第二部長 屋井裕幸さん
  • 樋井川流域治水市民会議代表 角銅久美子さん
  • (株)大建代表取締役 松尾憲親さん
  • (株)大建ランドマネジメント事業部リーダー 河野新司さん
  • 世田谷区役所土木計画課主事 大澤睦司さん
パネルディスカッションの様子
三日月知事

雨ふれダンス

雨ふれダンス歌詞
雨ふれダンス写真

来場者アンケート

お問い合わせ

滋賀県土木交通部流域政策局流域治水政策室
電話番号:077-528-4291
FAX番号:077-528-4904
メールアドレス:ryuiki@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」