文字サイズ

びわこ花噴水

花噴水1.

琵琶湖観光の玄関口にある大津港の沖合いに位置し、世界最大級の長さを誇るこの花噴水は、平成7年3月の完成以来、多くの県民のみなさまや琵琶湖を訪れた観光客のみなさまに親しまれています。

美しい琵琶湖を背景に噴き上げられた水は、高さ最大40メートル。放水される水量や角度により、さまざまな形に変化し、昼は涼感あふれる風景を、夜はライトアップにより、色とりどりの幻想的な風景を作り出しています。

~地図へ~(外部サイトへリンク)

びわこ花噴水の概要

  • 〇位置大津港沖合180メートル防波堤上(堤長450メートル)
  • 〇規模1.放射噴水66本(3本束×22基)・・長さ:約440メートル(約40メートル×11か所)、高さ:上段噴水約30メートル、中断噴水約22メートル、下段噴水約15メートル
  • 〇照明設備3色(透明、橙、緑)

令和2年度運転計画

※運転計画は、こちらをご覧ください。

※以下↓の「臨時運転・運休のお知らせ」もご覧ください。

※第2・第4水曜日は、定期点検のため運転を休止します。

※悪天候時等には運転を中止します。

※電力需給ひっ迫時は運転を中止します。


※当日の運転中止等にかかるお問い合わせは、

大津港指定管理者(琵琶湖汽船株式会社)まで。

【TEL:077-521-6016】

(所在地:大津港旅客ターミナル1階事務室)

臨時運転・運休のお知らせ

11月7日(土)~12月6日(日)の期間中、土日祝は18時~20時にライトアップ運転します。

※「明智光秀ゆかりの比叡山坂本~秋のライトアップ~」にあわせて延長します。