『「びわ湖を守る水環境保全県民運動」県連絡会議(びわ湖会議)』について

昭和52年(1997年)、琵琶湖に発生した淡水赤潮を契機として、女性団体・主婦を中心に、赤潮発生の原因の一つとされるリンを含む洗濯用合成洗剤から石けんへの転換を訴え、「石けん運動」が展開されました。琵琶湖を守るため、粉石けんを使用しようという全県的な運動の広がりの中で、「びわ湖を守る粉石けん使用推進県民運動」県連絡会議(「石けん会議」(びわ湖会議の前身))が昭和53年(1978年)8月に発足しました。
石けん運動は湖の水質悪化抑制に直接効果があり、また富栄養化防止のための滋賀県の条例(通称:琵琶湖条例)制定の原動力となりました。
結成30年を迎えた平成20年(2008年)5月27日、社会情勢の変化等を踏まえ、びわ湖会議は解散しましたが、びわ湖会議の精神と経験は県内外の様々な環境保全活動に引き継がれています。

びわ湖会議のあゆみ

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課 
電話番号:077-528-3353
FAX番号:077-528-4844
メールアドレス:de00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」