文字サイズ

県立病院の経営改善に向けた取り組み

第四次県立病院中期計画を策定し、望ましい健康の創生に取り組んでいます

バランス・スコアカード(BSC)の取り組みを進めています

第四次県立病院中期計画を策定し、望ましい健康の創生に取り組んでいます

滋賀県病院事業は、平成18年4月に地方公営企業法を全部適用しました。また、平成29年3月には「第四次滋賀県立病院中期計画」を策定して、質の高い医療サービスを提供し、県民の望ましい健康の創生に取り組むとともに、安定した経営基盤を確立し、事業を継続していくよう、引き続き取り組んでいます。

第四次滋賀県立病院中期計画(H29.3)

(参 考)

第三次滋賀県立病院中期計画(H27.3改訂)

第三次滋賀県立病院中期計画(H24.3)

第二次滋賀県立病院中期計画(H21.3)

滋賀県立病院中期計画(H18.4)

バランス・スコアカード(BSC)の取り組みを進めています

滋賀県立病院では、平成19年度よりバランス・スコアカード(Balanced Score Card)を活用しながら全員参加型の経営システムの構築を進めています。

【バランス・スコアカード(BSC)とは】

  • バランス・スコアカードとは、組織の経営ビジョンを明確に示すとともに、その達成に向けた課題や優先順位を明らかにし、戦略の因果関係を可視化しながら全職員が目標を共有し、組織としてのパフォーマンスを上げるマネジメントツールです。
  • バランス・スコアカードでは、組織の戦略を4つの視点(「顧客の視点」「財務の視点」「内部プロセスの視点」「学習と成長の視点」)で整理し、バランスを取りながら課題に向けた取り組みを進めていきます。

各部署のBSC推進者を対象にSWOT分析を中心とした研修を毎年度実施しています。各グループでは、病院の「強み」「弱み」は何か、また、病院を取り巻く「機会」や「脅威」は何かを議論し、さらにそれらの内部環境と外部環境をクロス分析することで病院として取るべき戦略は何かを検討し、その成果を発表しました。

H29CSC2
H29BSC1

平成30年度バランス・スコアカード(計画)

平成29年度バランス・スコアカード(計画)

平成28年度バランス・スコアカード(実績)

平成28年度バランス・スコアカード(計画)

平成27年度バランス・スコアカード(実績)

平成27年度バランス・スコアカード(計画)

平成26年度バランス・スコアカード(実績)

平成26年度バランス・スコアカード(計画)

平成25年度バランス・スコアカード(実績)

平成25年度バランス・スコアカード(計画)

平成24年度バランス・スコアカード(実績)

平成24年度バランス・スコアカード(計画)

平成23年度バランス・スコアカード(実績)

平成23年度バランス・スコアカード(計画)

平成22年度バランス・スコアカード(実績)

平成22年度バランス・スコアカード(計画)

平成21年度バランス・スコアカード(実績)

平成21年度バランス・スコアカード(計画)

平成20年度バランス・スコアカード(実績)

平成20年度バランス・スコアカード(計画)

平成19年度バランス・スコアカード(実績)

平成19年度バランス・スコアカード(計画)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。