文字サイズ

新しい電子調達システム(物品・役務)のご案内

平成24年8月20日(月曜日)から、物品電子調達システムが新しくなりました。
新システムでは、これまでご利用いただいていたシステム(旧システム)と比較して、ご利用いただく際のパソコンの設定作業、画面の構成や操作方法などが、大きく変わります。

新システムの導入説明会を開催しました

新システム導入説明会(7月19日、25日開催)での配付資料を掲載しますので、ダウンロードしてご利用ください。

(1)新しい電子調達システムについて (2)導入スケジュール(3)まずやること/システム利用の準備 (4)利用環境 (5)電子証明書(6)制度・運用の変更点 (7)運用スケジュール、お知らせ (8)注意事項

  • 滋賀県物品・役務電子調達システム_操作説明書

新システムの概要および旧システムからの変更点等

対応するOSおよびブラウザ

  1. OS:WindowsXP、WindowsVista、Windows7
  2. ブラウザ:InternetExplorer6、InternetExplorer7、InternetExplorer8
  3. システムの利用開始後、新しいOS、ブラウザが公開された際には速やかに対応を図ります。また、入札等の案件の閲覧では、OSについてはMacOS(Xv10.6以降)、ブラウザについてはFirefox(3.6以降)、Safari(4.0以降)によっても表示が可能です。

IDおよびパスワード方式による見積書提出

  1. 「随意契約案件(オープンカウンタ(公募型見積合せ)および指名型見積合せ)」では、旧システムで見積書提出時に必要としている電子証明書は不要となり、ID(利用者番号)およびパスワードによる提出が可能となります。ICカードリーダーの接続やパソコンの設定を行っていただく必要がありませんので、より簡単に電子での見積書提出ができるようになります。
  2. ただし、「入札案件(一般競争入札および指名競争入札)」については、旧システムと同様、電子証明書が必要ですのでご注意ください。

公的個人認証の電子証明書は利用できません

  1. 前項2.のとおり、「入札案件」においては電子証明書が必要ですが、新システムでは公的個人認証の電子証明書が利用できませんのでご注意願います。
  2. なお、新システムにおいても、これまで同様、入札書の持参または郵送による提出も可能です。

役務・委託における電子入札の導入を検討しています

  1. すでに電子入札を導入している工事および物品調達と並んで県の主な契約である役務(委託)契約についても電子入札を導入する予定です。(平成25年度以降、実施の予定です。) なお、実施の際はあらためて説明会を開催します。
  2. また、これまで物品関係とは別に資格申請を要していた庁舎等管理業務の名簿を一本化することにより、資格申請手続き等の軽減を図っています。

旧システムについて

  1. 新システムの運用開始にともない、旧システムは平成24年8月11日(土曜日)をもって、運用を終了しました。

新システムに関するお問い合わせ

滋賀県会計管理局管理課エコオフィス担当

〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号

電話番号077-528-4314、 FAX番号077-528-4920
メールアドレスka10@pref.shiga.lg.jp

なお、今後、新システムに係るご案内については、本ページで随時掲載します。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。