文字サイズ

淡海ユニバーサルデザイン行動指針

この行動指針は、ユニバーサルデザインの考え方を様々な場面に浸透させるため、県の総合的な取組方針として、また、県民や事業者に期待される役割などのガイドラインとして平成17年3月に策定しました。

冊子「ユニバーサルデザイン行動指針」の表紙

淡海ユニバーサルデザイン点検プログラム

点検プログラム表紙

この淡海ユニバーサルデザイン点検プログラムは、施設の管理者である事業者が、自らの施設を自己点検することで、ユニバーサルデザインとは何かを理解してもらうためのきっかけをつくるものです。そして、事業者自らが行う施設の改善・維持活動を通じて、ユニバーサルデザインの取り組みの輪を、社会全体に広げようと、平成14年3月に作成したものです。

1.淡海ユニバーサルデザイン点検プログラム

1-5点検プログラムの様式集

2.ユニバーサルデザイン評価指標の解説書

3.参考資料

福祉のまちづくり推進会議

「だれもが住みたくなる福祉滋賀のまちづくり推進会議」は、県条例の制定を機に、県、市町はもとより、県民、事業者が一体となって福祉のまちづくりを推進するための母体として平成7年3月に設立されました

推進会議は、以下の事業を行っています 

  1. 福祉のまちづくりの普及、啓発に関すること
  2. 福祉のまちづくりの情報交換等に関すること
  3. その他この推進会議の目的達成に必要な事業に関すること

推進会議は、県内の福祉団体、建築団体、地域団体などで構成されています。

福祉のまちづくりキャンペーン

このキャンペーンは「だれもが住みたくなる福祉滋賀のまちづくり推進会議」の主催により、福祉、建築、教育関係などの様々な団体が一緒になり、福祉のまちづくりを推進するためのテーマ「車いす駐車場のマナーアップ」を県民の皆さんに呼びかける街頭啓発を行っているものです。

車いす駐車区画のマナー向上をテーマとしたポスター

ユニバーサルデザイン製品等の貸し出し

ユニバーサルデザインについて学び、実際に見たり触れたりする機会としていただくため、学習会や展示コーナーなどで利用するためのUD製品やパネルを貸し出しいたします。

多くのUD製品を取り揃えています。詳しくは以下の要領と貸出品一覧をご覧いただき、ご希望される場合は申込書をご提出ください。

貸出製品の例

展示コーナーなどに
UD製品例
ユニバーサルデザイン製品の例のハサミ
UD製品例
ユニバーサルデザイン製品の例のエアコンのリモコン
UD製品例

だれもが見やすい印刷物の手引き

福祉のまちづくり推進会議では、ユニバーサルデザインの視点から、より多くの人が見やすい印刷物を作成するうえで、”これだけは知ってほしい”というポイントを分かりやすく取りまとめた手引書を作成しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
健康医療福祉部 健康福祉政策課
電話番号:077-528-3510
FAX番号:077-528-4850
メールアドレス:ea00@pref.shiga.lg.jp