文字サイズ

宗 和隆医師の経歴・業績等

経歴

1991~1997年 京都大学医学部

1997~1998年 京都大学医学部附属病院

1998~2000年 松江赤十字病院

2000~2003年 浜松労災病院

2003~2007年 京都大学医学研究科大学院

2007~2008年 貴順会吉川病院

2008~2017年 京都大学医学部附属病院

2017~2021年 大阪赤十字病院

2021年~ 滋賀県立総合病院

主な業績

論文

1.The superior accuracy of a novel method in total hip wear calculations following radiographic measurement.

Kazutaka So, Koji Goto, Atsushi Kawaguchi, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda

BMC musculoskeletal disorders 23(1) 130-130 2022年2月9日 査読有り

2.Strategies for increasing gait speed in patients with hip osteoarthritis: their clinical significance and effects on hip loading.

Hiroshige Tateuchi, Haruhiko Akiyama, Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

Arthritis research & therapy 23(1) 129-129 2021年4月28日

3.Clinical phenotypes based on clinical prognostic factors in patients with secondary hip osteoarthritis: preliminary findings from a prospective cohort study.

Hiroshige Tateuchi, Haruhiko Akiyama, Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

Clinical rheumatology 39(7) 2207-2217 2020年2月22日 査読有り

4.Gait kinematics of the hip, pelvis, and trunk associated with external hip adduction moment in patients with secondary hip osteoarthritis: toward determination of the key point in gait modification.

Tateuchi H, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N

BMC musculoskeletal disorders 21(1) 8 2020年1月 査読有り

5.Gait- and Posture-Related Factors Associated With Changes in Hip Pain and Physical Function in Patients With Secondary Hip Osteoarthritis: A Prospective Cohort Study.

Tateuchi H, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N

Archives of physical medicine and rehabilitation 100(11) 2053-2062 2019年5月 査読有り

6.Patient- and Surgery-Related Factors that Affect Patient-Reported Outcomes after Total Hip Arthroplasty.

Kawai T, Kataoka M, Goto K, Kuroda Y, So K, Matsuda S

Journal of clinical medicine 7(10) 2018年10月 査読有り

7.Sagittal alignment and mobility of the thoracolumbar spine are associated with radiographic progression of secondary hip osteoarthritis.

H Tateuchi, H Akiyama, K Goto, K So, Y Kuroda, N Ichihashi

Osteoarthritis and cartilage 26(3) 397-404 2018年3月 査読有り

8.A long-term comparative study between two different designs of cemented stems: Distal-cylindrical versus distal-taper.

Okutani Y, Goto K, Kawata T, Okuzu Y, So K, Kuroda Y, Matsuda S

Journal of orthopaedics 15(1) 190-195 2018年3月 査読有り

9.Polyethylene and highly cross-linked polyethylene for cemented total hip arthroplasty: A comparison of over ten-year clinical and radiographic results.

Kawata T, Goto K, So K, Kuroda Y, Matsuda S

Journal of orthopaedics 14(4) 520-524 2017年12月 査読有り

10.The Relationship Between Subluxation Percentage of the Femoroacetabular Joint and Acetabular Width in Asian Women with Developmental Dysplasia of the Hip.

Okuzu Y, Goto K, Kawata T, So K, Kuroda Y, Matsuda S

The Journal of bone and joint surgery. American volume 99(7) e31-e31.6 2017年4月 査読有り

11.Daily cumulative hip moment is associated with radiographic progression of secondary hip osteoarthritis.

Tateuchi H, Koyama Y, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N

Osteoarthritis and cartilage 25(8) 1291-1298 2017年2月 査読有り

12.Associations of Radiographic Degeneration and Pain With Daily Cumulative Hip Loading in Patients With Secondary Hip Osteoarthritis

Hiroshige Tateuchi, Yumiko Koyama, Rui Tsukagoshi, Haruhiko Akiyama, Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC RESEARCH 34(11) 1977-1983 2016年11月 査読有り

13.Effects of High- and Low-Velocity Resistance Training on Gait Kinematics and Kinetics in Individuals with Hip Osteoarthritis: A Randomized Controlled Trial.

Fukumoto Y, Tateuchi H, Tsukagoshi R, Okita Y, Akiyama H, So K, Kuroda Y, Ichihashi N

American journal of physical medicine & rehabilitation 96(6) 417-423 2016年10月 査読有り

14.Mid- and long-term results of femoral component revision using the cement-in-cement technique: Average 10.8-year follow-up study.

Okuzu Y, Goto K, So K, Kuroda Y, Matsuda S

Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 21(6) 814-814 2016年8月 査読有り

15.A pilot study of regenerative therapy using controlled release of recombinant human fibroblast growth factor for patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head

Yutaka Kuroda, Ryuta Asada, Kazutaka So, Atsushi Yonezawa, Manabu Nankaku, Kumi Mukai, Toshiko Ito-Ihara, Harue Tada, Michio Yamamoto, Toshinori Murayama, Satoshi Morita, Yasuhiko Tabata, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama

INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS 40(8) 1747-1754 2016年8月 査読有り

16.Radiographic and clinical factors associated with one-leg standing and gait in patients with mild-to-moderate secondary hip osteoarthritis.

Tateuchi H, Koyama Y, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N

Gait & posture 49 207-212 2016年7月 査読有り

17.Hip external rotator exercise contributes to improving physical functions in the early stage after total hip arthroplasty using an anterolateral approach: a randomized controlled trial

Manabu Nankaku, Ryosuke Ikeguchi, Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda

DISABILITY AND REHABILITATION 38(22) 2178-2183 2016年 査読有り

18.Clinical and radiographic evaluation of cemented socket fixation concomitant to acetabular bone grafting fixed with absorbable hydroxyapatite-poly-L-lactide composite screws

Koji Goto, Yaichiro Okuzu, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 21(1) 57-62 2016年1月 査読有り

19.Extremely early stage osteonecrosis of the femoral head in a patient with hip pain secondary systemic steroid pulse therapy for Vogt-Koyanagi-Harada syndrome: A case report.

Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Koji Goto, Shuichi Matsuda

International journal of surgery case reports 25 97-101 2016年 査読有り

20.Minimum 10-Year Wear Analysis of Highly Cross-Linked Polyethylene in Cementless Total Hip Arthroplasty

Kazutaka So, Koji Goto, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda

JOURNAL OF ARTHROPLASTY 30(12) 2224-2226 2015年12月 査読有り

21.Factors associated with restricted hip extension during gait in women after total hip arthroplasty

Rui Tsukagoshi, Hiroshige Tateuchi, Yoshihiro Fukumoto, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Hideo Okumura, Noriaki Ichihashi

HIP INTERNATIONAL 25(6) 543-548 2015年11月 査読有り

22.Modified Mostardi approach with ultra-high-molecular-weight polyethylene tape for total hip arthroplasty provides a good rate of union of osteotomized fragments

Yutaka Kuroda, Haruhiko Akiyama, Manabu Nankaku, Kazutaka So, Shuichi Matsuda

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 20(4) 633-641 2015年7月 査読有り

23.A Report on Three Consecutive Cases using Computer Tomography 3D Preoperative Planning for Conversion of Arthrodesed Hips to Total Hip Replacements.

Yutaka Kuroda, Haruhiko Akiyama, Manabu Nankaku, Kazutaka So, Koji Goto, Shuichi Matsuda

HSS journal : the musculoskeletal journal of Hospital for Special Surgery 11(1) 76-83 2015年2月 査読有り

24.Functional performance of female patients more than 6 months after total hip arthroplasty shows greater improvement with weight-bearing exercise than with non-weight-bearing exercise. Randomized controlled trial

R. Tsukagoshi, H. Tateuchi, Y. Fukumoto, S. Ibuki, H. Akiyama, K. So, Y. Kuroda, H. Okumura, N. Ichihashi

EUROPEAN JOURNAL OF PHYSICAL AND REHABILITATION MEDICINE 50(6) 665-675 2014年12月 査読有り

25.Two-staged reconstruction for ankylosed hip with severe limb shortening: a case report

Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Keiichi Kawanabe, Shuichi Matsuda

HIP INTERNATIONAL 24(6) 660-663 2014年11月 査読有り

26.Characteristic loosening of the distally straight cylindrical femoral stem

Gota Kimura, Eijiro Onishi, Keiichi Kawanabe, So Kazutaka, Masako Tsukanaka, Haruhiko Akiyama

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 19(3) 437-442 2014年5月 査読有り

27.Compensatory turning strategies while walking in patients with hip osteoarthritis

Hiroshige Tateuchi, Rui Tsukagoshi, Yoshihiro Fukumoto, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

GAIT & POSTURE 39(4) 1133-1137 2014年4月 査読有り

28.Effects of high- velocity resistance training on muscle function, muscle properties, and physical performance in individuals with hip osteoarthritis: a randomized controlled trial

Yoshihiro Fukumoto, Hiroshige Tateuchi, Tome Ikezoe, Rui Tsukagoshi, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

CLINICAL REHABILITATION 28(1) 48-58 2014年1月 査読有り

29.Is the bone-bonding ability of a cementless total hip prosthesis enhanced by alkaline and heat treatments?

Kazutaka So, Ayumi Kaneuji, Tadami Matsumoto, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama

Clinical Orthopaedics and Related Research 471(12) 3847-3855 2013年12月 査読有り

30.Revision total hip replacement with a cemented long femoral component: Minimum 9-year follow-up results

Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama

Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery 133(6) 869-874 2013年6月 査読有り

31.Pelvic instability and trunk and hip muscle recruitment patterns in patients with total hip arthroplasty

Hiroshige Tateuchi, Rui Tsukagoshi, Yoshihiro Fukumoto, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Noriaki Ichihashi

JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY 23(1) 151-158 2013年2月 査読有り

32.Study of a retrieved cementless acetabular cup with an AW-GC bottom coating

Haruhiko Akiyama, Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Ryosuke Kakinoki, Takashi Nakamura

Journal of Orthopaedic Science 18(6) 1037-1041 2013年 査読有り

33.Good short-term outcome of primary total hip arthroplasty with cementless bioactive glass ceramic bottom-coated implants 109 hips followed for 3-9 years

Kazutaka So, Kumiko T. Kanatani, Yutaka Kuroda, Takashi Nakamura, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama

ACTA ORTHOPAEDICA 83(6) 599-603 2012年12月 査読有り

34.MUSCLE MASS AND COMPOSITION OF THE HIP, THIGH AND ABDOMINAL MUSCLES IN WOMEN WITH AND WITHOUT HIP OSTEOARTHRITIS

Yoshihiro Fukumoto, Tome Ikezoe, Hiroshige Tateuchi, Rui Tsukagoshi, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Tomohide Yoneyama, Noriaki Ichihashi

ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY 38(9) 1540-1545 2012年9月 査読有り

35.Clinical outcomes of cemented double-tapered titanium femoral stems: a minimum 5-year follow-up

Haruhiko Akiyama, Keiichi Kawanabe, Koji Yamamoto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Takashi Nakamura

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 16(6) 689-697 2011年11月 査読有り

36.Revision total hip arthroplasty using a Kerboull-type acetabular reinforcement device with bone allograft MINIMUM 4.5-YEAR FOLLOW-UP RESULTS AND MECHANICAL ANALYSIS

H. Akiyama, K. Yamamoto, M. Tsukanaka, K. Kawanabe, H. Otsuka, K. So, K. Goto, T. Nakamura

JOURNAL OF BONE AND JOINT SURGERY-BRITISH VOLUME 93B(9) 1194-1200 2011年9月 査読有り

37.Cemented total hip arthroplasty with subtrochanteric femoral shortening transverse osteotomy for severely dislocated hips: outcome with a 3-to 10-year follow-up period

Haruhiko Akiyama, Keiichi Kawanabe, Koji Yamamoto, Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Koji Goto, Takashi Nakamura

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 16(3) 270-277 2011年5月 査読有り

38.Computed tomography-based navigation for curved periacetabular osteotomy

Haruhiko Akiyama, Koji Goto, Kazutaka So, Takashi Nakamura

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 15(6) 829-833 2010年11月 査読有り

39.Long-term survivorship analysis of hip arthroplasty with vitallium mold cup

Hai-Le Pan, Haruhiko Akiyama, Keiichi Kawanabe, Koji Goto, Kazutaka So, Takashi Nakamura

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE 15(4) 459-462 2010年7月 査読有り

40.Reinforcement of tendon attachment to bioactive porous titanium by BMP-2-induced ectopic bone formation

Kazutaka So, Mitsuru Takemoto, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Neo, Tadashi Kokubo, Takashi Nakamura

JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART A 93A(4) 1410-1416 2010年6月 査読有り

41.Long-Term Results of Cemented Total Hip Arthroplasty for Dysplasia, With Structural Autograft Fixed With Poly-L-Lactic Acid Screws

Koji Goto, Haruhiko Akiyama, Keiichi Kawanabe, Kazutaka So, Takeshi Morimoto, Takashi Nakamura

JOURNAL OF ARTHROPLASTY 24(8) 1146-1151 2009年12月 査読有り

42.A porous bioactive titanium implant for spinal interbody fusion: an experimental study using a canine model

Mitsuru Takemoto, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Neo, Kazutaka So, Norihiro Akiyama, Tomiharu Matsushita, Tadashi Kokubo, Takashi Nakamura

JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE 7(4) 435-443 2007年10月 査読有り

43.Antidegenerative effects of partial disc replacement in an animal surgery model

Kazutaka So, Mitsuru Takemoto, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Neo, Masayuki Kyomoto, Takashi Hayami, Suong-Hyu Hyon, Takashi Nakamura

SPINE 32(15) 1586-1591 2007年7月 査読有り

44.Bone ingrowth into porous bioactive titanium implant for load-bearing use: Experimental study using a novel canine anterior interbody fusion model

M. Takemoto, S. Fujibayashi, M. Neo, K. So, N. Akiyama, T. Matsushita, T. Kokubo, T. Nakamura

Key Engineering Materials 330-332 II 987-990 2007年 査読有り

45.Accelerated degradation and improved bone-bonding ability of hydroxyapatite ceramics by the addition of glass

Kazutaka So, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Neo, Yukiko Anan, Tetsuro Ogawa, Tadashi Kokubo, Takashi Nakamura

BIOMATERIALS 27(27) 4738-4744 2006

MISC

1.骨密度による骨粗鬆症診断の問題点 腰椎・大腿骨骨密度の隔たり 笠原 崇, 勝田 良, 中井 舞子, 田中 慈雨, 入山 圭司, 森本 直樹, 長嶋 秀明, 谷田 司明, 宗 和隆 日本骨粗鬆症学会雑誌 7(Suppl.1) 260-260 2021年9月

2.後方進入腰椎椎体間固定術施行時に神経根奇形を認めた二例 勝田 良, 谷田 司明, 田中 慈雨, 森本 直樹, 長嶋 秀明, 宗 和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 64(秋季学会) 160-160 2021年9月

3.kickstand rod techniqueによって、術中にcoronal malalignmentを追加矯正した成人脊柱変形の2例 田中 慈雨, 谷田 司明, 勝田 良, 森本 直樹, 長嶋 秀明, 宗 和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 64(秋季学会) 163-163 2021年9月

4.前方アプローチによる人工股関節全置換術は筋にとって低侵襲手術か 小西宏樹, 宗和隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 48th 2021年

5.Implant impingement計算式の実用化 宗和隆 日本人工関節学会プログラム・抄録集 51st 2021年

6.肩関節下方脱臼を判別する新しい指標Coraco-Humeral Index(CHI) 鈴木 隆, 宗 和隆, 富 友宏ステファン, 尾藤 博信 JOSKAS 45(2) 330-331 2020年4月

7.肩関節術後に当院で反転型人工肩関節置換術を施行した症例の検討 小西宏樹, 鈴木隆, 坂本武志, 渡辺慶, 宗和隆, 堤良祐, 富友宏ステファン, 尾藤博信, 舩本千里 日本人工関節学会プログラム・抄録集 50th 2020年

8.術後DVT発生における手術日の影響 宗和隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 47th 2020年

9.変形性股関節症患者における歩行速度増加のための戦略:その機能的意義と股関節負荷への影響 建内宏重, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 47th 2020年

10.トライアル骨頭による安全域内設置の評価方法について 宗和隆 日本人工関節学会プログラム・抄録集 50th 2020年

11.術後DVT発生における手術日の影響 宗和隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 47th 2020年

12.疾患進行リスク因子に基づいた変形性股関節症患者のサブタイプ分類 建内宏重, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 54th 2020年

13.トライアル骨頭を用いたカップアライメントの術中計測と、術後CTとの組み合わせによる骨盤座標系術中認知誤差の評価 宗和隆 第13回CAOS研究会 2019年3月

14.チタン合金製チャンレータイプのステムを用いたセメント人工股関節置換術の長期成績 奥谷 祐希, 後藤 公志, 黒田 隆, 河井 利之, 川田 交俊, 宗 和隆, 松田 秀一 日本整形外科学会雑誌 93(3) S661-S661 2019年3月

15.妊娠中に両側一過性大腿骨頭萎縮症による骨頭骨折を生じた1例 宗和隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 46th 2019年

16.DAAによるTHAにおけるインプラント設置角度について 宗和隆 日本人工関節学会プログラム・抄録集 49th 2019年

17.変形性股関節症患者の疼痛と身体機能の変化に影響を及ぼす姿勢と歩行に関する要因:前向きコホート研究 建内宏重, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 46th 399 2019年

18.Combined anteversion術中評価用骨頭ボールの作成 宗 和隆 日本人工関節学会誌 48 599-600 2018年12月

19.当院の電子テンプレートソフトの問題点について 宗 和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 61(2) 215-216 2018年3月

20.Combined anteversion術中評価用骨頭ボールの作成 宗和隆 日本人工関節学会プログラム・抄録集 48th 2018年

21.大腿骨頸部骨折症例におけるJ-Taperの初期固定性について 宗和隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 45th 2018年

22.変形性股関節症患者の歩行時股関節モーメント積分値に影響を与える股関節・骨盤・体幹のキネマティクス 建内宏重, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 45th 619 2018年

23.前方侵入寛骨臼回転骨切り術(CPO)のリスク回避方法について 後藤公志, 黒田隆, 河井利之, 宗和隆, 松田秀一 Hip Joint 44(1) 369‐373-373 2018年

24.当院の電子テンプレートソフトの問題点について 宗 和隆, 坂本 武志 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 60(秋季学会) 150-150 2017年9月

25.脊柱のアライメントと柔軟性は変形性股関節症の進行に影響を与える. 建内宏重, 小山優美子, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 第5回日本運動器理学療法学会学術大会 2017年9月

26.大腿骨頭壊死症に対する成長因子を用いた再生医療―家兎モデルから臨床応用へ― 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 91(8) S1743-S1743 2017年8月31日

27.リウマチ患者におけるcemented double taper stemを使用した人工股関節全置換術の短期成績 岡畠章憲, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 伊藤宣, 松田秀一 Hip Joint 43(2) 1042‐1045-1045 2017年8月25日

28.人工股関節置換術後における脚伸展筋力の回復は遅延する 細江 拓也, 南角 学, 黒田 隆, 宗 和隆, 後藤 公志, 池口 良輔, 松田 秀一 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 54(特別号) 2-P2K 2017年5月

29.自家骨軟骨柱移植を施行し良好な経過をたどった大腿骨頭のBrodie骨膿瘍の1例 室谷好紀, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 60(3) 661-661 2017年5月1日

30.成長因子を用いた再生医療―特発性大腿骨頭壊死症に対する早期低侵襲治療― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 山本倫生, 南角学, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 91(3) S718-S718 2017年3月21日

31.人工股関節置換術後早期における下肢筋力の回復状況は筋力間で異なる 細江拓也, 南角学, 濱田涼太, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 池口良輔, 池口良輔, 松田秀一, 松田秀一 理学療法京都 (46) 118‐119-119 2017年3月

32.特発性大腿骨頭壊死症に対するrhFGF‐2を用いた低侵襲再生医療 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 向井久美, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 再生医療 16 263 2017年2月1日

33.寛骨臼形成不全による変形性股関節症における仙腸関節変性の左右差と人工股関節全置換術の臨床成績との関連 奥津弥一郎, 後藤公志, 清水優, 宗和隆, 黒田隆, 河井利之, 岡畠憲章, 川田交俊, 奥谷祐希, 片岡正尚, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 44th 2017年

34.特発性大腿骨頭壊死症の自然経過,骨頭圧潰率について 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一, 田中健之, 田中栄, 瀧上伊織, 秋山治彦 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 44th 2017年

35.特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 特発性大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰率 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一, 瀧上伊織, 秋山治彦, 田中健之, 田中栄 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 2017年

36.前方侵入寛骨臼回転骨切り術(CPO)のリスク回避方法について 後藤公志, 河井利之, 黒田隆, 宗和隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 44th 2017年

37.口腔内常在菌であるStreptococcus gordoniiが検出された左人工股関節感染の一例 今村愛生, 宗和隆, 後藤公志, 黒田隆, 請田雄大, 長尾美紀, 福本元気, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 47th 546 2017年

38.変形性股関節症患者における中殿筋の筋萎縮に関連する因子の検討 細江拓也, 南角学, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 池口良輔, 池口良輔, 松田秀一, 松田秀一 日本理学療法学術大会(Web) 52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.O‐KS‐19‐4(J‐STAGE)-4 2017年

39.線摩耗率,体積摩耗率の計算方法についての検証 宗和隆, 後藤公志, 黒田隆, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 47th 324 2017年

40.同一機種使用下でのOAとIONでのセメントレスTHAの術後脱臼率 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 47th 362 2017年

41.股関節疾患患者の骨盤アライメントは立ち上がり能力に影響する 島村奈那, 南角学, 西川徹, 細江拓也, 村尾昌信, 濱田涼太, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 池口良輔, 池口良輔, 松田秀一, 松田秀一 日本理学療法学術大会(Web) 52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.P‐MT‐49‐1(J‐STAGE)-1 2017年

42.重症筋無力症を背景に持つ両側大腿骨頭壊死に対し片側人工股関節全置換術を施行後,重症筋無力症の悪化に伴い脱臼した一例 室谷好紀, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 47th 540 2017年

43.人工股関節置換術後早期における股関節外転筋力の回復に影響を及ぼす因子の検討 細江拓也, 南角学, 濱田涼太, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 池口良輔, 池口良輔, 松田秀一, 松田秀一 日本理学療法学術大会(Web) 52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.O‐MT‐15‐4(J‐STAGE)-4 2017年

44.人工股関節置換術後の膝関節伸展筋力の回復に影響を及ぼす因子の検討 細江拓也, 南角学, 濱田涼太, 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 池口良輔, 池口良輔, 松田秀一, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 47th 353 2017年

45.股関節累積負荷の増大は変形性股関節症の進行に影響を与える―前向きコホート研究による分析― 建内宏重, 小山優美子, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.O‐MT‐15‐5(J‐STAGE)-5 2017年

46.股関節手術におけるHA‐PLLAコンポジットスクリュー使用の利点と注意点 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 松田秀一 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集 2016 124-124 2016年11月21日

47.特発性大腿骨頭壊死症に対する成長因子を用いた再生医療―臨床試験から治験へ― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集 2016 199-199 2016年11月21日

48.特発性大腿骨頭壊死症 成長因子rhFGF-2ゼラチンハイドロゲルを用いた低侵襲再生医療 黒田 隆, 浅田 隆太, 南角 学, 猪原 登志子, 宗 和隆, 後藤 公志, 田畑 泰彦, 秋山 治彦, 松田 秀一 日本最小侵襲整形外科学会誌 16(1) 77-77 2016年11月

49.前期から進行期の変形性股関節症患者における片脚立位・歩行機能に影響を与える要因は何か? 建内 宏重, 小山 優美子, 黒田 隆, 宗 和隆, 後藤 公志, 秋山 治彦, 市橋 則明 理学療法学 43(Suppl.2) O-2 2016年10月

50.当科におけるセメントTHAに併用した臼蓋骨移植の工夫と固定材料の変遷,およびその長期成績について 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 59(秋季学会) 111-111 2016年9月1日

51.セメントTHAにおけるポリエチレン摩耗について―CPEとHXLPEの10年以上の前向き比較調査― 後藤公志, 川田交俊, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 奥谷祐希, 岡畠章憲, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 90(8) S1443-S1443 2016年8月31日

52.特発性大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰率 黒田隆, 瀧上伊織, 田中健介, 宗和隆, 猪原登志子, 山本倫生, 後藤公志, 田中栄, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 90(3) S917-S917 2016年3月31日

53.Dysplastic hip女性の原臼蓋の骨形態 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 川田交俊, 岡畠章憲, 奥谷祐希, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 90(3) S913-S913 2016年3月31日

54.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療―成長因子を用いたトランスレーショナルリサーチ― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 南角学, 山本倫生, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 90(2) S126-S126 2016年3月4日

55.臼蓋移植骨固定にHA‐PLLAコンポジットスクリューを用いた人工股関節置換術の中期成績 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 59(春季学会) 144-144 2016年3月1日

56.人工股関節再置換術においてステムにcement‐in‐cement法を使用した症例の術後中・長期成績 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 59(春季学会) 143-143 2016年3月1日

57.特発性大腿骨頭壊死症―rhFGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いた再生医療― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集 29th 119 2016年2月

58.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療―成長因子を用いたトランスレーショナルリサーチ― 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 猪原登志子, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 再生医療 15 207 2016年2月1日

59.デザインの異なるセメントステムについての中期成績の比較検討 奥谷祐希, 後藤公志, 川田交俊, 奥津弥一郎, 黒田隆, 宗和隆, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

60.生体肝移植後のステロイド性大腿骨頭壊死症の発生頻度とTHA症例の中期成績 黒田隆, 光澤定己, 岡畠章憲, 川田交俊, 奥谷祐希, 奥津弥一郎, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

61.臼蓋移植骨固定にHA-PLLAコンポジットスクリューを用いた人工股関節置換術の中期成績 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 奥谷祐希, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

62.当院における初回人工股関節置換術後脱臼の現状からみるハイブリッドTHAの有用性 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 奥谷祐希, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

63.人工股関節手術でのUHMWPEテープの使用方法,使用経験 黒田隆, 岡畠章憲, 川田交俊, 奥谷祐希, 奥津弥一郎, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

64.クロスリンクポリエチレンを使用したセメント人工股関節全置換術の長期摩耗成績 川田交俊, 後藤公志, 宗和隆, 伊勢健太郎, 黒田隆, 奥津弥一郎, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 46th 2016年

65.関節リウマチに対するcemented double taper stemを使用した全人工股関節置換術の短期成績 岡畠章憲, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 奥谷祐希, 伊藤宣, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

66.成人股関節外科医が考える小児から成人までのDDH治療体系 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 奥谷祐希, 岡畠章憲, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

67.人工股関節再置換術や人工股関節周囲骨折に対するCortical strut allograftと用いた大腿骨再建の治療成績 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 岡畠章憲, 奥谷祐希, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

68.セメント人工股関節置換術におけるHXLPEの摩耗に関する長期臨床成績 川田交俊, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

69.摩耗率の計算方法についての検証 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

70.特発性大腿骨頭壊死症に対する成長因子を用いた再生医療 黒田隆, 南角学, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一, 秋山治彦 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

71.寛骨臼形成不全症による変形性股関節症と仙腸関節変性の関連について 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 岡畠章憲, 奥谷祐希, 川田交俊, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年 

72.特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 特発性大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰率 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 松田秀一, 瀧上伊織, 秋山治彦, 田中健之, 田中栄 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 2016年

73.特発性大腿骨頭壊死症に対するFGF-2を用いた再生医療-臨床試験から治験へ 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 猪原登志子, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 DDS再生医療研究会プログラム・抄録集(Web) 6th 2016年 

74.吸収性材料を用いたSpitzy変法による臼蓋形成術の低侵襲下への試み 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 川田交俊, 奥谷祐希, 岡畠章憲, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 43rd 2016年

75.特発性大腿骨頭壊死症―rhFGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いた再生医療― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 南学学, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 37th 236-236 2015年11月9日

76.特発性大腿骨頭壊死症に対する薬生医療 FGF-2ハイドロゲルを用いた骨頭圧潰前の早期低侵襲治療 黒田 隆, 宗 和隆, 後藤 公志, 南角 学, 浅田 隆太, 田畑 泰彦, 秋山 治彦, 松田 秀一 日本最小侵襲整形外科学会誌 15(1) 73-73 2015年10月

77.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療―rhFGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いたトランスレーショナルリサーチ― 黒田隆, 浅田隆太, 猪原登志子, 南角学, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 89(8) S1760-S1760 2015年9月10日

78.転子下骨切り併用THAにおけるセメントステムとセメントレスステムの比較 西山 誉, 宗 和隆, 黒田 隆, 後藤 公志, 松田 秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(秋季学会) 173-173 2015年9月

79.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療 rhFGF-2ゼラチンハイドロゲルを用いたトランスレーショナルリサーチ 黒田 隆, 浅田 隆太, 猪原 登志子, 南角 学, 宗 和隆, 後藤 公志, 田畑 泰彦, 秋山 治彦, 松田 秀一 日本整形外科学会雑誌 89(8) S1760-S1760 2015年9月

80.転子下骨切り併用THAにおけるセメントステムとセメントレスステムの比較 西山誉, 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(秋季学会) 173-173 2015年9月1日

81.人工股関節再置換術において大腿骨ステムをcement in cement法で固定した症例の術後長期成績 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 89(3) S829-S829 2015年3月12日

82.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生治療の取り組みと臨床応用―FGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いた骨頭圧潰前の早期低侵襲治療の短期成績― 黒田隆, 宗和隆, 南角学, 浅田隆太, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 89(2) S163-S163 2015年3月5日 

83.クロスリンクポリエチレンを使用した人工股関節術後10年以上経過例の線摩耗率について:セメント,セメントレスの比較 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 89(2) S186-S186 2015年3月5日 

84.特発性大腿骨頭壊死症313例の背景因子,診断時病型,病期別の自然経過 黒田隆, 宗和隆, 奥津弥一郎, 後藤公志, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 89(2) S159-S159 2015年3月5日 

85.前方アプローチにて全摘出した股関節滑膜骨軟骨腫症の1例 片岡正尚, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 杉本正幸 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(4) 219-724 2015年3月1日

86.THAでの臼蓋移植骨固定におけるポリ乳酸/水酸化アパタイトコンポジットスクリューの有用性と安全性 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(春季学会) 59-59 2015年3月1日

87.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生治療の取り組みと臨床応用―FGF‐2ハイドロゲルを用いた早期低侵襲治療― 黒田隆, 宗和隆, 南角学, 浅田隆太, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 再生医療 14 223 2015年2月1日 

88.前方アプローチにて全摘出した股関節滑膜骨軟骨腫症の1例 片岡正尚, 後藤公志, 宗和隆, 村田巨樹, 杉本正幸, 松田秀一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(4) 2015年 

89.特発性大腿骨頭壊死症に対するrhFGF-2ハイドロゲルを用いた低侵襲再生医療 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 猪原登志子, 宗和隆, 後藤公志, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 DDS再生医療研究会プログラム・抄録集(Web) 5th 2015年 

90.Spitzy変法による棚形成術のデザインとその根拠 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 奥津弥一郎, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 42nd 2015年

91.変形性股関節症患者の階段昇降能力には下肢筋力が影響する 西村純, 南角学, 西川徹, 池口良輔, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一 日本理学療法学術大会(Web) 50th(Suppl.2) P1-A-0224(J-STAGE)-0224 2015年 

92.変形性股関節症患者に対する筋力トレーニングが歩行時の運動学的・運動力学的特性に与える効果―無作為化比較対照試験― 福元喜啓, 福元喜啓, 建内宏重, 塚越累, 沖田祐介, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 50th(Suppl.2) O-0033(J-STAGE)-0033 2015年 

93.特発性大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰率 黒田隆, 瀧上伊織, 田中健之, 宗和隆, 後藤公志, 田中栄, 秋山治彦, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 42nd 298 2015年 

94.人工股関節置換術後患者の起立動作時荷重非対称性はTimed Up and Go testに影響する 塚越累, 建内宏重, 福元喜啓, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 50th(Suppl.2) O-0381(J-STAGE)-0381 2015年

95.Dysplastic hip女性の原臼蓋の骨形態の計測 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 42nd 630 2015年 

96.遠位固定型ステムELANCEの短期成績およびFEM解析―SL‐PLUSとの比較 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 42nd 652 2015年

97.前期から進行期変形性股関節症患者における関節裂隙狭小化と歩行特性との関連性股関節累積負荷に着目した解析 建内宏重, 小山優美子, 塚越累, 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 秋山治彦, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 50th(Suppl.2) O-0029(J-STAGE)-0029 2015年

98.前期から進行期の変形性股関節症患者における関節形態および変性変化と股関節可動域・筋力の関連性 建内宏重, 小山優美子, 塚越累, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 42nd 593 2015年 

99.大転子の骨切りを伴う2種類のアプローチを用いた初回THAの短期成績の比較と大転子骨片の転位との関連性 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 古屋祐樹, 櫻木淳史, 田中淳, 杉本正幸 日本人工関節学会プログラム・抄録集 45th 333 2015年 

100.ネスプロンテープを用いた外側広筋温存Waferアプローチでの大転子再建は術後の骨癒合率を高める 黒田隆, 宗和隆, 南角学, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 45th 551 2015年

101.遠位固定型ステムELNACEの短期成績―SL‐PLUSとの比較 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 45th 606 2015年 

102.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生治療の取り組みと臨床応用―FGF‐2ハイドロゲルを用いた早期低侵襲治療の短期成績― 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 宗和隆, 田畑泰彦, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 88(8) S1367-S1367 2014年8月29日

103.クロスリンクポリエチレンを使用したセメントレス人工股関節置換術後10年以上経過例の線摩耗率について 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 秋山治彦 日本整形外科学会雑誌 88(3) S958-S958 2014年3月12日 

104.セメントレス横止めロングステムを用いた難治症例に対するrevision THAの術後成績 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 秋山治彦 日本整形外科学会雑誌 88(3) S812-S812 2014年3月12日

105.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生治療の取り組みと臨床応用―FGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いた骨頭圧潰前の早期低侵襲治療― 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 宗和隆, 松田秀一, 秋山治彦 日本整形外科学会雑誌 88(3) S633-S633 2014年3月12日

106.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生治療の取り組みと臨床応用―FGF‐2ハイドロゲルを用いた早期低侵襲治療― 黒田隆, 浅田隆太, 南角学, 宗和隆, 秋山治彦, 松田秀一 再生医療 13 225 2014年1月27日 

107.特発性大腿骨頭壊死症―FGF‐2ハイドロゲルを用いた骨頭圧潰前の早期低侵襲治療― 黒田隆, 宗和隆, 南角学, 浅田隆太, 秋山治彦, 田畑泰彦, 松田秀一 DDS再生医療研究会プログラム・抄録集 4th 13 2014年 

108.人工股関節再置換術において大腿骨ステムをcement in cement法で固定した症例の術後長期成績 奥津弥一郎, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 41st 469 2014年 

109.大転子前方の骨切りを伴う2種類のアプローチを用いた初回THAの短期成績の比較,および大転子骨片の転位との関連性について 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆, 古屋佑樹, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 41st 525 2014年

110.クロスリンクポリエチレンを使用したセメントレス人工股関節置換術後10年以上経過例の線摩耗率について 宗和隆, 黒田隆, 後藤公志, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 41st 464 2014年 

111.アプローチ方法による人工股関節置換術後の運動機能回復過程の違い 西村純, 南角学, 西川徹, 後藤公志, 宗和隆, 黒田隆 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 41st 605 2014年

112.THA前外側アプローチの工夫―ネスプロンテープで大転子再建を行うMini trochantericアプローチ,Dall法との比較検討― 黒田隆, 秋山治彦, 岡江優, 宗和隆, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 44th 581 2014年

113.セメントレス横止めロングステムを用いた難治症例に対するrevision THAの術後成績 宗和隆, 黒田隆, 秋山治彦, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 44th 493 2014年 

114.特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療の取り組み‐FGF‐2ゼラチンハイドロゲルを用いた骨頭圧潰前の早期低侵襲治療‐ 黒田隆, 宗和隆, 後藤公志, 南角学, 浅田隆太, 秋山治彦, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 41st 190 2014年 

115.変形性股関節症患者における段差昇段時の運動学的・運動力学的特徴 福元喜啓, 福元喜啓, 建内宏重, 塚越累, 沖田祐介, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 49th(大会特別号2) 0594(J-STAGE)-0594 2014年 

116.変形性股関節症患者の歩行時股関節モーメントの推定に有用な運動学的変数は何か? 建内宏重, 塚越累, 福元喜啓, 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 49th(大会特別号2) 1347(J-STAGE)-1347 2014年 

117.人工股関節置換術後患者における起立動作の運動力学的非対称性と下肢筋力との関連 塚越累, 建内宏重, 福元喜啓, 沖田祐介, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 49th(大会特別号2) 1323(J-STAGE)-1323 2014年 

118.生体肝移植後のステロイド性大腿骨頭壊死症の発生頻度とTHAの短期成績 光澤定己, 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦, 松田秀一 日本整形外科学会雑誌 87(2) S450-S450 2013年3月5日 

119.アルカリ加熱処理人工股関節の10年成績 宗和隆, 兼氏歩, 黒田隆, 松田秀一, 松本忠美, 秋山治彦 日本整形外科学会雑誌 87(2) S433-S433 2013年3月5日

120.大腿骨頭壊死症に対する現行THAの中期成績 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 43rd 403 2013年

121.アルカリ加熱処理人工股関節インプラントの10年成績 宗和隆, 兼氏歩, 黒田隆, 松本忠美, 松田秀一, 秋山治彦 日本人工関節学会プログラム・抄録集 43rd 339 2013年 

122.セメントレス横止めステムを用いた難治症例に対するrevision THAの術後成績 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 秋山治彦 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 40th 496 2013年 

123.人工股関節置換術でのUHMWPEテープの使用経験 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 松田秀一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 43rd 451 2013年 

124.特発性大腿骨頭壊死症の診断時病型,病期別の長期自然経過 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 40th 268 2013年

125.変形性股関節症患者における方向転換歩行時の動作特性と機能評価スコアとの関連性 建内宏重, 塚越累, 福元喜啓, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 40th 359 2013年 

126.大腿骨頭壊死症動物モデルの確立と新治療法の有効性の検証 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 40th 198 2013年 

127.変形性股関節症患者における方向転換歩行時の動作特性 建内宏重, 塚越累, 塚越累, 福元喜啓, 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦, 市橋則明 日本理学療法学術大会(Web) 48th(大会特別号3) C-S-07(J-STAGE)-079 2013年 

128.AHFIX Q Systemのコンセプトと臨床成績 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 55(秋季学会) 34-34 2012年9月1日 

129.THA術後メタローシスを来たし再置換術を行った3症例 京仁寿, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 55(2) 438-438 2012年3月1日

130.K‐MAX Q HIPシステムの中期成績 宗和隆, 秋山治彦, 黒田隆, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 86(2) S130-S130 2012年2月25日 

131.K‐MAX Q HIPシステムの臨床成績と組織学的検討 宗和隆, 黒田隆, 松田秀一, 秋山治彦 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 39th 341 2012年 

132.外側広筋温存Mini trochantericアプローチ~ネスプロンテープを用いた大転子再建法~ 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 松田秀一 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 39th 472 2012年

133.変形性股関節症患者に対する高速度筋力トレーニングの効果―無作為化比較対照試験― 福元喜啓, 建内宏重, 塚越累, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 理学療法学 39(Suppl.2) ROMBUNNO.0112-0112 2012年 

134.変形性股関節症に対する高速度筋力トレーニングが筋特性,運動能力に与える影響―無作為化比較対照試験― 福元喜啓, 建内宏重, 池添冬芽, 塚越累, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 39th 589 2012年 

135.THA術後患者における歩行時の股関節パワーに影響を与える要因 建内宏重, 塚越累, 福元喜啓, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 39th 299 2012年

136.人工股関節全置換術術後患者では多裂筋筋活動のタイミングが遅延する―股関節伸展運動における筋活動の分析― 建内宏重, 塚越累, 福元喜啓, 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦, 市橋則明 理学療法学 39(Suppl.2) ROMBUNNO.0238-0238 2012年

137.股関節固定術後THA症例での3次元CTを用いた術前プランニング 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 42nd 353 2012年 

138.荷重位・非荷重位エクササイズが人工股関節置換術後患者の筋力,筋厚,運動パフォーマンスおよび歩行動作に及ぼす影響―無作為化比較対照試験― 塚越累, 建内宏重, 福元喜啓, 沖田祐介, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 奥村秀雄, 市橋則明 理学療法学 39(Suppl.2) ROMBUNNO.0236-0236 2012年

139.当科での股関節手術後DVT/PTE発生例の検討 宗和隆, 秋山治彦, 黒田隆, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 42nd 389 2012年 

140.「運動器領域の人工臓器の進歩―人工骨と人工股関節―」アルカリ加熱処理生体活性化チタン合金人工関節の実用化 中村孝志, 宗和隆 人工臓器(日本人工臓器学会) 40(1) 62-65 2011年6月15日 

141.セメント固定ロングステムを用いた人工股関節再置換術の長期成績 宗和隆, 秋山治彦, 後藤公志, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 85(3) S711-S711 2011年3月25日 

142.チタン合金製セメントステムの臨床成績および実験的検証 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 兼氏歩, 松本忠美, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 41st 286 2011年 

143.人工股関節置換術後患者における歩行時股関節伸展制限の原因は何か? 塚越累, 建内宏重, 福元喜啓, 上村一貴, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 奥村秀雄, 中村孝志, 市橋則明 理学療法学 38(Suppl.2) ROMBUNNO.PI1-236-236 2011年 

144.セメント固定ロングステムを用いた人工股関節再置換術の長期成績 宗和隆, 秋山治彦, 後藤公志, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 41st 338 2011年 

145.人工関節固定用の生体活性骨セメントの開発 後藤公志, 福田知佐子, 今村匡志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 41st 335 2011年

146.当科での股関節手術後DVTの発生例の検討 宗和隆, 黒田隆, 秋山治彦, 中村孝志 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 38th 444 2011年

147.人工股関節全置換術術後患者における歩行時の下肢筋張力の推定―患者個別筋骨格モデルシミュレーション解析による予備的研究― 建内宏重, 塚越累, 福元喜啓, 沖田祐介, 市橋則明, 坪山直生, 黒田隆, 宗和隆, 秋山治彦 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 38th 412 2011年 

148.変形性股関節症患者の下肢・体幹筋における筋萎縮・筋内脂肪増加の特徴 福元喜啓, 建内宏重, 塚越累, 秋山治彦, 宗和隆, 黒田隆, 市橋則明 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 38th 415 2011年 

149.股関節固定術後THA症例での3次元CTを用いた術前プランニング 黒田隆, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 38th 504 2011年 

150.人工股関節置換術後における移動手段は術前のTimed up and go testから予測できる 南角学, 秋山治彦, 宗和隆, 藤田容子, 西村純, 西川徹 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 38th 569 2011年

151.カップ関節形成術後に人工股関節置換術をおこなった症例の検討 岡畠章憲, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 中村孝志 日本人工関節学会誌 40 114-115 2010年12月1日

152.セメントレスTHA後疼痛に対して腸腰筋腱切離施行した後に反復性脱臼を生じた1例 淘江宏文, 宗和隆, 後藤公志, 秋山治彦, 中村孝志 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(6) 1431-1431 2010年11月1日

153.安全にCPO(寛骨臼回転骨切り術)を行うための術前3Dシミュレーション 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志, 川那辺圭一 Hip Jt 36 367-370 2010年10月1日 

154.酸化チタン含有生体活性骨セメントの開発 後藤公志, 福田知佐子, 今村匡志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 84(4) S536-S536 2010年4月25日 

155.AHFIX Q System抜去インプラントの組織学的評価 宗和隆, 後藤公志, 秋山治彦, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 84(4) S573-S573 2010年4月25日

156.臼蓋側Impaction bone grafting法の術前設計と術式の工夫 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 中村孝志, 森島達観, 大塚博巳, 佐藤啓二, 川那辺圭一 日本人工関節学会プログラム・抄録集 40th 262 2010年 

157.セメントレス人工股関節AHFIX抜去例の組織学的検討 宗和隆, 後藤公志, 秋山治彦, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 40th 364 2010年

158.臼蓋移植骨固定にHA‐PLLA serewを使用したセメントTHA6症例の長期成績の検討 後藤公志, 秋山治彦, 川那辺圭一, 宗和隆, 中村孝志 整形外科バイオマテリアル研究会プログラム・抄録集 30th 36 2010年

159.臼蓋移植骨固定にHA‐PLLA screwを使用したセメントTHA6症例の長期成績の検討 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 40th 321 2010年 

160.CUP関節形成術後に全人工股関節置換術を行った症例の検討 岡畠章憲, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 中村孝志 日本人工関節学会プログラム・抄録集 40th 374 2010年 

161.人工股関節置換術後感染にて広範囲骨欠損をきたした難治症例 岡畠章憲, 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 中村孝志 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(4) 1038-1038 2009年7月1日

162.Cement‐in‐cement techniqueを用いた人工股関節再置換術の合併症および術後X線像の変化について 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志, 川那辺圭一 日本整形外科学会雑誌 83(3) S710-S710 2009年3月25日 

163.臼蓋移植骨固定にPLLAスクリューを用いたセメントTHAの長期成績の検討 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志, 川那辺圭一 日本整形外科学会雑誌 83(3) S481-S481 2009年3月25日 

164.KTプレートおよびallograft bone blockを用いた臼蓋再建の解析 秋山治彦, 後藤公志, 宗和隆, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 83(3) S709-S709 2009年3月25日 

165.セメントレスTHA(H6システムとAHFIXシステム)の治療成績比較 宗和隆, 後藤公志, 秋山治彦, 川那辺圭一, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 83(2) S137-S137 2009年2月25日 

166.Cement-in-cement techniqueを用いた人工股関節再置換術の治療成績 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 川那辺圭一, 中村孝志 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(1) 21-22 (J-STAGE)-22 2009年 

167.In‐cement techniqueを用いた人工股関節再置換術の治療成績 後藤公志, 秋山治彦, 宗和隆, 中村孝志, 川那辺圭一 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 51(秋季学会) 61-61 2008年9月1日

168.人工髄核による椎間板の再建 宗和隆, 竹本充, 藤林俊介, 根尾昌志, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 81(8) S895-S895 2007年8月25日 

169.BMPによる腱とチタンの接着の強化について 宗和隆, 竹本充, 藤林俊介, 根尾昌志, 小久保正, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 81(8) S1125-S1125 2007年8月25日 

170.生体活性多孔体チタン金属の開発 藤林俊介, 竹本充, 大槻文悟, 宗和隆, 秋山典宏, 根尾昌志, 中村孝志 日本金属学会講演概要 140th 71 2007年3月27日 

171.複合材料 2.2 ガラス入りハイドロキシアパタイトの分解性と骨結合能について 宗和隆, 藤林俊介, 根尾昌志, 中村孝志, 小川哲郎, 小久保正 Orthop Ceram Implants 25 33-36 2006年12月1日

172.荷重部整形外科用インプラントとしての生体活性ポーラスチタン材料の開発 竹本充, 藤林俊介, 根尾昌志, 宗和隆, 秋山典宏, 松下富春, 小久保正, 中村孝志 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 28th 133-133 2006年11月27日

173.ビーグル犬脊椎前方固定術モデルを用いたポーラスチタンインプラントに対するアルカリ熱処理の影響の評価 竹本充, 藤林俊介, 根尾昌志, 宗和隆, 小久保正, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 80(8) S936-S936 2006年8月25日

174.腰椎椎間板部分置換術によるウサギ椎間板変性遅延効果について 宗和隆, 藤林俊介, 根尾昌志, 京本政之, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 80(8) S860-S860 2006年8月25日

175.ビーグル犬腰椎前方固定術モデルを使用した生体活性化ポーラスチタンの有用性の評価 竹本充, 藤林俊介, 根尾昌志, 秋山典宏, 宗和隆, 吉田真, 中村孝志 日本脊椎脊髄病学会雑誌 17(1,Pt.2) 580-580 2006年3月20日

176.ガラス入りハイドロキシアパタイトの骨結合能について 宗和隆, 藤林俊介, 根尾昌志, 小久保正, 小川哲朗, 中村孝志 日本整形外科学会雑誌 79(8) S918-S918 2005年8月25日

177.クリッピング術により症状が改善した胸髄動静脈奇形の1症例 木村豪太, 岩崎廉平, 河本正昭, 渡辺慶, 小林大輔, 笠原俊之, 井上悟史, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 48(4) 809-809 2005年7月1日

178.Improvement of bioactivity of hydroxyapatite ceramics by adding glass K So, S Fujibayashi, M Neo, T Nakamura, Y Anan, T Ogawa, T Kokubo BIOCERAMICS, VOL 17 284-286 381-384 2005年

179.ガラス入りハイドロキシアパタイトの分解性と骨結合能について 宗和隆, 藤林俊介, 根尾昌志, 中村孝志, 小川哲郎, 小久保正 整形外科セラミック・インプラント研究会プログラム・抄録集 25th 41 2005年

180.背屈障害のみで発症し,MRI上硬膜外異常信号領域としか認められず当初診断に苦慮した馬尾部神経鞘腫の1例 河本 正昭, 岩崎 廉平, 安藤 元郎, 仮元 幹雄, 宗 和隆, 小林 大輔 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(2) 357-357 2003年3月

181.腰椎にみられた硬膜外脂肪腫症について 安藤 元郎, 岩崎 廉平, 河本 正昭, 仮元 幹雄, 宗 和隆, 小林 大輔 しょうけん: 浜松労災病院学術年報 2002 37-38 2003年3月

182.胸椎部に発生した椎間板由来のepidural gas cystの1例 杉谷 繁樹, 藤森 洋一, 高津 敏郎, 石川 裕志, 土岐 玄, 加藤 充孝, 河田 好泰, 岩崎 廉平, 河本 正昭, 仮元 幹雄, 宗 和隆, 秋山 典宏 東海脊椎外科 17 93-95 2003年3月

183.骨折に対するバイオペックスの使用経験 仮元幹雄, 岩崎廉平, 河本正昭, 安藤元郎, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(春季学会) 134-134 2003年3月1日

184.腰下肢痛を主体とした腰椎硬膜外脂肪腫症3例の経験 安藤元郎, 岩崎廉平, 河本正昭, 仮元幹雄, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(2) 287-288 2003年3月

185.頚椎前方固定術の採骨,骨移植の工夫 岩崎廉平, 河本正昭, 安藤元郎, 仮元幹雄, 宗和隆, 小林大輔 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(1) 162-163 2003年1月1日

186.術後非洗浄式自己血回収装置の使用経験 秋山典宏, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 井上茂亮 日本人工関節学会誌 32 267-268 2002年12月1日

187.手指末節骨骨折の治療成績 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(6) 1035-1036 2002年11月1日

188.頚椎前方除圧固定術後のサルベージとしての椎間孔拡大術 仮元幹雄, 岩崎廉平, 河本正昭, 安藤元郎, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(秋季学会) 13-13 2002年10月1日

189.脊髄腫よう腰下肢痛を主体とする腰椎硬膜外脂肪腫症3例の経験 安藤元郎, 岩崎廉平, 河本正昭, 仮元幹雄, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(秋季学会) 69-69 2002年10月1日

190.腰椎すべり症を合併したepidural lipomatosisの経験 安藤元郎, 岩崎廉平, 河本正昭, 仮元幹雄, 宗和隆, 小林大輔 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(5) 936-936 2002年9月1日

191.左手全CM関節脱臼骨折後の陳旧性母指CM関節脱臼 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 秋山典宏, 井上亮茂 日本手の外科学会雑誌 19(3) 233-233 2002年8月31日

192.仙椎奇形に合併した仙椎部脊髄腫よう 秋山典宏, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 井上茂亮 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(4) 764-764 2002年7月1日

193.腰椎においてダンベル型腫ようを形成したperineural cystの1例 宗和隆, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(3) 489-490 2002年5月1日

194.手指末節骨骨折の治療成績 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(春季学会) 138-138 2002年3月5日

195.人工関節置換術後のMRSA感染の治療経験 仮元幹雄, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(春季学会) 71-71 2002年3月5日

196.頚椎前方固定術後の偽関節例の検討 宗和隆, 岩崎康平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 45(春季学会) 110-110 2002年3月5日

197.内反肘変形に生じた遅発性尺骨神経麻ひの1例 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 中村伸一郎, 秋山典宏 日本手の外科学会雑誌 18(4) 507-507 2001年12月28日

198.抗凝固剤使用中に生じた頚椎硬膜外血腫の1例 杉谷繁樹, 岩崎廉平, 河本正昭, 仮元幹雄, 宗和隆, 秋山典宏, 井上茂亮 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(6) 1456-1457 2001年11月1日

199.骨折に対するバイオペックスの使用経験 仮元幹雄, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 宗和隆, 秋山典宏, 井上茂亮 日本職業・災害医学会会誌 49(増刊) 153-153 2001年10月1日

200.急性期脊髄損傷に対するステロイド大量療法 宗和隆, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 秋山典宏, 井上茂亮 日本職業・災害医学会会誌 49(増刊) 112-112 2001年10月1日

201.労災による手・手指損傷 受傷機転が損傷部位・程度に与える影響について 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 秋山典宏, 井上茂亮 日本職業・災害医学会会誌 49(増刊) 106-106 2001年10月1日

202.腰椎においてダンベル型腫ようを形成したperineural cystの一例 宗和隆, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(秋季学会) 128-128 2001年9月10日

203.腰椎部結核性硬膜外膿ようの1例 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 秋山典宏, 井上茂亮, 井出良浩 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(5) 1223-1224 2001年9月1日

204.高齢者の頚椎症性神経根症の顕微鏡視下椎間孔拡大術 井上茂亮, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 中村伸一郎, 秋山典宏, 田中久重 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(5) 1224-1225 2001年9月1日

205.けい骨か部骨折に対するバイオペックスの使用経験 仮元幹雄, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 宗和隆, 中村伸一郎, 秋山典宏 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(4) 976-977 2001年7月1日

206.外科的治療を要したDIP関節症に伴うswan neck変形の1例 河本正昭, 岩崎廉平, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 宗和隆, 中村伸一郎, 秋山典宏 日本手の外科学会雑誌 17(6) 754-755 2001年3月31日

207.けん板修復が不可能な破壊性肩関節障害に対するbipolar型人工骨頭置換術の経験 杉谷繁樹, 岩崎廉平, 河本正昭, 仮元幹雄, 宗和隆, 中村伸一郎, 秋山典宏 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(2) 493-494 2001年3月1日

208.腰椎においてダンベル型腫ようを形成したperineural cystの1例 宗和隆, 岩崎廉平, 河本正昭, 杉谷繁樹, 仮元幹雄, 中村伸一郎, 秋山典宏 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 44(2) 489-489 2001年3月1日

209.両側先天性とう骨頭脱臼の一例 後藤公志, 宗和隆, 中川武志, 古川賢吾, 山田茂, 秦公平 整形外科と災害外科 49(Suppl.2) 34 2000年10月20日

210.両側先天性橈骨頭脱臼の1例 後藤 公志, 宗 和隆, 中川 武志, 古川 賢吾, 山田 茂, 秦 公平 整形外科と災害外科 49(Suppl.2) 34-34 2000年10月

211.腫よう性病変における脊椎全摘術の治療経験 中川武志, 秦公平, 山田茂, 古川賢吾, 後藤公志, 宗和隆 中国・四国整形外科学会雑誌 12(2) 433-433 2000年9月15日

212.ハンソンピンによる大腿骨頚部骨折の手術治療の短期成績 宗和隆, 秦公平, 山田茂, 古川賢吾, 中川武志, 後藤公志 中国・四国整形外科学会雑誌 12(2) 432-432 2000年9月15日

213.坐骨神経に発生し神経幹内に広範な浸潤をみたmalignant peripheral nerve sheath tumorの1例 宗 和隆, 坪山 直生, 池田 登, 仮元 幹雄, 中村 孝志, 戸口田 淳也, 笠原 勝幸, 中嶋 安彬 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 41(3) 821-821 1998年5月

主要な講演・口頭発表等

1.整形外科診療の実際ー手術から骨粗しょう症治療まで 宗 和隆 守山野洲医師会学術講演会 2022年4月

2.最小侵襲アプローチTHAの実際 宗和隆 湖南運動器疾患病診連携セミナー 2021年8月

3.前方アプローチTHAのコツと落とし穴 宗和隆 Pain Live Symposium 2021年6月

4.前方アプローチでセメント固定THAを行うための術前準備と手術手技 宗和隆 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 2021年

5.当院でのVTEの発生状況 宗和隆 Artificial Joint Seminar 2019年11月

6.Safe Zone Plotting on the Trial Femoral Head for Intraoperative Evaluation of Combined Implant Alignment Kazutaka So ISTA 32nd Annual Congress 2019年10月

7.トライアル骨頭による安全域内設置の評価方法について 宗和隆 第5回京整会若手股関節セミナー 2019年8月

8.What is the technology? Is it performing well? 宗和隆 POLAR3 Seminar 2019 2019年8月

9.A trial femoral head for intraoperative evaluation of combined anteversion Kazutaka So ISTA 31st Annual Congress 2018年10月

10.AMISアプローチでのTHAにおけるimplant alignmentについて 宗和隆 AMS Experience Meeting in 名古屋 2018年10月

11.Combined anteversion術中評価用トライアル骨頭の試作 宗和隆 第4回京整会若手股関節セミナー&症例検討会 2018年8月

12.Relationship among biomechanical risk factors associated with radiographic progression of hip osteoarthritis. Tateuchi H, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N Osteoarthritis Research Society International World Congress 2018年4月

13.Is the Wear Calculation Accurate? Kazutaka So, Koji Goto, Atsushi Kawaguchi, Yutaka Kuroda, Shuichi Matsuda ORS 2018 Annual Meeting 2018年3月

14.THAの進歩と問題点 京大整形外科股関節グループでの経験をもとに 宗和隆 上本町フォーラム 2017年3月

15.摩耗率の計算方法は本当に正しいのか? 宗和隆 第4回京滋股関節セミナー 2016年11月

16.A Ten Year Randomized, Prospective Comparison of CPE and HXLPE on Polyethylene Wear in Cemented THA Tomotoshi Kawata, Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda ISTA 29th Annual Congress 2016年10月

17.More accurate and Precise Method of Calculating the Bedding-in and the Steady-State Wear Rate After Total Hip Arthroplasty: A Computer Simulation Study Kazutaka So, Koji Goto, Yutaka Kuroda, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda ISTA 29th Annual Congress 2016年10月

18.Minimally invasive regenerative therapy using controlled release of cell growth factor for patients with early-stage osteonecrosis of the Femoral Head Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Koji Goto, Haruhiko Akiyama, Shuichi Matsuda European Orthopaedic Research Society 24th annual meeting 2016年9月

19.当院での人工股関節置換術後の脱臼症例の検討 城内泰造, 宗和隆 第3回京整会若手股関節セミナー&症例検討会 2016年7月

20.A Pilot Study of Regenerative Therapy using Controlled Release of rhFGF-2 for Patients with Precollapse Osteonecrosis of the Femoral Head Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Koji Goto, Shuichi Matsuda The 26th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium 2016年5月

21.Joint-preserving regenerative therapy using rhFGF-2-impregnated gelatin hydrogel for osteonecrosis of the femoral head Yutaka Kuroda, Ihara Toshiko, Nankaku Manabu, Kazutaka So, Koji Goto, Yasuhiko Tabata, Haruhiko Akiyama, Shuichi Matsuda The 13th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems 2015年12月

22.ポリエチレンの摩耗について 宗和隆 第3回京滋股関節セミナー 2015年11月

23.Clinical and Radiographic Evaluation of Cemented Socket Fixation Concomitant to Acetabular Bone Grafting Fixed With Absorbable Hydroxyapatite poly-L-Lactide Composite Screws Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda ISTA 28th Annual Congress 2015年9月

24.Short-term results of reverse hybrid THA using S-ROM stem for a highly dislocated hip Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Koji Goto, Shuichi Matsuda ISTA 28th Annual Congress 2015年9月

25.ポリエチレンの摩耗について 宗和隆 第1回京整会若手股関節セミナー 2015年8月

26.Minimum 10-Year Wear Analysis of Highly Cross-Linked Polyethylene of Cementless Total Hip Arthroplasty Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Koji Goto, Shuichi Matsuda Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons 2015年3月

27.Over 10 years clinical experience of HXLPE Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda ICJR Hip 2015 2015年1月

28.Correlation Between Trochanteric Nonunion and Postoperative Pain Score in the Wafer approach Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Yuki Furuya, Masayuki Sugimoto, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda ISTA 27th Annual Congress 2014年9月

29.Linear Wear Rate of Cases Followed for More Than Ten Years After Cementless THA Using Highly Cross-Linked Polyethylene Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Koji Goto, Shuichi Matsuda ISTA 27th Annual Congress 2014年9月

30.Clinical experiences with cortical strut allograft augmentation for femoral periprosthetic fractures and in revision total hip arthroplasties Koji Goto, Kazutaka So, Yutaka Kuroda, Keiichi Kawanabe, Yaichiro Okuzu, Shuichi Matsuda APASTB/JSTT combined scientific meeting 2014年8月

31.New techniques using ultra-high molecular weight polyethylene tapes for the situation of bone repair in total hip arthroplasty Yutaka Kuroda, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Shuichi Matsuda 8th combined meeting of orthopaedic research societies 2013年10月

32.Compensatory mechanisms used by patients with hip osteoarthritis during walking and turning Hiroshige Tateuchi, Rui Tsukagoshi, Yoshihiro Fukumoto, Yutaka Kuroda, Kazutaka So, Haruhiko Akiyama, Noriaki Ichihashi XXIV Congress of the International Society of Biomechanics 2013年8月

33.Emerging idea: Treatment of precollapse osteonecrosis of the hip with a single local injection of recombinant human FGF-2 microspheres. Can local FGF-2 administration enhance bone regeneration in osteonecrosis of the femoral head? Yutaka Kuroda, Haruhiko Akiyama, Kazutaka So, Shuichi Matsuda 12th Congress of Association France-Japon d’Orthopédie 2013年5月

34.Good clinical and radiographic outcomes of a cementless total hip prosthesis with alkaline and heat treatments Kazutaka So, Ayumi Kaneuji, Yutaka Kuroda, Tadami Matsumoto, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama 12th Congress of Association France-Japon d’Orthopédie 2013年5月

35.Factors Associated With Restricted Hip Extension During Gait in Women After Total Hip Arthroplast Tsukagoshi R, Akiyama H, So K, Kuroda Y, Ichihashi N, Tateuchi H, Fukumoto Y The XIXth Congress of the International Society of Electrophysiology & Kinesiology. 2012年7月

36.Use of HA-PLLA composite screws to fix acetabular bone graft in cemented THA: Absorption pattern of screws in six patients Koji Goto, Haruhiko Akiyama, Keiichi Kawanabe, Kazutaka So, Takashi Nakamura Key Engineering Materials 2012年

37.Computer-assisted fluoroscopic navigation system for removal of distal femoral bone cement in revision total hip arthroplasty Kazutaka So, Haruhiko Akiyama, Koji Goto, Takashi Nakamura ISTA 21th Annual Congress 2008年10月

38.Therapeutic effects of partial disc replacement in a rabbit model Kazutaka So, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Neo, Mitsuru Takemoto, Takashi Nakamura 53th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society 2007年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 人工関節置換術と椎体形成術の長期成績を向上させる新規骨セメントの開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2015年4月 - 2018年3月 後藤 公志, 宗和隆

 

  1. Sox9-CreERT2マウスを用いた脊椎椎間板症の病態解明と新規治療薬の開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 2011年 - 2012年 宗和隆