文字サイズ

救急科

スタッフ

救急科 科長 兼 小児科 科長

野澤 正寛

専門医認定

日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本小児科学会小児科専門医・指導医医
日本小児救急医学会SIメンバー

日本外傷学会外傷専門医
日本航空医療学会認定指導者(医師)
日本DMAT隊員・統括DMAT
災害時小児周産期リエゾン
臨床研修指導医

難病指定医
日本救急医学会認定ICLSコースインストラクター

その他所属

滋賀県立小児保健医療センター小児救急科
滋賀医科大学医学部小児科非常勤講師
滋賀大学教育学部非常勤講師
同志社女子大学看護学部非常勤講師
日本救急医学会
日本小児科学会
 小児救急委員会委員

 小児医療委員会委員
日本小児救急医学会

 心配蘇生委員会委員
日本外傷学会
日本航空医療学会
日本臨床救急医学会
日本病院前救急診療学会
2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体委員(日本小児科学会)

救急科について

 当院の救急科は2021年4月に設立されました。これにより救急室に救急科専門医と看護師が常駐するようになりました。当院は県内で5本の指に入る病床数、湖南医療圈(草津市・守山市・栗東市・野洲市)の中では最も多い病床数を誇っています。さらに、診療科は県内の多くの病院と比べても充実しており、様々な領域の傷病において他院に搬送することなく治療可能となる数少ない病院といえます。これまで当院はがん診療、高度先進医療を軸としながらも、各診療科の医師が当番で担当することにより、懸命に救急診療を行ってきました。しかしながら、救急室に常駐する医師と看護師がいないため、かかりつけ患者さまの急変時でさえもやむなく救急車の受け入れをお断りせざるを得ない状況がありました。
 今後はかかりつけ患者さまの急変時はもちろんのこと、近隣地域・滋賀県全域の方々が救急車で来院される際に専門的な救急医療を提供し、当院が誇る各専門診療科との架け橋となれるよう努めて参ります。また将来的には滋賀県立小児保健医療センターと協力し、重篤な小児の救急診療が可能となるように努力していきます。当院の救急科の存在が地域の皆様の安心につながるよう精進いたします。

診療方針

 基本的には救急車で搬入される患者さまへの初期診療を行います。どのような患者さまであっても、まず全身状態の評価と必要に応じた安定化のための処置を迅速に行います。これを担保した上で各専門科と協力し、最適な救急医療を提供します。また、救急車で来院される患者さまやご家族の不安は多大なるものです。医師、看護師、技師、事務職員全ての職種が協力し、救急来院された患者さまやご家族の不安に寄り添った医療を提供します。

現在、救急科では以下の診療を展開しています。
 ・平日日勤帯における救急車搬入患者の救急診療
 ・湖南広域行政組合二次救急輪番担当日の救急車搬入患者の救急診療
 ・院内急変患者の初期診療
 ・新型コロナウイルス罹患患者の重症化に際した気道管理

 今後、救急車以外で受診された全身状態の不安定な患者さまや小児患者の救急車受け入れも展開する予定です。上記以外の時間帯は内科系、外科系当番医と循環器内科による当番医で診療にあたっています。

当院の救急診療の特徴

1.心肺停止患者の対応

 心肺停止患者の救急車搬入に際しては、循環器内科と共同して診療にあたります。これにより、心肺停止の原因が心臓にあった場合に速やかに心臓カテーテルによる治療を行うことができる他、経皮的心肺補助装置(PCPS)を用いた蘇生を行うことが可能となっています。

2.急性冠症候群の患者への対応

 急性冠症候群が疑われる患者の救急車搬入に際しても循環器内科と共同して診療を開始します。救急科が全身管理を行いながら、循環器内科が心臓の評価、心臓カテーテル検査の準備を行うことにより、安全かつ1分でも早い閉塞した冠動脈の再開通を目指しています。また、当院は心臓血管外科も有することから、急性冠症候群に見えた症状が大血管病変であった場合も他院に搬送を行うことなく緊急手術や管理を行うことができます。

3.脳卒中患者への対応

 脳卒中が疑われる患者の救急車搬入については、救急科による全身状態の評価と安定化を行ったのち、CTやMRIなどの必要な画像検査を迅速に行います。脳神経外科や脳神経内科と協力し緊急手術やカテーテルによる血管内治療、血栓溶解療法を行うことが可能となっています。

4.がん救急への対応

 がん救急とは、がんの進展や治療に伴って発生し、緊急治療を要する一群の病態のことを指す言葉です。がんそのものの増大進展により臓器が圧迫されることによる症状や腸などが閉塞して起こる病気、がんからの出血、がん治療の副作用や合併症など様々な病態があります。当院はがん拠点病院でありますので、がん治療を受けられているかかりつけ患者さまが多いのが特徴です。そのため、がん治療を受けられている患者さまの救急受診の割合が高くなっています。がん救急の領域であっても、救急科はまず全身状態を安定化させます。その後、早期に必要な専門的対応が何かを判断し、当該各科と連携を行います。当院では安心してがん治療を受けていただくことができます。

5.小児患者への対応

 当院と隣接する滋賀県立小児保健医療センターは、滋賀県内の医療的ケア児や重症心身障害児を診る基幹病院として多数の小児患者が入院しています。今後、滋賀県立小児保健医療センターと協力し、これらのかかりつけの子どもたちの救急車対応や滋賀県立小児保健医療センターに入院中の患者の急変時にも対応していきます。また、近隣の子どもたちの外傷や病気によって要請された救急車の対応も行えるよう体制を整えていきます。