がん検診とは

がんは、わが国における死因の第一位であり、年間30万人以上の方が死亡されています。しかし、一部のがんでは早期発見による早期治療が可能となっており、がんの検診の重要性が高まっています。

がん検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療を行い、がんの死亡率を減少させることです。

がん検診は、健康で生活に支障のない方を対象に検査を行います。異常が疑われた場合は精密検査を受けていただき、がんの早期発見、早期治療につなげていきます。

がん検診の詳しい情報については、国立がん研究センターがん情報サービス(外部サイトへリンク)を参考にしてください。

滋賀県の市町実施主体の、がん検診の状況については、公益財団法人滋賀県健康づくり財団の「滋賀県におけるがん検診実施状況」(外部サイトへリンク)を参考にしてください。

国民健康保険加入者や職場等でがん検診を受ける機会のない方は、お住まいの市町で実施されているがん検診を受けましょう。
職場でがん検診を受ける機会のある方は、職場でのがん検診の内容をご確認ください。