シニアレジデント研修内容 呼吸器内科

呼吸器内科科長 塩田 哲広

研修目標・到達目標

研修目標

呼吸器疾患の病態を理解し、系統的な診断から治療計画の立案ができる。

到達目標

  • 市中肺炎の診断および治療ができる。
  • 気管支喘息の病態を理解し、診断と治療ができる。
  • COPDの病態を理解し、診断と治療ができる。
  • 間質性肺炎の診断と治療ができる。
  • 肺癌の診断、病期診断および治療ができる。
  • 胸膜炎の診断および治療ができる。
  • 気胸の診断と治療ができる。
  • 気管支鏡検査、経気管支肺生検ができる。
  • 気道ステント留置ができる。
  • 局所麻酔下胸腔鏡検査ができる。

研修期間

3年間

研修内容

1年目

肺炎・気胸の診断と治療ができる。気管支鏡検査ができる。

2年目

肺癌の診断と治療ができるようになる。超音波内視鏡やナビゲーションシステムを用いて肺癌の組織診断ができるようになる。

3年目

間質性肺炎の診断と治療ができるようになる。局所麻酔下胸腔鏡検査ができるようになり胸膜炎の診断と治療ができるようになる。

教育に関する行事

木曜日 17時00分~ 症例検討会、抄読会

取得可能な専門医資格

  • 内科認定医
  • 呼吸器専門医・指導医
  • 呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
  • がん治療認定医 など

認定施設

  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本がん治療認定研修施設

指導責任者

塩田 哲広

  • 日本呼吸器外科学会 指導医 評議員
  • 日本呼吸器内視鏡学会 指導医 専門医 評議員
  • 日本呼吸器学会 専門医 指導医 代議員
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本外科学会 認定医 指導医
  • 日本内科学会 認定医
  • 胸部外科学会 認定医
  • 日本癌治療認定医機構 認定医 暫定教育医
  • 米国胸部疾患学会 fellow