文字サイズ

みんなでつくろう!新しい豊かさ

滋賀県基本構想を策定しました

滋賀県では、県政を総合的に推進する指針として、また、県民の皆さんや各種団体、企業などと理念を共有し、その実現に向けて、ともに取り組むための将来ビジョンとして「滋賀県基本構想」をまとめました。

この基本構想は、25年後の平成52年頃を展望した「長期ビジョン編」と、平成27年度からの4年間で取り組む「重点政策編」で構成しています。

時代の潮流と課題

私たちの暮らしにも関係している問題ね

本格的な人口減少社会の到来と少子高齢化の進行、東日本大震災等を契機とした大規模な地震災害とエネルギー政策などへの不安の高まり、これまでに経験したことのない異常気象による水害・土砂災害の恐れ、経済・社会のグローバル化の進行など、滋賀県を取り巻く情勢は大きく変化しており、時代の大きな転換期を迎えています。

滋賀の強み

「湖国」と呼ばれる滋賀には、多彩な人、技術やノウハウ、歴史・文化、地の利、豊かな自然という強みがあります。

これらを伸ばし、活かすことによって、県民の皆さんなどあらゆる主体が対話を重ねて知恵を出し合い、共感しながら工夫を凝らして、誰もが豊かさを実感できるようにすることが求められています。

滋賀の強み1      ともに地域を支え合う多彩な人      住民自治の精神、福祉など支え合いの実践、若者やNPOによる自発的な活動等
滋賀の強み2      未来を創造する技術やノウハウ      内陸工業県としての産業集積、環境や健康分野での独自技術、大学の集積等
滋賀の強み3      誇りを高める歴史・文化      豊かな歴史資源と文化・芸術環境、「三方よし」の思想等
滋賀の強み4      滋賀の発展を支える地の利      近畿・中部・北陸3圏域の結節点、高速道路や鉄道ネットワーク等
「滋賀の強み」を活かしてみなさんといっしょに「新しい豊かさ」をつくります。      滋賀県知事三日月大造
滋賀の強み5      恵みをもたらす豊かな自然      琵琶湖をはじめ豊かな自然環境、自然と人との特有の関わり等

基本理念

夢や希望に満ちた豊かさ実感・滋賀 ~みんなでつくろう! 新しい豊かさ~

新しい豊かさの実現に向けて

人口減少社会の到来など時代の大きな転換期を迎え、経済・社会が成熟し、かつてのような経済成長が望めなくなる中、将来に対する不安を安心に変え、夢や希望を抱くことができる豊かな社会を築くことが求められています。

時代とともに変化するさまざまな課題に向き合ってきた先人たちの歴史と伝統に学びながら、滋賀の強みを活かし、次世代のことも考えた新しい豊かさを追求します。

滋賀からみんなでつくる新しい豊かさ(「自分」の豊かさ・「今」の豊かさ・「もの」の豊かさ)+みんなが 将来も持続的に 実感できる「心」の豊かさ県民一人ひとりが考え、行動することでつながりや調和のある豊かさ実感・滋賀の実現をめざします
5つのめざす姿
1 ひと互いに支え合い、誰もが自らの能力を発揮し活躍する、夢や希望に満ちた滋賀
2 地域の活力滋賀の力を伸ばし、活かす、誇りと活力に満ちた滋賀
3 自然・環境美しい琵琶湖を大切にする、豊かな自然と共生する滋賀
4 県土暮らしと産業を支える基盤が整い、人やものが行き交う元気な滋賀
5 安全・安心将来への不安を安心に変え、安全・安心に暮らせる滋賀
滋賀にはまだまだ大きな可能性があるんだね
ぼくたちが大人になる頃には実現できてるといいな

基本理念の実現に向けて、「ひと」「地域の活力」「自然・環境」「県土」「安全・安心」の視点から、ほぼ一世代後となる平成52年頃に「このように豊かでありたい」と願う望ましい姿を、県民の皆さんからの提案などを参考に『5つのめざす姿』として掲げました。時代の潮流と課題を踏まえつつ、滋賀の強みを活かしながら、「新しい豊かさ」の実現に向けて、皆さんと一緒に取り組んでいきます。

お問い合わせ
知事公室 広報課 企画調整課
電話番号:077-528-3312
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:cu0003@pref.shiga.lg.jp