文字サイズ

滋賀県消費生活審議会からの「滋賀県消費者基本計画改定」の答申(計画期間:令和3年度~令和7年度)

令和3年(2021年)2月18日、滋賀県消費者基本計画の改定について、滋賀県消費生活審議会 東 珠実(あずまたまみ)会長(椙山女学園大学現代マネジメント学部教授)から知事(代理 総合企画部長)に答申されましたのでお知らせします。

東会長から知事(代理 総合企画部長)へ答申されました
 
東会長から答申の概要の説明がありました

1 答申の概要およびポイント

 (1) 答申の概要

(2) 答申のポイント

ア 計画の基本的な考え方にSDGsの達成を目指すことを掲げたこと。

イ 目指す姿を「みんなで学び、つくる 滋賀の消費者安全・安心社会」とし、基本方針は第3次計画を引き継ぎつつ、消費者教育について、より積極的な取組を盛り込んだこと。

ウ 重点施策は、消費者を取り巻く現状と課題を踏まえ、「基本方針2『自ら考え行動する』消費者になるための支援」に係る以下の項目について拡充したこと。

・災害発生・感染症拡大等緊急時の情報発信・啓発【重点施策4(2)】

 (感染症拡大に伴う対応を追記)

・インターネット等に関連する消費者行動への対応【重点施策4(3)】

 (インターネットを利用した取引の増加、キャッシュレス決済の普及への対応を追記)

・消費者の特性に応じた体系的な消費者教育・学習の推進【重点施策5】

 (成年年齢引下げを見据えた若年者向け消費者教育の強化を明記)

・持続可能な社会を目指した消費者行動の推進【重点施策6】

 (エシカル消費の推進を明記)

2 審議経過

令和2年(2020年)9月10日 「滋賀県消費者基本計画の改定について」諮問、第62回滋賀県消費生活審議会

令和2年(2020年)11月6日 第63回滋賀県消費生活審議会

令和3年(2021年)1月29日 第64回滋賀県消費生活審議会

令和3年(2021年)2月18日 「滋賀県消費者基本計画の改定について」答申

3 今後の予定

令和3年(2021年)3月上旬~ 滋賀県消費生活審議会答申に基づき原案を作成し、県民政策コメントを実施

令和3年(2021年)6月 計画改定

お問い合わせ
総合企画部 県民活動生活課
電話番号:077-528-3412
FAX番号:077-528-4840
メールアドレス:shohi@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。