文字サイズ

食中毒事件速報(令和2年度第3号)

令和2年6月16日16時30分現在

食中毒事件速報(令和2年度第2号)
発生日時 初発:令和2年6月16日(火曜日)16時00分
発症者等 発症者数:6人[内訳 男性:3人(8歳~17歳)、女性:3人(19~24歳)、入院:2人]食べた人の数:51人
発生状況(概要) 令和2年6月20日(土)13時頃、県内医療機関から「下痢および腹痛を訴える患者を2人診察し、それぞれから腸管出血性大腸菌O157を検出した。当該患者はそれぞれ6月13日(土)および14日(日)に近江八幡市内の飲食店で食事をしている。」と東近江保健所に連絡がありました。
東近江保健所が調査したところ、「〇〇〇〇」で6月13日(土)および6月14日(日)に会食した12グループ51人のうち、5グループ21人中6人が発症していることが判明しました。
これら発症者に共通する食事は、同店で提供された食事のみであること、発症者の症状が類似していること、複数の発症者の便から腸管出血性大腸菌O157が検出されたこと、また、発症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、東近江保健所は、同店を原因施設とする食中毒と断定しました。
症状 下痢(10回)、血便、腹痛
現在の病状 2人入院している。他4人は快方に向かっている。
献立内容 塩タン、豚タン、タンステーキ、ロース、カルビ、ハラミ、ユッケ、ミノ、コリコリ、ホルモン、ウインナー、チーズフライ、白菜キムチ、山芋キムチ、大根キムチ、チシャ菜、シーザーサラダ、大根サラダ、きゅうり漬物、うま塩キャベツ、ご飯、卵スープ、わかめスープ
原因食品 ユッケ(推定)
病因物質 腸管出血性大腸菌O157
原因施設 施設所在地:近江八幡市 施設名称:〇〇〇〇 業種:飲食店営業(一般食堂) 営業者:△△△△
措置 東近江保健所長は、上記飲食店に対して、令和2年6月22日(月曜日)から6月23日(火曜日)まで営業停止処分としました。

【発症者の所在地】

近江八幡市 4人
東近江市 1人
彦根市1人
計 6人
【県内食中毒発生状況】
令和2年度(令和2年4月~現在) 昨年度同期 昨年度
大津市 大津市
発生件数 3件 1件 4件 4件 9件 1件 10件
患 者 数 14人 15人 29人 45人 82人 5人 87人
お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:shokunoanzen@pref.shiga.lg.jp