文字サイズ

令和元年年末一時金妥結状況調査の結果について

滋賀県では、安定した労使関係確立の基礎資料を得ることを目的に、県内の民間労働組合の年末一時金妥結状況を毎年、調査しています。

県内の全ての民間労働組合(平成30年6月30日現在600組合)に対して調査したところ、令和元年12月31日現在で305組合が妥結したと回答し、そのうち妥結額が判明している276組合について、集計を行いました。
 

全産業・全規模の平均妥結額 603,380円 (対前年5,799円(0.95%)減)

調査結果のポイント

  • 全規模・全産業平均の妥結額は603,380円で、前年より5,799円(0.95%)の減。妥結額は前年を下回ったものの、3年連続で60万円台を維持。(資料1,2)
  • 前年と今年の同一組合(257組合)による比較では、妥結額605,101円で、前年より19,071円(3.06%)の減。(資料1)

集計結果(令和元年12月31日現在の最終集計/単純平均)

妥結額が判明している276組合における全規模・全産業平均の妥結額(資料1.2)

  • 妥結額は603,380円で、対前年5,799円(0.95%)の減。

前年・今年ともに妥結額が判明している257組合における対前年比較(資料1)

  • 全規模・全産業の平均妥結額は605,101円で、前年に比べ19,071円(3.06%)の減。
  • 従業員規模別では、従業員規模300人未満の平均妥結額は477,772円で、前年に比べ18,753円(3.78%)の減。従業員規模300人以上の平均妥結額は659,570円で、前年に比べ22,442円(3.29%)の減。
  • 産業別では、製造業の平均妥結額は648,974円で、前年に比べ3,606円(0.55%)の減。非製造業の平均妥結額は555,013円で、前年に比べ37,524円(6.33%)の減。

※資料1,2ともに金額は小数点第1位で、率(%)は小数点第3位でそれぞれ四捨五入による端数処理をしています。

※単純平均とは労働組合1組合あたりの平均のことです。

お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部労働雇用政策課 
電話番号:077-528-3751
FAX番号:077-528-4873
メールアドレス:fe00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。