文字サイズ

第37回「滋賀県中学生水の作文コンクール」の入選者が決まりました

平成26年度に施行された水循環基本法において、「水の日」は8月1日とするとされ、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解や関心を深める日として、法定化されました。

滋賀県では、「水の日」および「水の週間」(8月1日から1週間)行事の一環として、第37回「滋賀県中学生水の作文コンクール」を実施し、応募のあった水に関する作文156編の中から、最優秀作品1編、優秀作品2編、「びわ湖の日」特別賞1編、佳作3編を決定しましたのでお知らせします。

入選作品

入選作品一覧
学校 学年 氏名 題名
最優秀賞 近江兄弟社中学校 1 勝瀬颯馬 水はどこから来るか
優秀賞 近江兄弟社中学校 1 杉田多真希 琵琶湖と私たち
優秀賞 大津市立唐崎中学校 3 野平ゆり まずはあなたの意識から
「びわ湖の日」特別賞 大津市立日吉中学校 3 南出和輝 私たちの大切な琵琶湖を守る
佳作 竜王町立竜王中学校 1 久野愛來 私たちの琵琶湖
佳作 近江兄弟社中学校 1 冨川希咲 清澄な水をいつまでも
佳作 近江兄弟社中学校 1 吉田陽 水の大切さ

滋賀県中学生水の作文コンクールの目的

次代を担う中学生を対象とした作文コンクールを実施することにより、広く水に対する関心を高め、理解を深めることを目的としています。

対象

県内に通学する中学生(中学生と同じ学齢のものを含む。)

募集期間

令和2年41日~令和2年73日(新型コロナウイルス感染拡大の影響により期間を延長しました。)

応募状況

応募状況
応募校数 応募総数 1年 2年 3年
7校(7校) 156編(405編) 140編(227編) 3編(91編) 13編 (87編)

(カッコ内は前年の状況)

審査会開催日

令和2年7月28

中央審査等

最優秀作品1編、優秀作品2編の計3編は、第42回「全日本中学生水の作文コンクール」(水循環政策本部、国土交通省、都道府県主催)および、第17回「琵琶湖・淀川流域水の作文コンクール」(琵琶湖・淀川流域水の作文コンクール実行委員会主催)の審査に送付しました。その結果、野平ゆりさん(大津市立唐崎中学校3年)が、第42回「全日本中学生水の作文コンクール」に入選されるとともに、第17回「琵琶湖・淀川流域水の作文コンクール」の「流域賞(滋賀県)」を受賞されています。

表彰

入選者には賞状を授与します。

お問い合わせ
滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課
電話番号:077-528-3461
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp