文字サイズ

企業庁所管建物の基礎杭データ流用について

 杭施工データの流用等の問題を踏まえて、企業庁が過去に新築した建物基礎杭について、自主調査をしたところ、データ流用があった物件が1件判明しましたのでお知らせします。
データ流用が確認された杭についても、施工記録から支持層に到達していると判断でき、また、現地調査においても傾きやひび割れなどはなく、建物の安全性は確保されているものと判断しています。

1 データ流用等があった物件の概要

(表)
建物 滋賀県企業庁 草津増圧ポンプ場
場所 滋賀県草津市山寺町1200-3
工期 平成16年1月20日から平成16年8月31日
構造・規模 鉄筋コンクリート造、2階建
延べ床面積 345.78平方メートル
元請業者 株式会社新庄工務店(平成22年9月廃業)
杭工事(一次下請業者) 渡辺商会株式会社
杭工事(二次下請業者) 日本コンクリート工業株式会社
杭工事(三次下請業者) 津田重機
杭の仕様、本数 PHC杭 φ600 15m 50本
杭工法 NAKS工法(中堀り拡大根固め工法)

2 データ流用の内容

平成16年3月から4月に施工された基礎杭50本の内、3本について、掘削機械の施工時電流計データが他の3本の杭の流用と判明。

3 安全性の確認

  • 目視および水準器により、現地確認した結果、建物の傾き、ひび割れ等の不具合はありません。
  • 設計時の地盤調査および試験掘りにより支持層が概ね平坦であることが確認でき、また、杭の長さが所定のとおりで、データ流用のない杭は支持層に到達していることが判断できるため、データ流用があった杭についても支持層に到達していると判断可能。
  • 以上のことから、杭は支持層に到達し、建物の安全が確保されていると判断しています。

4 今後の対応

  • 今回の調査結果をできる限り速やかに所管特定行政庁に報告します。
  • 工事施工者に適正な施工管理を求めるとともに、工事監理を厳正に行うことにより再発防止に努めます。

お問い合わせ

滋賀県企業庁総務課計画管理室
電話番号:077-589-4585
FAX番号:077-589-3281
メールアドレス:na01100@pref.shiga.lg.jp