文字サイズ

「離職した介護福祉士等の届出制度」が開始されました。

社会福祉法の改正により、4月1日から、介護福祉士資格をお持ちの方は、離職時に都道府県福祉人材センターに届け出ることが努力義務となりました。

滋賀県介護・福祉人材センターでは、介護・福祉の求人情報の紹介のほか、就職説明会や職場体験、再就職に向けた研修や再就職準備金の貸付などの支援を行うこととしていますので、ぜひご登録ください。

滋賀県介護・福祉人材センター(外部サイトへリンク)

届出の対象となる方

介護福祉士のほか、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方

届出が必要な場合

介護福祉士が離職した場合、社会福祉事業等に従事しなくなった場合または介護福祉士の登録を受けた後、社会福祉事業等に直ちに従事する見込みがない場合

届出事項

  • 氏名、生年月日、住所
  • 電話番号、電子メールアドレス等の連絡先に係る情報
  • 介護福祉士登録簿の登録番号、登録年月日
  • 就業に関する状況など

届出の方法

社会福祉法人全国社会福祉協議会・中央福祉人材センターが運営する「福祉のお仕事」のホームページから登録できます。

「福祉のお仕事」ホームページ(外部サイトへリンク)

問合せ先

社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会
滋賀県介護・福祉人材センター
〒525-0032草津市大路1丁目1-1
ガーデンシティ草津・エルティ932(3階)
TEL:077-567-3925/FAX:077-567-3928

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課 
電話番号:077-528-3520
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。